アメリカの超有名ブランド・スナップオンが発明したソケットツール。文字どおりハンドル先端のソケットを取り替える(スナップオンする)ことで、何種類ものボルト、ナットを回すことができるようになる。持っていれば便利であるのは当然だが、使いこなせばもっと整備が楽しくなるし、何よりカッコいい!

そんなソケットツールの世界を垣間見てみよう。

※この記事は『タンデムスタイル No.261』の“整えて備える”特集をWEB用に再編集したものです。

ソケットツール、とは?

前述のとおり先端を替えて多用途に使える工具のこと。さまざまなサイズのボルト&ナットに対応するサイズと深さ、また六角ソケットやヘックスローブなどにも対応する。柄=ハンドルもいろいろなタイプがある。

少ないツールで多くの作業をすることを目的に生まれたソケットツール。ボルトに合わせて、ソケットのみ交換すれば作業が行なえるのはメリット。ただソケット自体のサイズが小さいため紛失しやすいので注意が必要だ。

→全文を読む

情報提供元 [ タンデムスタイル ]

この記事にいいねする


コメントを残す