単気筒エンジンの多いオフロードバイクは振動が多め。ダートを走っているとあまり感じることはないですが、ツーリングで長い距離を走ると実感するライダーも多いのではないでしょうか? そんな振動を軽減するZETA RACINGの「アドベンチャーフットペグ」と、ウェイトを装着できる「EXPLORERハンドルバー」をセロー250に装着してみました。

ツーリングでは振動が疲労の原因に

オフロードバイクは単気筒エンジンを搭載していることが多いので、オンロードモデルに比べると振動は多い傾向にあります。しかも、オフロードを走るライダーは、ステップのゴムを取り払っていたり、ハンドルバーを振動吸収を考慮した純正のものから付け替えていることが多いので、それに拍車をかけてしまっています。

かく言う編集部のセロー250も同様。オフロードでのコントロール性は良くなったと思っていますが、実際のツーリングではどうなのか? まずは、ステップ(ゴム無し)とハンドルバーを付け替える前の状態で100kmほど走ってみました。

市街地を走っている分には、振動は「まあ、オフ車だから」というレベル。ただ、高速道路を一定のペースで走っていると、ステップとグリップからかなり振動が伝わってきます。速度を維持するために回転数が高めなのと、途中で止まることがないので、振動が常に伝わってくるのが身体に効いてきます。目的地についた後は、バイクから降りても手と足がじんわりシビレているような感じ。これは、ツーリングメインで乗るライダーにとってはツラいですね……。

→全文を読む

情報提供元 [ RIDE-HACK ]

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

ヤマハ セロー 250の価格情報

ヤマハ セロー 250

ヤマハ セロー 250

新車 2

価格種別

中古車 168

本体

価格帯 91.85~93.5万円

92.67万円

諸費用

価格帯 4.54~6.59万円

5.56万円

本体価格

諸費用

本体

52.96万円

価格帯 33~82.5万円

諸費用

5.89万円

価格帯 1.81~2.57万円


乗り出し価格

価格帯 96.39~100.09万円

98.24万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

58.86万円

価格帯 34.81~85.07万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す