買ってみた!使ってみた!といったライダー達の“生の声”を集めるWebike「インプレッション」。
Webikeで取り扱うバイク用品・カスタムパーツならなんでも投稿が可能で、投稿してくれた人にはWebikeのお買い物で使えるポイントを最大で500ポイントプレゼントしています。

今回はそんな毎日増え続けているインプレッションから、2021年5月29日~2021年6月4日の期間で“良かった"インプレッションを勝手にピックアップしてきたのでご紹介したいと思います!

今週のピックアップインプレッション


拡張性の高い防水バック

評価:★★★★★

【使用感】
防水の裏地を使っているため、伸縮性は皆無。詰めれば詰めるほどまんまるになるので安定性が厳しくなります。
必要なものを必要な分だけとい取捨選択技術が必要。
(ただし、US-10などの小型バッグを取り付けられるため、拡張性は高いです)
防水性を欠く原因になってしまうかもしれませんが、メインの出し入れ口以外にも中身にアクセス出来るジッパーがあるとよかったです。

【購入の決め手】
防水性と拡張性。
あとタンデムでタンクバッグにも流用出来ると思い、Tank-Drypack Converter USタンクアダプターと一緒に購入しました。

ただタンクバッグにするにはちょっと大きすぎたため、リアシートバッグとしての運用がメインです。

【取付け】
付属のアタッチメントストラップの金具にひっかけるだけなので非常に簡単です。

【説明書】
基本英語ですが、説明書が必要なほどムズカシイものでもないので問題なかったです。

【使ってみての感想】
アタッチメントストラップを緩めたり締めたりするのは非常に簡単なので、全体的に緩めておくと積載の際楽に取り付けられます。
ただ、緩めすぎると今度は加熱されたマフラーなどに接触するため、思わぬ傷や焦げを作る可能性があるため、使用しないときは外すかどこか1つにしてまとめておくといいと思います。
S字の金具を輪ゴムで止めておくだけでも思わぬ事故は減るかと思います。

【付属品】
アタッチメントストラップ

【その他】
1~2日くらいのツーリングにちょうどいいサイズ感です。
ハードケースとは違い使わないときは小さく出来るのでバイクの見た目も崩さないのもいいところ。
取り外しもフックを引っ掛けるだけなのでSAなどでさっと取り外して肩掛け出来るのもいい感じでした。

取り付けイメージ

箱サイズ

開けた感じ

大きさ参考

素材に伸縮性が無いので詰め込むとまん丸になって安定性が厳しくなるのが不満と正直にインプレッションを書いてくれています。
この「詰込むとパンパンまん丸問題」は完全防水系のバッグに共通する宿命ですが、イイ形を常にキープするにはハードケースや骨格が必要になり、ゴツいバッグになってしまいます。
うーん!悩ましい!

ソフトバッグは車体から外した時にハードケースを持ち歩くような不自然さが無いのが魅力だと思うのですがどうでしょう??(例えばホテルのフロントで受け付けする時など、このバッグなら違和感が無いのでは?)

ハードケースのゴツさを利用してテーブルになるバッグなどもありますが、宿泊がキャンプではなくてホテルや旅館なら、例え詰込みまん丸問題があったとしてもソフト系の防水仕様が一番良いような気もしますが……。
さて皆さんの好みはどちら?!
(Webikeスタッフ:門脇より)

瓦礫さん素敵なインプレッションをありがとうございました!
Webikeでのお買い物で使える1000ポイントをプレゼントさせて頂きます!

Webikeではこのような先輩ライダー達の感想・意見を集めたコンテンツ“インプレッション"をご用意しています。
インプレッションを投稿するともれなく貰える最大500ポイントのプレゼントがありますので、みなさんの“生の声"をお待ちしています!

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

スズキ HAYABUSAの価格情報

スズキ HAYABUSA

スズキ HAYABUSA

新車 212

価格種別

中古車 59

本体

価格帯 210.1~222.2万円

217.22万円

諸費用

価格帯 4.71~8.75万円

5.13万円

本体価格

諸費用

本体

119.08万円

価格帯 52.25~230.5万円

諸費用

万円

価格帯 2.99~6.97万円


乗り出し価格

価格帯 214.81~230.95万円

222.35万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

118.21万円

価格帯 55.24~237.47万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す