近年、交通事故の増加やその重大性に対する社会的な関心が高まっています。特に、バイクライダーにとって、安全な運転環境を確保することは至上の課題です。そのため、ドライブレコーダーの重要性がますます認識され、普及が急速に進んでいます。
ドラレコは、タクシーや輸送車両などでの事故把握を目的に導入され、その後、2020年国土交通省調べではクルマの装着率が5割を超えるほど普及しました。最近では、”あおり運転”の厳罰化などの社会的な動向もあり、バイクユーザーの間でもその重要性が認識され、急速にバイクへの装着が進んでいます。


今回は、JVCケンウッドから高画質と高品質、そしてGPS機能などといった魅力を兼ね備えたバイク用ドライブレコーダー『STZ-KBR010』がリリースされたので、その詳細をチェックしてきます!
 

  今なら、数量限定で「microSDXCメモリーカード 128GB」をプレゼント!

JVCケンウッドといえば、車用のカーステレオやナビゲーションシステム、そして車用のドライブレコーダーで知られていますが、バイク用に打ち出したこのドラレコもまた、その名に恥じない素晴らしさがありました。「映像に対するこだわり」が感じられるのもこの製品の魅力の一つです。

安全面での映像としてだけでなく「バイクを駆るとき風景がどのように変わるか」、「エンジンの音がどのように響くか」、それらを繊細に捉えることができるよう拘っているようで、特に峠やサーキットなどの走行シーンではその効果が際立つとのこと・・・!確かに、録画された映像を後で見返すと、まるで自分がその場にいるかのような臨場感が味わうことができ、その映像は音響家電製造メーカーならではの技術が活かされ、映像品質に対して真摯に取り組んでいる証拠だと感じました。

本記事では、バイクライダーにとってどのようにドラレコが有用であるか、そのメリットや、実際にJVCケンウッドのドラレコ『STZ-KBR010』の取り付け方法やレビュー、他社ドラレコとの比較などを詳しく解説していきますッ!皆さまの安心・安全なバイクライフを支える一助となれば幸いです。

ドライブレコーダーに求める性能は?

まずバイク用のドラレコを選ぶ際に、皆さんはどのような性能を求めますか?安全性や信頼性を重視する方もいれば、映像の鮮明さや広範囲な撮影範囲を重視する方もいるでしょう。そこで、ドラレコに求める性能を整理してみましょう!

まず、ドライブレコーダーに求める効果として、以下の点が挙げられます。

求める効果
万が一の事故の際に不利にならないように記録を残す
事故発生時には、自身の運転や周囲の状況を客観的に証明できる記録が必要です。

あおり運転から身を守る
他の車両からのあおり運転による被害を防ぐためには、あおり運転の状況をしっかりと記録することが重要です。また、後方カメラの存在がわかれば、煽る悪質運転者への抑止力に繋がり、悪質運転の抑止力になります。

そして、これらの効果を実現するためには、以下の性能が求められます。

求める性能
安定した記録性能
自動車よりも厳しい環境下での安定性や信頼性が必要です。悪天候や振動の影響を受けずに常に正確に記録を残すことが求められます。

鮮明な映像
ナンバープレートや信号の色など、重要な情報が鮮明に残ることが重要です。映像のクオリティが高ければ、証拠として有効な情報を得ることができます。

広範囲な撮影範囲
周囲の状況を広範囲に捉えることができるカメラ性能が求められます。事故や危険な状況を的確に捉えるためには、広い視野が必要です。

夜間の映りの性能
夜間や暗い場所でも映像が明瞭であることが重要です。夜間の映りが悪いと、事故の原因や周囲の車両の動きを把握するのが難しくなります。

これらの性能を備えたバイク用ドライブレコーダーが、安全なライディングをサポートするために必要不可欠です。自分のライディングスタイルやニーズに合ったドライブレコーダーを選ぶことで、より安心してバイクを楽しむことができるはずです。

音響と映像の「JVCケンウッド」がバイク用ドラレコをリリース!


映像に対するこだわりが強いJVCケンウッドから、高画質と高品質、そしてGPS機能などといった多くの機能をを兼ね備えたバイク用ドライブレコーダー『STZ-KBR010』がリリース!

JVCケンウッドといえば、車用のカーステレオやナビゲーションシステム、そして車用のドライブレコーダーで知られていますが、バイク用ドラレコも、「映像に対するこだわり」が感じられる製品の一つです。

バイク用ドライブレコーダー『STZ-KBR010』が手元に届いたので、さっそく詳細をチェックしてみましょう!

業界最小レベルのカメラサイズ

業界最小レベルのカメラサイズを誇るこのドライブレコーダーは、バイクの外観を損なうことがないセパレートタイプなので、収納スペースさえ確保できれば簡単な配線で取り付けが可能です。バイクの外観やスタイルを損なわずに取り付けができる点が大きな魅力でしょう。防水防塵性能も「IP66/67相当」と高水準なので、悪天候や振動に左右されることなく安定したパフォーマンスを発揮します。

高画質・広角撮影が可能!

映像に対するこだわりが感じられるのもこの製品の魅力の一つです。映像は「200万画素」の高解像度と「対角181度」の広い視野角で録画され、事故発生時に周囲の状況を正確に捉えることができます。

安全面での映像としてだけでなく、風光明媚な景色や思い出深いツーリングの風景を記録するのにも最適!

HDR撮影と電子式ブレ補正で昼夜問わず綺麗に撮影

暗所や明るい場所といった明暗の変化にも対応するHDR撮影により、逆光やトンネルなどでの映像品質をしっかり維持。さらに、エンジンの振動による画像のブレを抑える電子式ブレ補正に加え、東日本と西日本の両エリアのLED信号機に対応するためフレームレートを「27.5fps」にしている徹底ぶり。

ドライブレコーダーとしての性能は十分に備わっていますが、その映像は自然な色合いを保ち、明暗の変化やトンネル内などの特殊な状況下でもクリアに映し出されます。これは、メーカーが映像品質に対して真摯に取り組んでいる証拠でしょう!

衝撃感度設定5段階のGセンサー搭載

エンジンのON/OFFに連動して録画が自動でスタート/ストップする常時録画機能の他に、Gセンサー(衝撃感度設定5段階/OFF)によって衝撃を検知して自動で緊急録画領域に記録する機能や、必要なときに録画ボタンを押して手動でイベント記録を開始する手動録画など、安全面を考慮した機能が充実しています。

専用スマートフォンアプリ

無線LANが搭載されているのでスマートフォンとの接続が可能です。

専用スマートフォンアプリ

専用のスマートフォンアプリを通じて設定変更や動画のダウンロードが手軽に行えます。パソコンを使用しなくても映像がダウンロードできるシームレスな操作が実現され、利便性が格段に向上します。映像ファイルは「MP4形式」で録画されるため編集も容易で、データ容量の面でも利便性が高いです。映像の他に、日時や加速度、位置情報などのデータも記録され、事故やトラブル時には有用な証拠となります。

とにかく高品質

この製品は総じて"高品質"であることがうかがえます。車載機器を手がけるケンウッドの製品は、耐熱性や耐寒性、防水性など、あらゆる条件下での利用に耐えるよう厳しい検査基準をクリアし、夏の炎天下や冬の厳寒、雨天下でも安心して使用できる商品として、長期間にわたって安定したパフォーマンスを発揮してくれるはずです!

  今なら、数量限定で「microSDXCメモリーカード 128GB」をプレゼント!

取り付け準備

今回は、配線初心者の拓さんが、愛車のYAMAHA MT-09に取付をしたようです。横から見守ります。

製品構成

製品構成はこのようになっています。

写真では、全てのケーブルが接続されている状態ですが、整理してみると、本体から5つの異なるケーブルが出ており、それぞれ、
フロントカメラ、リアカメラ、操作スイッチ、GPSアンテナ、そして電源に繋がっています。シンプルな構造になっています。この他に、取扱説明書、両面テープ、結束バンド、数量限定特典のmicroSDXCメモリーカード 128GBが付属しています。

本体以外に用意したもの

車両に取り付けるのに便利なアイテムも一緒に購入しました。

リアのカメラをナンバープレートの左上にマウントできるカメラステーと、フロントフォークにクランプするタイプの「カメラステー」と、配線の加工をしなくても済むように「電源取り出しハーネス」も購入しました。

電源取り出しハーネスは、車種やメーカーごとに販売されているので必要のある方はぜひチェックしてみてください。

取り付け手順

1.本体の配置場所を考える

まず、バイク用ドライブレコーダーの本体の収納位置を確認する必要があります。

バイクシートを取り外してみると、ETC本体などが既に収納されており、他に収納する場所に悩みましたが現段階で決まらず、一旦バッテリーの上に仮置きしました。

2.カメラ・スイッチ・GPSの配線の取り回しを考える

まず、シート下にある本体からフロント部分に向けて、カメラ、GPSアンテナ、スイッチの3種類のケーブルを取り回します。この作業には、ガソリンタンクなどを外す必要があり、インジェクション車両の場合、燃料ホースが高圧カプラ式で取り外す必要があるため、やや手間がかかりました。

今回はエアクリーナーボックスまで取り外し、ケーブルを通せる隙間を探します。フレームに沿ってメインハーネスが通っていたため、同じようにケーブルを通すことにしました。

カメラの取り付け位置が決まったら、マスキングテープなどで仮止めし、配線は末端からドライブレコーダー本体に向かって引き回していくと作業が効率的です。余裕を持たせて長いケーブルになっているので、余った部分はバッテリー付近の本体に近い場所にまとめておきます。

設置箇所が決まったら取り付けです。
フロントカメラは、ラジエーター上部のメインハーネスに沿って取り回し、フロントフォークにクランプするカメラステーで取り付けました。ハンドルを切った際にケーブルが引っ張られないよう、適切な余裕を確保することが重要です。

スイッチは左ハンドルのスイッチボックスに両面テープで固定しました。操作が必要なときにすぐアクセスできる位置が好ましいです。また、インジケーターが光っており、録画状況が一目でわかりやすいのも良い点です。

GPSはステム手前のフレームに両面テープで固定しました。シート下に設置することも検討しましたが、外に露出させた方が精度が向上すると判断しました。

リアカメラは、ナンバープレートのマウントボルトと共締めして、ナンバープレートの左上に設置できます。このステーも穴にボルト止めでカメラをマウントできるため、両面テープよりもしっかりと設置できます。

3.バッテリーから電源を取る

ドライブレコーダーの電源には、3本の電源ケーブルを接続する必要があります。(1本の電源ケーブルから3つに分岐されている)
それぞれ、バッテリー電源(赤)、イグニッションスイッチ連動電源(黄色)、そしてアース(黒色)です。

バッテリー電源は、バッテリーの+端子に接続され、アース電源はバッテリーの-端子かボディアースに接続します。

そして、イグニッションスイッチ連動電源は、キーオン時に通電する箇所に接続されます。例えば、ヘッドライト、テールライト、ホーン、メーター照明などです。MT-09の場合は、先に述べた電源取り出しハーネスを使用してACC電源を確保しました。

準備した電源取り出しハーネスはギボシ仕上げになっていましたので、ドライブレコーダー側のイグニッションスイッチ連動電源(黄色)にギボシに付けて使用しました。

4.配線を収納する

設置が完了した後は、余った配線をタイラップで優しくまとめ、様々な隙間に格納しました。
設置箇所は、圧力がかからない場所や、水や雨がかからない場所、そしてエンジンの温度などで高温にならない場所に配置しましょう。

自分で作業するのが不安であれば、「Webikeピットイン」がオススメ

Webikeピットインとは、Webikeで購入した商品をバイクショップへ取り付け依頼し、そのまま直送できるサービスです。

自分で作業できないような商品の取り付けなどに、ぜひご活用ください!

インプレション

実際に撮影した映像をご覧いただきましょう!今回は、事故の多い雨天時の走行動画です。

雨天時の走行動画

・昼間撮影(雨天)

・夜間撮影(雨天)

視野角は水平で147°/対角線上ではなんと181°というスーパーワイドな仕様で、ほぼ真横まで広く視界を確保します。対向車のナンバープレートも確認できるほどの高画質で撮影できます。さらに、走行中のエンジンの回転が上がる音まで聞こえ、臨場感の感じる映像が確認できました。

さらに、バイクの強い振動があるにも関わらず、強力な手ぶれ補正によって振動も抑えられることで周りの状況が把握できる映像が撮れました。事故時の映像だけでなく、ツーリングなどの記録にも適した映像になりますね。

関東地域で走行ですが、信号の色も確認でき、昼夜・天候を問わず周囲の様子やナンバープレートまで捉えることができました。万が一の事故時には、自らの無実を立証するための十分な証拠となるでしょう!

アプリケーションについて

このドライブレコーダーには、Windows、MAC、そしてスマートフォンアプリに対応した専用アプリケーションが用意されています。PCソフトでは、それらのプラットフォームでの表示機能が充実しています。SDカードに保存された動画から、走行記録の詳細を確認することができます。

・前方および後方カメラの映像をシームレスに連続再生
・GPS記録から、マップ上に軌跡を描画してくれる
・GPS記録から、リアルタイムの速度も確認できる
・Gセンサーのログから、リアルタイムで3軸の加速度を確認できる

スマートフォンと接続する場合には、Wi-Fiの初期設定が必要です。取扱説明書に接続方法が詳しく記載されており、簡単に接続できました。Wi-Fi接続をした状態で専用アプリケーションを起動すると、撮影した映像の再生や設定変更などが直感的に行えます。万が一の事故時にはスマホで映像を確認することも可能ですし、さらにツーリング中には動画をリアルタイムで共有することだってできます。

格安ドラレコとの比較

筆者けんたろうは、BMW R100に格安の前後ドラレコ(撮影開始するとなんか喋ります)を搭載しています。買ってから2年くらいは経っていると思いますが、映像を比較をしてみると一目瞭然でした。

ケンウッドのドラレコは、ご覧の通り超広角。空の明るさでも白飛びせず、ナンバープレートまでハッキリ確認できました。
対して格安ドラレコの方は、前の車両のナンバープレートは辛うじて確認できるももの、すれ違う車のナンバープレートは確認ができませんでした。

夜に関しては大きな違いが現れました。
ケンウッドのドラレコでは、後続車のヘッドライトで後方カメラを照らされているにも関わらず、後続車のナンバープレートがハッキリと確認ができます。
対して格安ドラレコの方はナンバープレート以前の話で、後続車のヘッドライトによって映像が壊れたように白く飛んでしまい何も見えない状態でした。後続車が居なければなんとか状況は確認はできますが、ドラレコとしての機能を果たせていない状態。これでは意味がない・・・・。

ドラレコの映像って今まで見返す機会はありませんでしたが、まさかここまで差があるとは。。と思った次第でした。(お小遣い貯めて買おう・・・。)

ケンウッドの『STZ-KBR010』は、オススメできるドラレコ!

映像をみていただいて、わかっていただけたと思います。

ドライブレコーダーとしての性能は十分に備わっていますが、安全面での映像としてだけでなく「バイクを駆るとき風景がどのように変わるか」、「エンジンの音がどのように響くか」、それらを繊細に捉えることができるよう拘っているようで、特に峠やサーキットなどの走行シーンではその効果が際立つとのこと・・・!確かに、録画された映像を後で見返すと、まるで自分がその場にいるかのような臨場感が味わうことができ、その映像は音響家電製造メーカーならではの技術が活かされ、映像品質に対して真摯に取り組んでいる証拠だと感じました。

もはやアクシデント対策の道具だけにとどまらず、ツーリングやサーキット走行といった楽しみ方も改めて気づかせてくれた気がします。思い出深いツーリングの風景やサーキットでの走行記録を記録することで、バイクライフをより豊かに彩ることができるでしょう!

さまざまなドラレコが存在し、価格帯も幅広くなっている中でもケンウッドのドラレコは、高品質な機能にもかかわらず手頃な価格で提供しています。安全だけでなく、楽しみも兼ね備えたドライブレコーダーを手に入れて、新たなバイクライフを満喫しましょう!

KENWOOD:バイク用ドライブレコーダー【STZ-KBR010】

ドライブレコーダーの画像をチェックする (25枚)

「インプレッション投稿」で、更にポイントを進呈!

Webikeでは、皆さんの貴重なインプレッションを大募集しています。実際に使った商品の感想や意見をお聞かせください。絶賛、感激、辛口、辛辣、どんなコメントも大歓迎です。他のライダーにとって有益な情報になるはずです!

バイクウェアやバイクパーツを買ったりするとき、周囲の知人・友人の意見を参考にすることはありませんか?「このジャケットのサイズ感はどうなの?」、「あのマフラーはパワーがでるの?」、「タイヤを換えたいけど、グリップと耐久性のバランスが良いものは?」など、皆さんのバイクライフをより良いものにするための情報収集に役立つはずです。

バイク文化を盛り上げるために、ウェビックでは様々な意見が聞きたいと思っています。バイク文化の主役はバイクに乗っている皆さんです!皆さんが投稿してくれたインプレッションを通じて、このサイトを訪れるライダーがもっと楽しいオートバイライフを過ごしていただければと思います。

インプレッションの内容に応じて、最大500円分のポイントをプレゼントいたします!さあ、今すぐ「インプレッション」を投稿して、バイクコミュニティに貢献しましょう!

ドライブレコーダーの画像をチェックする (25枚)

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら