コロナ禍に、レジ袋の有料化、そして政権交代など、2020年もあっという間に過ぎようとしています。

そんな怒涛のオリンピックイヤーでも、国内カスタムシーンへ目を移すとSR400が大人気!
というか、もう定番中の定番であり、殿堂入り状態と言ってもいいでしょう。

今回は2020年、特に人気だったSR400のカスタムパーツをランキング形式で発表しています。
来年はどんな年にしようか、どんなカスタムをしようかと、煩悩が増すこと間違いなしですよ!

SR400人気カスタムパーツTOP10

【第10位】SUNSTAR|TRAD TYPE1 [トラッドタイプ1] フロントディスクローター

まるで1978年のデビュー当初を彷彿とさせるブレーキディスクがランクイン。
リーズナブルな価格設定ながらクラシカルな雰囲気を演出できるので、初期型ルックスを目指すカスタムフリークは是非抑えておきたいパーツです!

またこちらの商品は、WebikeTVでもじっくりご紹介しています。
併せてチェックしてみてくださいね!

「ブレーキディスクローター講座-応用編-」はコチラ

【第9位】DAYTONA|ステンレスショートリアフェンダー

純正に比べてショートめのステンレス製のリアフェンダー。
念入りにバフ研磨が行われており、綺麗な光沢が上品さを掻き立てます。

また、別売りラインナップのアジャスタブルテールランプキット用取り付け穴も加工済みなので、併せて取り付けたいところです。

【第8位】DAYTONA|セパレートハンドルセット

SR400は、カフェカスタムのベース車両としても根強い人気なため、セパレートハンドルセットがランクイン。
各種ケーブルをはじめ、ハンドルストッパーもセットになった商品のため、これがあればセパハン化OK!

※一般公道で使用される際には、必ずビンテージトップブリッジ(48218/48219/48220)を同時装着し、法規に抵触しない様ご注意下さい。

【第7位】SP忠男|POWER BOX(パワーボックス)エキパイ インナーBOXタイプ

2010年からFiモデルにリニューアルとなったSR400。
しかし昔ながらのオーセンティックな立ち位置は変わっていません!

SP忠男からは、そんな新時代のSR400に気持ちイー!走行フィーリングをプラスする『POWER BOXエキパイ』がランクイン。
パワフルなトルク感を実現するために必要な膨張室は、パイプインナーを二重構造とすることで実現し、SR400に違和感なくインストール可能です!

【第6位】GOODS|TAPERED CORN スリップオンマフラー

クラシック風に仕上げたいのなら、GOODSから販売されている「TAPERED CORN スリップオンマフラー」で決まりです!
SRに合わせて専用設計されたメガホンマフラーで、エンド部はテーパーコーン形状となっています。
静か過ぎずに大きすぎない丁度良いボリューム感で、端切れの良い心地良いサウンドに仕上がっています。

【第5位】DAYTONA|ノスタルジックシート

デイトナのカスタムシートが第5位。

座面は純正比25mmダウン、そしてスリムにシェイプアップされたシート形状は、セパハン&アップハンのSRにピッタリです。
そしてシートは70'sの雰囲気を醸し出す純正よろしくなパターンを採用。

シートスポンジも絶妙硬さなので、長時間ライディングだってへっちゃらです。

【第4位】DAYTONA|アジャスタブルリアショック

スポーツ性と乗り心地を両立したオールアルミ製のアジャスタブルリアショックです。
ストロークの奥でふんばるスプリング特性となっており、2人乗りにも対応する最大荷重を確保。

SR400/500全年式に対応しているので、あなたのSRにもナイスマッチ間違いなし!

【第3位】Sym’z Craft|手曲げエキゾーストパイプ-トラディショナルメガホンマフラーセット フルエキゾースト

Sym’z Craftのフルエキが第3位。
エキパイは職人の技が輝る手曲管となっており、サイレンサーは純正ルックスを意識したフォルムが特徴。
低音が効いていて、かつ耳触りのいいエキゾーストノートは、ライダーをもっと先まで……と後押ししてくれそうです。

価格も良心的、ディテールもGOOD、そして手間管……非の打ち所がないとはこのことですね。
Webikeインプレッションでも最高評価の★5を獲得と、ユーザーの笑顔が伝わってくる一品です。

【第2位】POSH Faith|クラシカルバックステップ

カフェカスタムを目指すのなら絶対に抑えておきたいPOSH Faithのクラシカルバックステップ。
SR初期型と現行モデルに採用されている、キックをする時、ステップを畳まないタイプへの搭載は、やや手順が必要となります(中期型はこの商品のみでOK)が、あなたがロッカーズならきっと乗り越えられるハズ。

【第1位】YOSHIMURA|TMR-MJNキャブレター

SRは幅広いユーザーにオススメできる、とても乗りやすいバイク。しかし心地のいい鼓動感とフレンドリーなパワーフィールに退屈を感じるのなら、TMR-MJNキャブレターをインストールしてみてはいかがでしょう。
まるで別の乗り物と錯覚する覚える、スポーティーな走りが実現できますよ!

Webikeインプレッションから言葉を借りると、“TMR-MJNのは「一度付けたら止められない」、まるで脳内麻薬のような加速感が得られるスグレモノ”。とのこと。

スプリングシーズンの乗り出しに備えて、冬眠中にじっくりセッティング出しをしてみませんか?

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

ヤマハ SR400の価格情報

ヤマハ SR400

ヤマハ SR400

新車 1

価格種別

中古車 227

本体

価格帯 104.5万円

104.5万円

諸費用

価格帯 7.46万円

7.46万円

本体価格

諸費用

本体

77.31万円

価格帯 37.4~176.57万円

諸費用

9.7万円

価格帯 5.6~6.76万円


乗り出し価格

価格帯 111.96万円

111.96万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

87.01万円

価格帯 43~183.34万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す