先日開催されたモーターサイクルショーにて、SHOEIのブースに興味深いヘルメットが展示してあった。マルク・マルケス選手本人が実際に使用したヘルメットである。ホンダを卒業する最終戦の2023年バレンシアGPで使用されたもので、卒アルならぬ卒ヘル。ホンダでの11年間がまるで卒業アルバムのようにデザインされていたのだ。

最近の水圧転写技術はとにかく凄い!

マルケスといえばホンダ、ホンダといえばマルケスというイメージを持つ人も少なくないと思う。

今回展示されたヘルメットを見ると、まず目に入るのは天頂部に大きくプリントされた「感謝」の文字。絶妙にゆるい文字デザインなのが存在感をより強めており、中心に添えられたスペイン語でありがとうの意を持つ「gracias(グラシアス)」とのフォントも微笑ましい。

そんなマルケスの優しい人柄が感じとれるデザインは、長年レースを共にしてきたホンダへも向けられているのかもしれない。

注目なのはヘルメットの各所に“貼られてる風”の写真たちだ。数枚のチェキがヘルメットを彩っており、過去ホンダでタイトルを獲得したシーンなど今までにマルケスが活躍した名場面が写し出される。パッと見は黄色いテープによって写真がヘルメットに貼られているようにしか見えないが、これ実は全てが水圧転写による施工なのだという。

水圧転写とは、水面に絵柄のフィルムを浮かべ、そこに沈めたものに絵柄が転写されるという製法。ヘルメットには綺麗に実写として写し出されているだけでなく、黄色いテープもまるで本物かと思ってしまうほどリアルだった。ヘルメットに水圧転写技術が用いられることは一般的だが、ここまで鮮明に写し出せるとは素直に驚き。なお展示のヘルメットは参考出品のため、今後販売の予定はない。

一般ユーザーのヘルメットでもここまで鮮明なデザインができるのであれば需要がありそう。今回展示されたマルケスのヘルメットで水圧転写が持つポテンシャルの高さを実感することができた。

X-Fifteenについて

「X-Fifteen」は、空力性能をはじめとする卓越した性能により、世界のレース界を席巻した「X-Fourteen」の後継モデルとして2023年1月に登場したフルフェイスヘルメット。

時速350km/hを超える超高速走行でも安定した空力性能を発揮する完全新設計のエアロフォルムは、従来モデルと比較し、上方へ浮き上がろうとするLiftが1.6%、前方から押し付けられるDragが6.1%低減している。

また、あらゆるライディングシーンにフィットする快適さを追求し、風や雨の侵入を防ぐセンターロック式のCWR-F2Rシールドや、ノイズの発生を抑えてヘルメット内の静粛性を高める設計、アイポートの位置の調整による、より広い上方視界の確保など各所にブラッシュアップが施されている。

情報提供元[ SHOEI ] これ本当に全部塗装なの!? マルケス本人が使用してたヘルメットが秀逸デザインだった【モーターサイクルショー2024】 ギャラリーへ (9枚)

この記事にいいねする


コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら