モリワキの創業当初から受け継がれてきた伝統のマフラー、モリワキワンピース。現代にいたるまで脈々と受け継がれ、最新の車両にも数多くラインナップし続けている同シリーズに、最新作「Z900RS 23- ONE-PIECE BLACK」が登場。

ストリートの実用域でパワフルかつ乗りやすい出力特性を追求しており、実用低速トルクの強化及びピークまで伸びやかに吹け上がるパワーフィーリングを実現している。

また6月23日(日)に千葉県神崎町船着場にて開催される「Zest Cuore KOZAKI MEETING」に出展されるモリワキブースでは、23- Z900RS CAFE MORIWAKI ONE PIECE Full Exhaust装着車の展示と音出しを実施予定だ。

2024年6月23日のZest Cuore KOZAKI MEETINGは雨天予報のため中止となりました。

Z900RSに伝統のモリワキマフラーが登場

2023年に50周年を迎えたモリワキは、現在まで様々なタイプのマフラーを作ってきた。その中でも、創業当初からモリワキ本体と同じ歴史を持つ伝統のマフラーがモリワキワンピースだ。

今回は現代にいたるまで脈々と受け継がれ、最新の車両にも数多くラインナップし続けている同シリーズの最新代表作、Z900RS 23- ONE-PIECE BLACKが登場した。

ワンピースのこだわりの一つがそのデザインだ。最新モデルは排ガス規制、騒音規制、排気熱、性能確保などの制約がますます厳しくなり、必要なマフラーボリューム(管容積)が大きくなってきている。それでも往年のネイキッドスタイルを保つため、細身のシルエットを実現している。

また外観からは見えない細部には、 性能・サウンド・法規対応など様々な課題をクリアするための独創的な機構や構造を備えている。

たとえば集合部直後には、車体内側エンジン後方に隠れるように「サブサイレンサー」を装着。その内部構造は、集合直後に組み込まれた排気触媒を通過した排気ガスが、パイプ内を直通するメイン流路と、排気触媒直後にサブサイレンサー側に迂回する分岐流路の2系統流路構造となっている。この構造により、排気ガスの収縮・膨張・干渉による消音機能、管長確保による性能向上など様々な“仕事”をしている。モリワキの独創的なアイデアと技術が目いっぱい詰め込まれた構造体だ。

加えて、4本のフロントパイプが集合し1本のテールパイプにまとめられている4in1スタイルのワンピースマフラーの内部には、最適な出力性能を得るためのセパレーターと呼ばれる仕切り板が組み込まれており、中身は4in2in1の集合方式となっている。

MORIWAKI ENGINEERING Z900RS / CAFE 23- ONE-PIECE BLACK

MORIWAKI ENGINEERING Z900RS / CAFE 23- ONE-PIECE BLACK
MORIWAKI ENGINEERING Z900RS / CAFE 23- ONE-PIECE BLACK

Z900RS/CAFE 23- ONE-PIECE BLACK 商品概要

■適合車種:KAWASAKI Z900RS/CAFE
■適合年式:2023
■適合型式:8BL-ZR900K
■価格:¥ 246,400(税込)
■排気音量:近接:94dB / 加速81dB
■商品重量:8.1kg(STD11.9kg)

MORIWAKI ENGINEERING Z900RS / CAFE 23- ONE-PIECE BLACK

MORIWAKI ENGINEERING Z900RS / CAFE 23- ONE-PIECE BLACK
MORIWAKI ENGINEERING Z900RS / CAFE 23- ONE-PIECE BLACK
MORIWAKI ENGINEERING Z900RS / CAFE 23- ONE-PIECE BLACK
MORIWAKI ENGINEERING Z900RS / CAFE 23- ONE-PIECE BLACK
MORIWAKI ENGINEERING Z900RS / CAFE 23- ONE-PIECE BLACK

Zest Cuore KOZAKI MEETINGにモリワキブースが出展!

2024年6月23日のZest Cuore KOZAKI MEETINGは雨天予報のため中止となりました。

6月23日(日)千葉県神崎町船着場にて開催のイベント「Zest Cuore KOZAKI MEETING」にモリワキブースが出展する。

Zest Cuore KOZAKI MEETINGは、Z900RSオーナーズグループが主催するミーティングイベント。ミーティングへの参加費は無料で、メーカー/車種/クラブ所属は問わず、ライダー同士の交流が主な目的となる。

モリワキブースでは今回紹介した「23- Z900RS CAFE MORIWAKI ONE PIECE Full Exhaust」装着車の展示・音出しに加え、5月4日~5月5日まで開催された「鉄馬 Festival with βTITANIUM」で渡辺一樹選手が駆り優勝したZ900RS MORIWAKI改の展示を実施。さらに、モリワキ名物スイーツ「モリワキ最中」や50thグッズ、パーツ販売も行う。

また、ブースに訪れた方にはモリワキミニフラッグと特製クリアファイルをプレゼントも用意されている。モリワキ製品を実際に「見て」「聴いて」「触れて」体感できるこの貴重な機会をお見逃しなく!

MORIWAKI ENGINEERING Z900RS / CAFE 23- ONE-PIECE BLACK

イベント/モリワキブース概要

■開催日時:6月23日 日曜日
      ゲートオープン 9:30
      イベント終了 15:00

※雨天中止(中止の場合は6/19に告知予定)
2024年6月23日のZest Cuore KOZAKI MEETINGは雨天予報のため中止となりました。

■モリワキブース出展内容
【車両展示】
・ Z900RS MORIWAKI改 鉄馬優勝車
  ライダー/渡辺一樹選手
  ※Ti-Full Exhaust BLADE RACING装着車

【車両展示 & 音出し】
・ 23- Z900RS CAFE モリワキカスタムデモ車
  ※ONE PIECE BLACK Full Exhaust装着車

【モリワキグッズ販売】
・ paypay、クレジットカードも使用可

■場所:神崎町船着場(神崎スロープ)
    〒289-0221
    千葉県香取郡神埼町神崎本宿

情報提供元[ モリワキエンジニアリング ] ギャラリーへ (19枚)

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ Z900RSの価格情報

カワサキ Z900RS

カワサキ Z900RS

新車 99

価格種別

中古車 117

本体

価格帯 143~198万円

153.23万円

諸費用

価格帯 9~11.85万円

6.86万円

本体価格

諸費用

本体

128.9万円

価格帯 99.55~235.5万円

諸費用

18.2万円

価格帯 9.61~23.98万円


乗り出し価格

価格帯 154.85~207万円

160.09万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

147.1万円

価格帯 123.53~245.11万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

カワサキ Z900RS CAFEの価格情報

カワサキ Z900RS CAFE

カワサキ Z900RS CAFE

新車 12

価格種別

中古車 30

本体

価格帯 151.8万円

151.8万円

諸費用

価格帯 6.95~7.08万円

7.01万円

本体価格

諸費用

本体

135.35万円

価格帯 108.8~180.12万円

諸費用

5.75万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 158.75~158.88万円

158.81万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

141.1万円

価格帯 115.89~165.87万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す