ヘルメットの製造・販売を行うウインズジャパンより、新型ジェットヘルメット「G-FORCE X(ジー・フォース エックス)」が発売される。なんとパーツの組み合わせにより、ジェットからフルフェイスに可変し、合計で“6つ”のスタイルチェンジが可能だという。ソリッドモデルとグラフィックモデルで分かれており、ソリッドモデルは3万3000円、グラフィックモデルは3万6300円でリリース。合計5色のラインナップを揃え、今年7月下旬から販売予定だ。さっそくご紹介していこう。

パーツ換装で思い通りのスタイルへ! カスタマイズは自由自在

「アーバンクロスオーバージェット」としてWINSが打ち出したG-FORCE X。その名の通り、未舗装路からシティユースまで幅広く使えるフレキシブルなジェットヘルメットである。

特徴的なのは、別売りのアクセサリーパーツを用いることで合計6つのスタイルを楽しめるところ。バイザーを外してシールドを装着すればノーマルジェットスタイルに。

そこにフェイスガードを取り付けるだけですぐさまフルフェイスへと変換できる。そのほかトレイルスタイルやアドベンチャースタイルへも変更できるため、シーンに合わせた自分だけのスタイルが簡単に得られるというわけだ。

“軽量”&“高耐久”を極限まで追求したPPVA製法

シェル素材には軽量、高耐久に定評のある熱硬化性プリプレグ繊維シートを採用。耐衝撃性と分散性の向上に寄与しつつ、軽さの追求も怠らない。

さらに独自製法であるPPVA(Prepreg Inner Pressure Vacuum Air Bag)を用いることで、より軽量、高強度、高耐久を兼ね備えた帽体を生み出した。

PPVA製法とは、素材である繊維シートを均一な圧力でプレスする製法。この工程により余分な樹脂や空気が削ぎ落され、シェルの柔軟性、衝撃分散能力がが向上する。

こだわりは外装だけでなく、内装にも。3Dカットインナーメインパッドとインサイドパッドの2重構造となっており、最適な位置に最適なサイズで穴を設けることで「包み込むような内装」を実現。

前提としてアジア人向けに設計されており、長距離ツーリングでも疲労を軽減できるような被り心地を目指している。

WINS G-FORCE X

・2024年7月下旬より発売
・価格:ソリッドモデル/3万0000(税込3万3000円)グラフィックモデル/3万3000円(税込3万6300円)
・カラー:G16.クールホワイト、G12.アッシュグレー、G11.マットディープブルー、G13.ストーングレー、G14.アイアンレッド×ブラック
・サイズ:XXS/XS/S/M/L/XL ※XXS~Sサイズはスモールサイズ帽体
・規格:SG、PSC
・UVカットシールド A-FORCE RS JET・G-FORCE SS JET用(ライトスモーク):3800円(税込4180円)
・フェイスガード/A-FORCE RS JET、G-FORCE SS JET用:3900円(税込4290円)

WINS G-FORCE X クールホワイト

メーカー希望小売価格:3万3000円(税込)

WINS G-FORCE X アッシュグレー

メーカー希望小売価格:3万3000円(税込)

WINS G-FORCE X マットディープブルー

メーカー希望小売価格:3万3000円(税込)

WINS G-FORCE X ストーングレー

メーカー希望小売価格:3万6300円(税込)

WINS G-FORCE X アイアンレッド×ブラック

メーカー希望小売価格:3万6300円(税込)

情報提供元[ ウインズジャパン ] 【新製品】WINS アーバンクロスオーバージェット「G-FORCE X」登場! 6つのスタイルを使いこなせ ギャラリーへ (24枚)

この記事にいいねする


コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら