デイトナから登場したハンターカブ用レッグシールド。ハンターカブで走ってると「レッグシールドがあればなー」って瞬間が結構あるんですよ。一番は冬場。レッグシールドの防風性能って半端ないので、冬場のライディングが凄く快適になるのよ。あと、レッグシールドがあるとステッカーを貼る面積がめちゃくちゃ増える。個人的にもこれポイント高め。
ハンターカブ用にもレッグシールド的なものはいくつか出てるんだけど、自分がチョイスしたのは、デイトナのレッグシールド。当初はJA65用のみだったんだけど、追ってJA55用も登場したので、さっそく装着してみたよ。

デイトナ ハンターカブ用レッグシールド

今回装着したのはこれ、デイトナのハンターカブ用レッグシールドのJA55用。JA65用もあるので、購入の際にはご注意を。

カラーはマットブラックとスモークの2種類。マットブラックはABS樹脂製で、スモークは耐衝撃アクリル製。いずれも厚みは2mm。
マットブラックも捨てがたいけど、スモークだと半透明なので立体感が出そうなのよね。

デイトナ ハンターカブ用レッグシールドを装着してみる

必要な工具

さて、自分のハンターカブJA55にレッグシールドを装着してみるよ。
必要な工具は以下の通り。

3mm六角棒レンチ
4mm六角棒レンチ
5mm六角棒レンチ
7mmレンチ
10mmレンチ
#2プラスドライバー

特別な工具はほとんど必要ないんだけど、7mmだけちょっと珍しいサイズ。レンチが見つからなくてかなり工具箱の中を探したよ。

装着してみる

まずは、事前準備。
車体のパイプにレッグシールドを固定するための片側サドルパーツの内側に、付属のノリ付ゴムを貼っておくよ。片側サドルは、JA55だと4個、JA65だと5個ね。

準備が出来たらレッグシールドの上側中央部分を固定するレッグシールドステーを車体に取り付けよう。
L字のレッグシールドステーと段付きカラーを付属のボタンボルトで締結するよ。組み合わせとしてはこんな感じ。

ハンターカブのセンターカバー上部にあるボルトを5mmの六角棒レンチで外して、カラー、レッグシールドステーの順番で取り付け。そしたら付属のボタンボルトで締結。
ボタンボルトは3mmの六角棒レンチね。レッグシールドの合いをみるためいったん仮締めで。

次はセンターカバー前側左右のボルトを5mmの六角棒レンチで外しておこう。その後、上側のレッグシールドを被せつつ付属カラーの小さい方を入れて付属ボタンボルトで仮締め。
位置決めを新調に行いたいので、この段階では上側レッグシールドの養生フィルムは剥がさない方が良いかも。

最初に組み立てた片側サドルをハンターカブの左右パイプ部分に取り付けていくよ。
JA55では左右2個ずつ。JA65だとそれプラス中央部分にも。
装着の向きとしては、片側サドルのボルト穴部分が外に出るようにね。はめる時は結構手ごわいので、破損しないように丁寧に。

下側レッグシールドを付けていくよ。片側サドルの位置を合わせつつ、付属トラス小ネジと付属皿バネナットで締結。上側の片側サドルを装着する際には、付属カラーの大きい方を入れるのをお忘れなく。

これで上下のレッグシールドが仮締めされたので、各部に無理な部分やうまくハマってない部分がないかチェックしておこう。

試しにハンドルを切ってみても問題なし。リフレクターの逃げも恐ろしい精度で整形されてる。

同様に、ステムまわりも左右にハンドルを切りつつチェック。こちらも恐ろしいほどの精度。ギリギリに見えるけど、意外と余裕。あとワイヤーやホース類の干渉がないかもチェックしておこう。

想像以上に精度高いおかげで位置決めは全然問題なかったので、一度上側のレッグシールドを外そう。
L字ステーのあたりは仮締めだからね。ちゃんと締結し直さなきゃなのよ。
自分はここで、上下とも一度外してあらためて付けなおしたけど、実際には上側だけやり直せばいいはず。

というわけで取り付け本番。まず上部のレッグシールドステーを本締め。

装着本番なので、養生フィルムを剥がしておこう。

上側レッグシールには、強力両面テープがついてて、この両面テープでレッグシールド同士を固定させる構造。

両面テープの粘着面を全部出してしまうと、装着途中に半端な位置で引っ付いてしまいそうなので、一計を案じてふちっちょだけめくっておくよ。
上側レッグシールドを取り付けつけて下側レッグシールドと合わせた後に、ふちっちょを引っ張っていけばうまいことズレもなく貼りつけ出来るはず。

両面テープにちょっと苦戦したけど、レッグシールド上下とも問題ない位置に装着されたので、あとは各部を本締めして完成。

完成したので装着状態をチェック

干渉もなく無事に装着出来たので、見た目をチェックしていくよ。まずは真正面から。

真横から見るとこんな感じ。意外と側面からだとそんなに目立たない。

斜め後ろから見ると立体感が合って凄くカッコイイ。

クリアランスをチェック

せっかくなので各部のクリアランスをチェックしていくよ。各部の合いは非常に良くて、ライダーへの防風とエンジンへの冷却を両立してる。

レッグシールドのヘッド部分は内側に追い込まれていて立体感のある構造。

まとめ

やっぱりレッグシールドがあると走行時の快適性が凄い。面が増えたので、ステッカーも貼り放題。SSTRとか、イベントに参加しまくってステッカーを増やしていく楽しみが増えたよ。

画像ギャラリー (28枚)

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

ホンダ CT125 ハンターカブの価格情報

ホンダ CT125 ハンターカブ

ホンダ CT125 ハンターカブ

新車 464

価格種別

中古車 116

本体

価格帯 40.6~58.29万円

45.79万円

諸費用

価格帯 2.9~3.72万円

3.07万円

本体価格

諸費用

本体

37.76万円

価格帯 30.85~62.25万円

諸費用

3.5万円

価格帯 2.91~3.59万円


乗り出し価格

価格帯 43.5~62.01万円

48.86万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

41.26万円

価格帯 34.44~65.16万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す