【PR】ダイナモトジャパン

 

横方向にも回転するホイールでビッグバイクの位置替えも余裕

センタースタンドが付かないバイクにとって、リヤタイヤを浮かせるメンテナンススタンドは整備や洗車の必需品であり、愛車をガレージ保管しているオーナーにとっても車体を垂直に立てられる便利なアイテムである。

リヤタイヤのリフトアップを目的とした既存のスタンドに対して、リフトアップ後に前後左右自由に移動できるのがオーストラリアで開発された「ダイナモト」。カギを握るのは重量物の運搬用台車にも使用されている、耐荷重性能に優れた樹脂ホイールだ。接地部分に回転軸と直交するように樽形ローラーを配置することで、ダイナモトで前後輪をリフトアップしたバイクは前後に加えて左右方向への押し歩きも可能になる。

他のキャスター付スタンドは車輪根元の回転軸が動くので初動が重いが、このダイナモトは車軸が固定しているので引っ掛かりなく動かせる。バイクをスタンドアップしたままで手軽に自由自在に移動できるので注目を集めている。

ここでは神奈川県海老名市のバイクショップ、バズラボラトリーにて話題の電動バイク・エネルジカをダイナモトでリフトアップ。代表の内山学氏によれば「構成パーツが頑丈で信頼性が高く、押し歩きの安定感も優秀です。私自身も自由自在に転がるスタンドが欲しかったですし、ガレージ内での移動に困っている方におすすめできます」と高評価だった。

スタンドの既成観念にとらわれず、車重250㎏オーバーの大型車も楽々移動できるダイナモトは、ガレージ内移動の自由を手に入れた新時代のメンテナンス用品である。

フレームの左右に加えてハンドル部分にもホイールを装備するダイナモト。本体色は黒とオレンジがあり、前後セットで購入する際は前後同色となる。

dainamotojapansutand01

スタンドフックタイプ前後セット価格は9万5000円(税抜)。リヤ用右側アタッチメントはスイングアームのスプールに掛けられるループ形状を採用(通常形状も付属)。

dainamotojapansutand02

地面に接する樽形のローラーがホイール面と直交方向に回転するため、横方向から押してもスムーズに移動する。このホイールは重量物を搬送する台車にも使用されており耐久性と実績は充分。

こだわりのあるカスタムバイクを保管する際は、それに相応しいスタンドを使いたい。ガレージ内を自由に動かせるダイナモトなら、ツーリング後のメンテナンスや磨き上げ作業も楽にできる。

スイングアームのスプールを利用するスタンドフックタイプの他、BMWやドゥカティ等の片持ちタイプもある。BMW R1250GS( 最新のR1300GSも使用可能)用は9万5000円(税抜)。スーパースポーツモデルに多い中空アクスルシャフトタイプは10万5000円(税抜)。シャフト径や長さは機種ごとに異なるのでホームページで確認しよう。

dainamotojapansutand06_2
dainamotojapansutand6_2

リヤ用の使用方法は一般的なメンテナンススタンドと同様。持ち手となるハンドルは着脱式で、スタンドを掛けた後に前方に移せばストッパーとして機能する。

dainamotojapansutand07

フロント用はタイヤの下に差し込み、すくい上げるようにハンドルを押し下げる。リヤを先に掛けて車体を垂直にすれば、重量車でもテコの原理で軽くリフトアップできる。

dainamotojapansutand08_1
dainamotojapansutand08_2

前後だけでなく左右にも移動でき、ハンドルやフロントフォークを支えて斜めに押し歩くことも可能。「オーバースペックでは?と思えるほど堅牢な造りで、大型車にも安心して使えます」とバズラボラトリー内山氏。

dainamotojapansutand09

バズラボラトリーはカワサキ車主体のショップで、Ninja250R でもて耐にエントリーするなどモータースポーツにも積極的。最近はイタリア・エネルジカ社製電動バイクの取り扱いにも力を入れている。

情報提供元[ ダイナモトジャパン ] 【WebikePlus Vol.07】固定から移動への進化! 前後左右に押し歩ける最先端のバイクスタンド ギャラリーへ (11枚)

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら