ウェビックコミュニティ「MOTO HACK 教えて!メンテナンスHACK」キャンペーンに、投稿いただいた中から、参考にしたいメンテナンス方法をご紹介。
もしかしたらマネしたくなるアイデアがあるかも!?

今回は、ニンジャ1000に乗る「ユウ」さんのメンテナンスHACKをご紹介!

車両とメンテ内容の紹介

車両について

2019年式NINJA1000
使用用途はほとんどがツーリングに使用しています。

今回の作業

走行距離が今回10000kmも超えたということで状態確認も兼ねて、ブレーキフルードの交換を行います。

作業時間

30分

作業難易度

普通

使うアイテム

ブレーキフルード BF4
 品番:20030005
 ブランド:ACTIVE/アクティブ

■ 耐油チューブ(燃料チューブ) ホームセンターで購入
 [太さ] 内径4mm / 外径7mm
 [使用した長さ] 30cm

■ 空の容器(ペットボトル可)

作業について詳しく紹介

【作業工程】

1. 作業しやすいように干渉しそうなものは取り外します。

2. ブレーキのバルブに耐油チューブを取り付けその先端を空の容器に差し込みます。

3. リザーバータンクのキャップを空け中のフルードの量を確認して抜き取ります。

4. リアブレーキを押さえて、ブレーキが掛かった状態を維持して、ブレーキのバルブを少し緩めると、ブレーキフルードが抜け始めます。

5. ホース内の液面の変動が止まれば、ブレーキのバルブを閉めて、リアブレーキの掛かった状態を解除して、エアーを吸い込まないように、新しいブレーキフルードを補充します。

6. ホース内のブレーキフルードが新しいフルードに代わるまで、4. 5の作業を繰り返します

7. ホース内のブレーキフルードが入れ替われば、最初に入っていた液面のレベルまで補充します。(液面がHightまたはLOWレベルより外れている場合は、調整してください)

8. リザーバータンクのキャップを閉め、キャップ、ブレーキバルブ周りを綺麗にウエス等で清掃して完了です。

アドバイス

ブレーキフルードを交換する際、ブレーキにエアーが入らないように、リザーバータンクの液面に気を付けて補充しながら作業してください。またブレーキフルードはDOT4なので塗装等を溶かす恐れがあるので、塗装面などにかからないように慎重に作業してください。飛び散り等が気になる場合には、ブレーキフルードは水で洗い流せますので、作業後洗車等をすれば安心です。

ユウさん、貴重なメンテナンスHACKの投稿ありがとうございました!
今回紹介させていただいた、ユウさんには、ウェビックで使える1,500ポイントをプレゼント!

 MOTO HACK掲載記事は、ユーザー投稿を構成・転載したものとなります。語られる効果・手法に関してはユーザー裁量によるものであり、そこで起きた不具合等に関してウェビックは一切の責任を負いかねます。

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ ニンジャ 1000 (Z1000SX)の価格情報

カワサキ ニンジャ 1000 (Z1000SX)

カワサキ ニンジャ 1000 (Z1000SX)

新車 2

価格種別

中古車 52

本体

価格帯 105~120.89万円

112.94万円

諸費用

価格帯 7~16.88万円

11.94万円

本体価格

諸費用

本体

85.91万円

価格帯 63.84~113.3万円

諸費用

5.48万円

価格帯 3.15~5.13万円


乗り出し価格

価格帯 112~137.77万円

124.88万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

91.39万円

価格帯 66.99~118.43万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す