サスペンションのプロショップとして2010年前に創業したGセンスは、今までさまざまなユーザーに向けて数多くのサスペンションをセットアップし、高い評価を得てきた。
そこで得た膨大なノウハウまで注ぎ込んで完成したのが41φ倒立サスペンション「G-FORK41φ」である。

走りのフィーリングを大きく引き上げる逸品

純正サスペンションはさまざまな制約の中で作り出されているため、どうしても限界がある。
それを解消するのがアフターメーカー製のサスペンションなのだが、今まで手を入れたくてもパーツが存在しないサスペンションがあった。
それが多くの車種で採用されているインナーチューブ径41mmの倒立フォークだ。
しかしついにその穴を埋める製品がGセンスから登場。
しかも車種別にセッティングしての販売だ。

G-FORK41φ

車種別にセッティングを施してあるのがポイントで、交換するだけで走行フィーリングが大幅に向上。
Gセンスが目指す「より安全に、より快適に、より楽しく!」を誰もが体感することができる。
それを実現するのがインナーチューブに施されたG-WORKSディンプルコートや左右で完全に独立したカートリッジ、低粘度のフォークオイルなど。
そのスムーズな動きは走りの質をグッと引き上げてくれる。
またアルミ削り出しの美しいフォークボトムは所有欲を満たし、アウターチューブとのカラーオーダーで個性も演出できる。
フルアジャスタブルなので、さらに自分好みにセッティングを詰めていくことも可能。
セッティング・ビギナーからハイレベルな使い方を望むユーザーまで誰もが満足できる製品だ。

ボルトオンで走りが大きく変わる!

左右で減衰が独立しているため、すべての調整はフォークトップで行うことができる

ギリギリまで削られたフォークボトムの機能美にも注目。カラーオーダー可能な部分だ

スポーツスクーターとして人気が高いTMAX用のフォークもラインナップ。Gセンスに問い合わせが多い車種のひとつだという。今後、対応車種は増えていくというから要チェックだ

足まわりのプロショップ「G sense」

Gセンスはサスペンション専門のプロショップとして2010年に創業。以来、ストリートユーザーを中心に、対面で話を聞いて試乗し不満点を解消するという手法でさまざまなバイクのサスペンションをセットアップしている。また純正やOHLINS製サスペンションのオーバーホールなども受け付けている。

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

ヤマハ TMAX560の価格情報

ヤマハ TMAX560

ヤマハ TMAX560

新車 33

価格種別

中古車 3

本体

価格帯 125.04~155.1万円

147.32万円

諸費用

価格帯 4.7~10.1万円

6.04万円

本体価格

諸費用

本体

138.26万円

価格帯 121~158.8万円

諸費用

5.69万円

価格帯 4.11~6.65万円


乗り出し価格

価格帯 129.74~165.2万円

153.36万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

143.96万円

価格帯 127.65~162.91万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ヤマハ TMAX530の価格情報

ヤマハ TMAX530

ヤマハ TMAX530

新車 0

価格種別

中古車 17

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

72.85万円

価格帯 65.95~87.85万円

諸費用

6.1万円

価格帯 3.2~5.15万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

78.95万円

価格帯 71.1~91.05万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す