ウェビックコミュニティ「MOTO HACK!あったか装備コンテスト」キャンペーンに、投稿いただいたあったか装備を紹介!

今回は、HONDA CBR250RR(MC51)に乗る「Rock」さんのあったか装備をご紹介!

車両と自己紹介


【簡単な自己紹介】
HONDA CBR250RR(MC51)2019年モデルに乗ってます。
ある日、動画サイトでモトブログなるものを見て、『そうだ、バイクに乗ろう』と思い立って中型免許取得。
自由に行動が出来るソロツーリングが好きで、見たことのない景色や走ったことのない道路を目的地にのんびり走ることがモットーです。

納車3年目に突入して走行距離も2万5000キロを超えましたが、バイクは故障も無く無事故、無違反でツーリングを楽しんでます。
ツーリング先で立ち寄る日帰り温泉を探すのも楽しみの一つですね。

あったか装備のこだわり

【目指す方向性】
今年の冬は大寒波でとにかく寒い!
でもバイクに乗りたい!ロングツーリングが好きな私にとってはつらい時期です。
折角のツーリングも寒さに耐えながら走ると楽しさが半減しちゃいますからね。
そんなわけで買っちゃいました電熱装備。
目指すは冬でも快適ツーリング!

【あったかいと実感するポイント】
今回用意したのは電熱インナージャケット、電熱インナータイツ、電熱インナーグローブです。

製品紹介

1.KOMINE:コミネ
・品名:EK-111 12V エレクトリックWPシステムインナージャケット

まずはコミネのインナージャケット(EK-111)からご紹介。
発熱箇所は胸、背中、腕の3箇所で、3段階の温度調整が出来ます。

電熱ジャケットで腕も発熱してくれるモデルは少ないのでお勧めです。
生地は薄手なので保温できるジャケットを重ね着することを前提としたインナージャケットです。
バイクの12V電源から給電するタイプなので発熱温度も高く、バッテリー切れの心配もありません。


私はコミネのEK-111をクシタニのジャケットに付属しているインナージャケットの下に着ています。
クシタニのインナージャケットの中綿はダウンライク素材で出来ていて単体でも暖かいのですが、電熱インナージャケットを下に着ると発熱した暖かい空気をしっかり保温してくれます。

2.KOMINE:コミネ
・品名:EK-113 12Vエレクトリックインナータイツ

続いて電熱インナータイツ(EK-113)のご紹介。
発熱箇所は太ももから膝下、つま先の2か所で3段階の温度調整付き。
ありそうで無かったつま先まで発熱してくれる優れもの。
寒い時期に長時間運転していると冷たくなっていく足のつま先までポカポカです。
タイツなので体にフィットして暖かさを感じやすいし、生地も伸縮性があるのでライディングに違和感は感じません。
もちろんバイクの12V電源から給電するタイプなので単体でも使えますが、電熱インナージャケット(EK-111)と接続すれば配線もすっきり出来ます。


注意点は、つま先まであるタイツなのでサイズ選びが重要という事。
直接肌に触れるので、店舗での試着が難しいのです。
メーカーホームページでサイズを確認して購入しましたが、ウエストがガバガバでした。

とは言え、つま先までの丈が短いと膝を曲げた時に窮屈になってしまうので、ウエストより丈を合わせて選んだ方が良いです。
私は妻にお願いしてウエストに通す紐を付けてもらってサイズを調整出来るようにしました。

3.KOMINE:コミネ
・品名:EK-204 ヒートインナーグローブ12V

最後に、電熱インナーグローブ(EK-204)をご紹介。
発熱箇所は風が当たる手の甲側で指先まで電熱線が通っていて3段階の温度調節が出来ます。
バイクの12V電源から給電するので単体としても使えますが、やはり電熱インナージャケット(EK-111)と接続して使うと配線がすっきりします。

今までの真冬の長時間運転では指先がちぎれるのではないかと思うほど冷えていた指先が全く冷えない。
普通のインナーグローブに比べて多少厚手ではありますが、バイクの操作に支障をきたす程ではありません。

電熱グローブではなく、電熱インナーグローブを選んだ理由は、好きなグローブを付けられる事です。
お気に入りのグローブを電熱化できるのは嬉しいですね。


フル装備!

今後狙っているあったか装備

電熱ネックウォーマー
※編集部推薦:【山城謹製】 ボディーレギュレーター 電熱防風ネックウォーマー

⇒ 投稿された日記はこちら

Rock」さん、あったか装備コンテストへの参加ありがとうございました!
今回紹介させていただいた、Rockさんには、ウェビックで使える500ポイントをプレゼント!

 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。
コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

ホンダ CBR250RR(2017-)の価格情報

ホンダ CBR250RR(2017-)

ホンダ CBR250RR(2017-)

新車 157

価格種別

中古車 113

本体

価格帯 71.56~89.05万円

81.24万円

諸費用

価格帯 3.71~5.31万円

4.67万円

本体価格

諸費用

本体

68.15万円

価格帯 54.9~99.8万円

諸費用

2.31万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 76.87~92.76万円

85.91万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

70.47万円

価格帯 57~91.3万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す