スズキ伝統のVツインエンジンと丸目単眼のヘッドライトを特徴に2016年に復活を遂げたSV650/X。
実は、スズキの現行大型車種で最も人気のある車種です。
そんなリバイバルを果たしたSV650/Xの人気なカスタムパーツをご紹介します!

カスタムの定番!人気のマフラーはこれだ!

WR’S:ダブルアールズ SS-OVALタイプ スリップオンマフラー

Vツインエンジンに似合う美しい形状をしているWR’SのSS-OVALマフラー。
チタンサイレンサーの鈍い風合いがシンプルなデザインのSV650に非常にマッチしています。
サイレンサーエンドに焼き色チタンが使用された贅沢な逸品です!

WR’S:ダブルアールズ ST-OVALサイレンサー

角の取れた六角形のような形状をしているチタンオーバルサイレンサーを採用。
アクセルを開けた瞬間のドンつきを改善し、低中速域のトルクパワーがUP!
もちろんSS-OVALもST-OVALもJMCA認証の車検対応マフラーです!

YOSHIMURA:ヨシムラ USヨシムラ スリップオン ALPHAサイクロン

スズキ車の王道にして王者!
USヨシムラ製のマフラーをヨシムラジャパンが国内で使用できるように改良を施した人気の商品です。
アメリカ製といっても音量に関しては優れた消音性能を持っているため車検対応マフラーとなっています!
サイレンサーエンドは力強い印象を生み、三角形のサイレンサーは横から見た際に独特の形状に見えるよう仕上がっています。

YOSHIMURA:ヨシムラ スリップオン R-77Jサイクロン

R-77Jサイクロンのエンドタイプは、光沢を持つステンレスと、レーシーなカーボンの2種類をラインナップ。
人気なのはSMS(メタルマジックカバー)タイプでサイレンサーエンドがステンレス、サイレンサーシェルはカーボン調のステンレス製モデルとなります。
USヨシムラ製ALPHAサイクロンと似ているようでまた違う雰囲気が癖になりそうです!

AKRAPOVIC:アクラポビッチ JMCA仕様スリップオンラインマフラー

MotoGP/WSB/AMAなど世界最高峰のレースで多くのトップチームに使われているアクラポヴィッチ!
サイレンサーにはカーボンが採用されており、どの車体色にもマッチするデザインです!
こちらは海外製のマフラーですがJMCA認証の日本国内公道走行可能なモデルとなっています。

SV650の外装人気パーツ!

DAYTONA:デイトナ LEDフェンダーレスキット

SV650のテールをすっきりさせるフェンダーレスキット。
DAYTONA製品は軽量&コンパクトで純正ウインカーも使用できる優れものです。
付属しているナンバー灯はLEDなのでちょっとお得な気分になりますね!

ODAX:オダックス RENNTEC グラブレール

様々な用途で万能に使えるRENNTECのグラブレールです。
ツーリングなどで荷掛けフックをかけることもできますし、タンデム走行時のグラブバーとしても使用することができます!

YOSHIMURA:ヨシムラ ウィンド アーマーNK

スクリーンでもヨシムラ商品は大人気です!
素材は衝撃に強く、柔軟性に優れた割れにくいポリカーボネート樹脂を使用。
コンパクトな形状ながらも考え抜かれた整流効果により、走行時の疲労を大きく軽減してくれます。

SV650は足が窮屈?ステップで快適な乗り心地を!

S2 Concept:S2コンセプト フットレスト リアセットライザー フラット

SV650に乗っているライダーの方から足が窮屈というお声をいくつか見かけました。
そんな窮屈さを安価で改善できるアイテムがS2コンセプトのバックステッププレートです!
こちらの商品は純正のステップ位置をオフセットできるプレートです。
バックステップ程の変化量や食いつきはありませんが、安価にステップ位置を変えたいという方におすすめです!

BABYFACE:ベビーフェイス バックステップ

バックステップの定番となってきた大人気BABYFACE!
ステップのポジションは5タイプ。街乗りからスポーツライディングなど用途によってポジションを合わせることができます!
カラーはブラック/シルバー/ゴールドの3色です。

YOSHIMURA:ヨシムラ ステップキット X-TREAD(エックストレッド)

ヨシムラはバックステップもラインナップしています。
良く見ると先ほど紹介したBABYFACEのバックステップに似た形状をしていると思いませんか?
ヨシムラのバックステップはBABYFACEと共同製作で開発をしているのです。
しかし、見た目の色はもちろんヒールプレートなど細部にはヨシムライズムによってバージョンアップしています!

傷を防ぐガード系パーツ!

BABYFACE:ベビーフェイス フレームスライダー

今や車両購入時などほとんどの方が装着されているスライダー。
BABYFACEのスライダーは細身でシンプルなデザインです。
街乗りからワインディングまで幅広く乗れるSV650だからこそ装着しておきたいアイテムです。

SW-MOTECH:SWモテック ヘッドライトガード

飛び石などをガードできるヘッドライトガード!
純正のヘッドライトに簡単に取付けできるのでSV650のスタイルを崩さず、見た目の変化も楽しめるアイテムです!

オールマイティに使いやすいSV650/X!

SV650/Xは懐かしさと今風がいい具合にミックスされた見た目は飽きが来ません。
モリモリ上がってくるトルク感が街乗りから峠のワインディング、またカスタムパーツも豊富でオールマイティにどこでも楽しませてくれる車両です!
是非カスタムして自分だけのSV650/Xを作ってみてください!

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

スズキ SV650Xの価格情報

スズキ SV650X

スズキ SV650X

新車 75

価格種別

中古車 12

本体

価格帯 70.36~104.72万円

81万円

諸費用

価格帯 5.87~11.09万円

5.88万円

本体価格

諸費用

本体

67.06万円

価格帯 59.8~80.5万円

諸費用

4.04万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 76.23~115.81万円

86.89万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

71.1万円

価格帯 69.28~72.68万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スズキ SV650の価格情報

スズキ SV650

スズキ SV650

新車 173

価格種別

中古車 39

本体

価格帯 63.14~100.32万円

75.31万円

諸費用

価格帯 8.25~11.09万円

5.32万円

本体価格

諸費用

本体

66.5万円

価格帯 55~76.8万円

諸費用

1.76万円

価格帯 3.85~6.2万円


乗り出し価格

価格帯 71.39~111.41万円

80.64万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

68.27万円

価格帯 58.85~83万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す