天上から照らしつける太陽とそれに熱されたアスファルトも相まって、夏のスポーツバイクの熱さが辛いという悩みをもつライダーは多いだろう。そんな悩みを軽減してくれるのが、マジカルレーシングの冷却ダクト付きフレームガードだ。露出している部分が金属ではなくカーボンになること、さらに冷却ダクト付きというアイデアでハヤブサのフレームの熱気を積極的に逃す!

冷却ダクト付きフレームガードで、夏のハヤブサライフを少しでも快適に!

これから、茹だるような夏がやってくる。容赦なく照らす太陽とそれに応えるようにアスファルトは熱気を放つ。そんな中、スズキのハヤブサは1300ccの熱量を盛大に発散させる。ラジエターはファンを回し、アルミツインスパーフレームは触れないほどの熱さになる。

ハヤブサに限らないが、夏、ライダーは「熱さ」と「暑さ」との戦いとなる。ニーグリップしないといけないのはわかっているが、あまりの熱さにフレームに触れられないことも多々あり、膝の先端、太ももの内側は熱に対して特にシリアスになる。そんなシチュエーションを打破するためのパーツがマジカルレーシングには用意されている。

ハヤブサ用の冷却ダクト付きフレームガードは、熱を帯びたフレームをカバーしてしまうもの。触れる部分がカーボンになるだけでかなり熱さを軽減することが可能。これなら市街地での走行はもちろん、ロングツーリングも随分と楽になるだろう。

ハヤブサをドレスアップしてくれるだけでなく、アルミツインスパーフレームの夏の泣きどころも解消できる冷却ダクト付きフレームガードで夏も元気にハヤブサで走り回ろう。

ありそうでなかった画期的アイテム、冷却ダクト付きフレームガードを見てみよう!

装着するだけでもフレームからの熱を軽減できるが、ダクト装備で冷却効率をアップ。夏前に装着したいアイテムの一つだ。

カーボンパーツで少しずつ愛車をドレスアップするカスタムを楽しもう

カーボンパーツの良いところは、1箇所ずつカスタムを楽しめるところ。特にハヤブサは一つひとつのパーツが大きいため、愛車のイメージをガラッと変えることができる。さらにノーマルにはない部品をプラスするのも楽しみといえる。

マジカルレーシングのハヤブサ用カーボンパーツはまだまだある!

前途した冷却ダクト付きフレームガードはカーボンパーツでのおすすめカスタム筆頭だが、雨天時の泥跳ねを抑止するノーマルよりも大きめのリヤフェンダーやスイングアームカバーなどの大物パーツはマシンのイメージを一新。さらに最近は、フロント周りをスポーティに演出できるキャリパークーリングダクトなども人気だ。

空気の壁を力強く切り裂くボディデザインとエアロダイナミクスを両立させたハヤブサのスタイルも引き立てつつ、夏の悩みを軽減できるカーボンパーツ。よりスポーティに、そして高級感もプラスしてくれるパーツとしてチェックしていただきたい!

夏の「暑さ」とハヤブサの「熱さ」は軽減できる!【マジカルレーシングの冷却ダクト付きフレームガードで猛暑を乗り切ろう!】 ギャラリーへ (10枚)

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

スズキ HAYABUSAの価格情報

スズキ HAYABUSA

スズキ HAYABUSA

新車 144

価格種別

中古車 68

本体

価格帯 190.41~222.2万円

214.23万円

諸費用

価格帯 8.5~10万円

5.05万円

本体価格

諸費用

本体

115.04万円

価格帯 52.84~208.45万円

諸費用

14.15万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 198.91~232.2万円

219.28万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

129.2万円

価格帯 65.78~199.35万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す