長らくダンロップのクロスカントリータイヤとして数々のレースを席巻し続けてきたAT81が、AT82へと進化。パターンを見る限り、めちゃくちゃ前に進みそうなタイヤだがその真価はいかに。3ヶ月間、Off1編集部が履き倒してみた。

オフロードタイヤの設計思想はアップデートされ続けている

柔らかい土に対して硬いブロックで強引にかっぽじりながら進む、いわゆる“ソフトタイヤ”。硬い土に対して柔らかいコンパウンドでグリップさせる、いわゆる“ハードタイヤ”。オフロードのタイヤはこれまでその2つの相反する特性の、どこにポジショニングするか……が重要であり常識だった。ところが最近ではその思想が変わりつつある。

特にAT81のようなクロスカントリー向けのタイヤは、1本で様々な土質に対応する必要がある。ふかふかのパワーが食われるウッドチップ路面から、大きめの岩が転がるガレ路面、ウェットな土や滑る木の根が散見されるウッズなどなど。近年のタイヤ開発は、これまでの対応レンジをいかに拡げるかという大きな目標との戦いの歴史であり、レンジの拡大方法にはメーカーの個性が発揮されてきた。

さて、新しくなったダンロップのクロスカントリー向けタイヤAT82を見てみよう。

→全文を読む

情報提供元 [ Off1.jp ]

この記事にいいねする


コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら