125ccクラスで安定した人気を誇ると言っても過言ではないハンターカブ・CT125。
今回はパーツメーカー各社から様々な商品が毎月発売されているハンターカブの売れ筋・人気商品をご紹介します!

目次

カスタムするなら、まずはマフラー!

SP武川:スポーツマフラー(政府認証)

純正ヒートプロテクターの装着を可能とした純正スタイルを全く崩さないスポーツ仕様のアップマフラーです。
SP武川独自のサイレンサー構造とエキゾーストパイプにより、ノーマルとは異なる高い排気効率が可能となり、出力性能が向上します。

ちなみにハンターカブのマフラーの中でぶっちぎりの売り上げ一位です。
私の勝手な予想ですが、奥さんにバレないようにパワーアップするのに最適だから……って理由な気がします。

ヨシムラ:機械曲 GP-MAGNUMサイクロン TYPE-UP EXPORT SPEC 政府認証

GP-MAGNUMサイクロンは、アウトドアテイストあふれるCT125に、ヨシムラチューニングで走る楽しさを付加したスポーツマフラーです。
エキパイは車両デザインを引き立たせるレイアウトに、遊びゴコロあるテイストのヒートガードをプラス!
黒金エンブレムをあしらった伝統的な円柱形状のサイレンサーは、普遍的なデザインでハンターカブのスタイリングに馴染みます。また、好みの素材を選べます!

モリワキエンジニアリング:フルエキゾーストマフラー MONSTER [モンスター] (政府認証)

伝統のモリワキモナカをサイレンサーに使用し、オールドスタイルを継承しつつも今までに無い斬新な二重管構造を組み合わせスタイリッシュに仕上げられたモリワキのマフラー。
「どんな場面でも力強く快適に走破する。」をコンセプトに全回転域でパワーアップを実現し、市街地の近距離からロングツーリング、林道やサーフといった様々な場面でCTの魅力を更に引き立てます!

ホンダ4ミニといえば、エンジン!

SP武川:スーパーヘッド4V+Rコンボキット181cc

4ミニ×武川といえばボアアップキット!品質はピカイチです。
143ccと181ccの2タイプの排気量のボアアップキットがラインナップされていますが、こちらの商品は181ccベースで4バルブヘッドが付属した最強のキットです。

FIコン、ビッグスロットルボディ、大容量インジェクターなど、パワーアップに必要な部品は全て揃っており、先ほどのスポーツマフラーと組み合わせると純正の倍以上のパワーを実現できます。
やりすぎ感が漂いますが、誰にも負けたくない方いかがでしょうか!

KITACO:パワーパックライト

ようやくキタコからもボアアップキットが登場!
武川のSステージαと同じ、FIコン、カム付きの181㏄キットですが、キタコはオイルクーラー付き!
空冷エンジンでチューニングするとネックになる熱問題もクリアできます◎

G-Craft:シフトガイド タイプ2

タイプ1はスーパーカブC125用に販売がされており、ちらほら売れていたこちらの商品。SNSでハンターカブにも取り付けられるという情報が流れると、発注担当もびっくりな爆発的売れ行きとなり、定番商品になりました。
タイプ2に進化し、さらにシフトタッチの向上を狙いニードルベアリングを採用。
ホンダの横型エンジンはクランクケースからシフトペダルまで距離があり、シフトチェンジの際にギアシャフトがしなってしまう欠点があります。
このガイドを装着するとシャフトを途中で保持することができ、“しなり”を低減し、シフトタッチを向上させ小気味良いシフトチェンジを実現できます。

SP武川:パワーフィルター (純正エレメント交換タイプ)

ノーマルエアフィルターと交換することで吸入効率が向上し、ノーマルエンジンに装着した場合でも出力アップが可能になります。
そろそろ、エアクリの交換時期な車両も多いのではないでしょうか?
ノーマルのエアクリBOXをそのまま使用する為、吸気騒音や雨天時の問題も無いのも嬉しいポイントですね。

ZETA:コンバージョンダクト

同じく吸気系から痒い所に手が届くパーツがZETAから登場!
キャリアを純正以外に交換するとエアダクトの処理に困ります。そんな時はこの商品!
見た目をすっきりと、スタイリッシュに変更してくれます。

便利にしようぜ、電装系!

キタコ:【K・TOUR】 USB電源キット(2ポート)

今や必需品となったUSB電源。スマホのバッテリーを気にしながらのツーリングはイヤですもんね。
こちらの商品は専用設計でコネクタを割り込ませるだけ!また、設置もメインキー横のアクセサリーソケット用ステーに取り付け可能です。
メインキー横以外の好みの場所に取り付けられるステーも付属されています。

SP武川:LEDフォグランプキット3.0(950)

ハンターカブが似合う場所をツーリングしていると遭遇するのが霧や大雨。その際にあると便利なのがフォグライト。ヘッドライトでは照らせない部分を補ってくれます。
また、LEDの高輝度により夜間での車両の存在感を高め、他のライダーや車が認識をしやすくなり、事故防止対策としても効果あり!

取り付けは商品に同梱されているのアルミ削り出しカラー類を使用し、純正ヘッドライトステーに装着します。
汎用品を取り付けるのも安くていいのですが、ステーや配線の準備・加工を考えるとキットを買っちゃった方が楽ですよ~

SP武川:スーパーマルチDNメーター

純正メーター交換型多機能メーター“スーパーマルチDNメーター”
純正メーターと交換するだけで、一切の配線加工を必要とせず装着できます。また、ほぼ純正メーターと同形状で同位置に装着出来ます。
速度、回転数、ギアポジション、温度計、燃料計、時刻、バッテリー電圧表示やタイヤ外径補正、バックライト色変更等、非常に多くの機能を搭載!
こんなに多くの機能がオールインワン!メーター周りをゴテゴテにしたくないけど、各情報は知りたい。そんなアナタにピッタリです!

SP武川:スーパーマルチTFTメーター

最近の高級なバイクはTFT液晶が主流になってきました。ザックリの説明ですが、TFT液晶だと、表示内容・方法の自由度が高く、メーターのカラーやデザイン、情報を変更することができます。純正が電光掲示板だとするとTFTディスプレイはスマホといった感じですね。
こちらのメーターも純正メーターと交換するだけで、一切の配線加工を必要とせず装着できます。
速度、回転数、ギアポジション、温度計、燃料計、時刻、バッテリー電圧表示やタイヤ外径補正、パワーテスト機能等、非常に多くの機能を搭載!
CT125用の社外メーターで一番機能が多く高性能な一品です。

通は足元を“キメ”る、足回り!

KOOD:フロントアクスルシャフト

様々な工程を駆使して製造されるKOODのアクスルシャフト。
シャフトそのものの強度を上げ、車体左右の連結剛性を高める事により、フロントフォークやスイングアームの動きがよりダイレクトに感じられ、路面からの情報がシャープに伝えられる事により、乗り味が大幅に向上します!!
ミニバイク-BIGバイクまで、ノーマルシャフトと交換するだけで即座に体感できる。その性能はまさに「魔法の棒」の異名を持っています。
ちなみに前後アクスルとピボットのすべてが用意されています。
一気に装着するのも良し、お財布と相談しながらフロント→リア→ピボットの順番で効果を実感しながら揃えるのも良しです!

G-Craft:Gcraft×YSS ハイグレードサスペンション

4ミニパーツでおなじみのG-Craftと急成長中のYSSがコラボしたサスペンションです。
純正長+10mmの範囲で車高調整が可能でスプリングプリロード調整機能、伸び側減衰力25段階調整を備えています。
フロント用のフォークアップグレードキットもあるので同時装着もオススメです!

DRC:ワイドフットペグ

バイクをコントロールするのと車体からの情報を入手するのに重要なパーツ、それはステップです!
そもそも純正のステップはゴムなので滑ってしまいます。
ワイドで滑らないステップを導入して安定したライディングをゲットしませんか?

いまや常識、フィルム!

DRC:メータースクリーン プロテクティブフィルム

皆さんスマホに保護フィルムを貼りますよね?バイクのメーターにも貼る時代ですよ!
傷が付いて凹む前に貼っておくことをオススメします。
取り付けに便利な、クリーニングクロス・埃除去シート・気泡を抜くスキージなどがセットになっていてGOOD!

タンデマーのおしりを守れ、シート!

SP武川:ピリオンシート

タンデムするには小さいカブ系のシート。でも荷物じゃないんだからキャリアに直で乗ってもらうのはかわいそう。そんな問題を解決してくれるのがこのピリオンシートです!
シート裏の爪をキャリアに差し込むだけで取り付けが完了するので、工具の必要がなく、簡単にリアキャリアに脱着可能。
快適なタンデムデートのために買うしかない!タンデムする相手がいない人も未来のために買うしかない!

ずっと手に触れるものはこだわりたい、ハンドル!

ZETA:アドベンチャーアーマーハンドガード

オフ車向けカスタムパーツといえばZETA!オフロードを知り尽くしているZETAからCT125専用アルミハンドガードが用意されています。
オフロード走行にも耐えうる高剛性アルミ合金を採用。また、ハンドルクランプを専用形状とすることにより、ワイヤー類の干渉を回避しています。
汎用品だとあっちを避けたらこっちが当たる……なんてことがあるので専用設計は嬉しいですね!
別売りのアーマーハンドガードプロテクターシリーズが装着可能なので、自分だけのコーディネートができます!

ZETA:スペシャライズド ハンドルバー

アルミハンドルならではの滑らかな形状で、オフロードでの走行性能と安定性を重視したワイドアップのベンドとなっています。
取付はスイッチボックス用穴あけ加工済みのボルトオン設計で楽ちん!

ZETA アドベンチャーアーマーハンドガード CT125専用にも対応し、簡単かつ確実にフィットします。

ENDURANCE:ハンドルクロスバーS

異常な販売量を誇るのがこの商品です。
ハンターカブのハンドル形状的にしなりと振動は避けられません。また、スマホマウントなどをあと付けしようとするとスペースがない……
こちらのハンドルクロスバーを取り付けることでその二つを解決してくれます!

ガードと積載力UP、外装パーツ!

ZETA:アドベンチャー ウインドシールド

スクリーンとモバイル用マウントバーが一体となった一石二鳥なスクリーンキット。車種専用設計によりボルトオンで取り付けが可能です!
防風効果が高いスクリーンは上下反転装着が可能なだけではなく、高さや角度を調製可能とし、様々なカスタマイズに対応しています。
スマホマウントとスクリーンの組み合わせでロングツーリングにピッタリです!

より防風性能を高めたラージタイプも登場しました。このサイズなら多少の雨なら防ぐこともできるのではないでしょうか?

ZETA:サイドスタンドエクステンダー

純正サイドスタンドの接触面積を拡大するこちらのパーツ。
砂地や砂利などのサイドスタンドが埋まり込んでしまう不安定な路面でも、安定した駐輪を可能にしてくれます!
林道ツーやキャンプツーにいこうと思っているオーナーさんはいかがでしょうか?フルバンク停車ほど悲しいものはないですよ……

MOTOSKILL:センターキャリアグリル

ハンターカブ乗りと言わず、カスタム好きなカブ乗りなら一度は検討したことであろうセンターキャリア(ベトナムキャリア)。
モートスキールのセンターキャリアグリルには、ママチャリの荷台のようなひ弱さはありません!
逆に何でも載せられそうで、想像力を掻き立てられます。
カラーラインナップはブラックの1色のみですが、写真を見る限りつや消しでしょうか。

MOTOSKILL:ヘッドライトガード

ヘッドライトガードと聞くと、連想されるのはレンズの割れなどを防いでくれる、スクランブラースタイルのようなグリルタイプ。
しかし!モートスキールのヘッドライトガードは一味違い、無骨なパイプをそのままライト周りに持ってきてしまっています。
これではまるでヘッドライトフレームではありませんか!!
飛び石や泥からライトレンズを守ってくれる気はしませんが「コレでいい!」、「コレがいい!」と考える筆者みたいなファンは多いハズ。

MOTOSKILL:フロントキャリアキット

前述のヘッドライトガードを付けるのなら、フロントキャリアキットも合わせてインストールしたいところですよね。
ハンターカブは既にノーマル状態で特大リアキャリアを付けているので、積載性に関して文句なしなのですが、この頑強そうなフロント周りを見たら皆さんも買わずにいられないのではないでしょうか。
まったく人と言うのは強欲な生き物です。

尚、1点だけ注意すべきポイントがあります。フロントキャリア導入の際は、先程のヘッドライトガードをあわせて取り付ける必要があります。フロントキャリアキット単体では使用できないので要注意。

MOTOSKILL:クラッシュバー

バイクをアドベンチャー用途で使う際には、絶対付けておきたいクラッシュバー。
既に各パーツメーカーから販売されていたりしますが、上記3商品を買うのなら合わせてモートスキール製で統一したいところ。

オフロードを走行中、シリンダーヘッドカバーを岩なのにぶつけて破損させてしまったり……、なんて笑えませんよね。
またフォグライト、アクションカメラなどのマウント先としても、クラッシュバーはオススメです!

ENDURANCE:強化サイドスタンドブラケット

強化(安定化)タイプのサイドスタンドブラケットです。ハンターカブはガッツリ積載すると駐車時にフロントタイヤが浮き上がってしまい、最悪の場合倒れてしまいます。

サイドスタンドの位置と車両の傾きを調整することで、転倒しなくしてくれるのがこの商品です!
キャンプツーに行く方はマストバイなアイテムですね!

DRC:サイドバッグサポート

サイドバックのサポートは様々なメーカーから出ているのですが、左右セット売りなのがDRCのサイドバックサポートです。

フルパニア状態でガッツリ積載したい方、いかがでしょうか?
セット売りですが、左右別体設計の為、片側のみの装着も可能です!

今のうちに確保!

ハンターカブを注文しているのに車体が来なくて悶々しているあなた!
デリバリーが再開すると品切れ状態になることが予想されるので、車体の供給が滞っているいまがカスタムパーツを買い揃えておくチャンスかもしれません!

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
 
 
今回紹介したブランドはこちら
 

ホンダ CT125 ハンターカブの価格情報

ホンダ CT125 ハンターカブ

ホンダ CT125 ハンターカブ

新車 196

価格種別

中古車 135

本体

価格帯 40.45~55.65万円

45.34万円

諸費用

価格帯 1.65~3.35万円

2.69万円

本体価格

諸費用

本体

48.02万円

価格帯 33.8~66万円

諸費用

1.59万円

価格帯 2.35~3.89万円


乗り出し価格

価格帯 43.8~57.3万円

48.04万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

49.62万円

価格帯 36.15~69.89万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す