デイトナの作成したカワサキ Z650RSのデモ車がOOSAKAMCショー会場でデビューしたので撮影してきました。
デイトナ製らしく全てのパーツはボルトン、もちろん車検対応です。

既に発売中の商品が全て装着してある他、『参考出品』や『発売予定』の試作品も多数装着してあります。
さらに、デイトナで発売していないマフラーはSP忠男の試作品が装着されており、こちらも要注目です。

デイトナ+SP忠男+カワサキ純正アクセサリー

一昔前までパーツメーカーの作成したデモ車というのは自社製品のみを装着しているのが普通でしたが、最近は自社製品として発売予定の無いパーツであれな他社の良い製品を装着する事が多々見られるようになってきました。

デイトナのデモ車も例外ではなく、Z650RSのデモ車にはデイトナ製ではないパーツもしっかり装着されています。
特に、今回装着してあるSP忠男製のパワーボックスフルエキゾーストは市販化前の試作品でした。
あまりに自然なので見過ごしてしまった人も多いかもしれません。

デイトナの作成したZ650RSデモ車は試作品満載、SP忠男の試作マフラーも装着されていて注目

デイトナのブースに展示されていたZ650RSのデモ車、マフラーにSP忠男の試作品が装着されている
完成度が高すぎるので「既に市販されている製品」にしか見えない

デイトナの作成したZ650RSデモ車は試作品満載、SP忠男の試作マフラーも装着されていて注目

SP忠男のパワーBOXフルエキゾーストは4月発売予定とのこと
価格は未定であったが近日発売にるはず
参考出品となっていたコージーシートにも期待したい

デイトナの取り扱うパーツも山盛り

デイトナのブースにあったデモ車なので、もちろんデイトナ製品が満載です。
既存の汎用品で装着可能な物が出来るだけ装着してあるので、装着したら「こんな感じ」という参考に最適でしょう。

また、試作品、参考出品の物も多数装着されています。
オーナーの方は期待して発売開始をお待ちください。

デイトナの作成したZ650RSデモ車は試作品満載、SP忠男の試作マフラーも装着されていて注目

ブレーキのマスターシリンダーはNISSINのリザーバータンク別体型
キャリパーに合わせて横型のφ14mmがチョイスされていた
レバーと本体で様々なカラーの組み合わせが選択でき、デモ車の組み合わせ(ボディ:ブラック、レバー:バフクリア)は¥14850(税込)

デイトナの作成したZ650RSデモ車は試作品満載、SP忠男の試作マフラーも装着されていて注目

ハンドルスクランプ ¥13200(税込)、削り出しセパレートハンドル用ストレートバー ¥3190(税込)、AQUAPROVA 【アクアプローバ】 HG テンプメーター ¥11880(税込)、タンクパッド ¥1815(税込)、フューエルキャップパッド(ポッティングタイプ) KAWSAKI 3 ¥1980(税込)を組み合わせたコックピットの眺め
ハイビジミラーは開発中、テンプメーター用のステーは参考出品の物だ

デイトナの作成したZ650RSデモ車は試作品満載、SP忠男の試作マフラーも装着されていて注目

NISSINブレーキマスター用スモークタンク ¥3080(税込)と、PREMIUM ZONE マスターシリンダータンクキャップ 【NISSINΦ59】 ¥6600(税込)を組み合わせたところ
交換したリザーバータンク別体式マスターシリンダーならではの楽しみだ

デイトナの作成したZ650RSデモ車は試作品満載、SP忠男の試作マフラーも装着されていて注目

PREMIUM ZONE ハンドルバーエンドプラグ TECHNO 汎用タイプは2023年5月発売予定の開発試作品、 ¥7920(税込)が予定されている
GRIPPY GRIPと名付けられたアルミベース一体型のグリップも開発中の物だ
ゴム製の味気ないグリップが一気に華やかになるので発売を期待したい

デイトナの作成したZ650RSデモ車は試作品満載、SP忠男の試作マフラーも装着されていて注目

フェンダーレスキット ¥27500(税込)、EDウインカー D-Light SOL ¥12650(税込)、PREMIUM ZONE ナンバーホルダーセット ¥1430(税込)、アシストグリップ ¥6600(税込)などが使用されたリヤ周り
チェーンガードは参考出品だが、これも期待できそう

デイトナの作成したZ650RSデモ車は試作品満載、SP忠男の試作マフラーも装着されていて注目

フロントディスクはデイトナの扱う「BRAKING(ブレーキング)」製の試作品で、6月に ¥34980(税込)での発売が予定されている
左右で約7万円だが、制動能力、ブレーキタッチの大幅向上は間違いないだろう
『安全を買う』という意味でも有効なカスタムだ

デイトナの作成したZ650RSデモ車は試作品満載、SP忠男の試作マフラーも装着されていて注目

エンジンガード ¥33000(税込)とラジエターキャップ ¥1650(税込)はデイトナ製
ガソリンタンク下のサイドカバー ¥7304(税込)とラジエタースクリーン(ラジエターコアガード) ¥10527(税込)はカワサキ純正オプションだ

デイトナの作成したZ650RSデモ車は試作品満載、SP忠男の試作マフラーも装着されていて注目

SP忠男のパワーボックス試作マフラーが目立つが、PREMIUM ZONE ライダー側ステップ PZR-03 KAWASAKI車用 ¥18480(税込)とPREMIUM ZONE パッセンジャー側ステップ PZP-08 KAWASAKI車用type2 ¥18480(税込)にも要注目
【マルチステップ用補修部品】 回転プレート ¥2750(税込)を使う事で僅かにアップステップ化しているのも参考になる
ポリスポーツ製のエンジンカバーは開発中の試作品で価格未定、オイルフィラーキャップは残念ながら廃番となった物で入手不能だ

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
 
       
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ Z650RSの価格情報

カワサキ Z650RS

カワサキ Z650RS

新車 69

価格種別

中古車 14

本体

価格帯 95.76~105.6万円

104.88万円

諸費用

価格帯 7.2~7.83万円

7万円

本体価格

諸費用

本体

90.5万円

価格帯 85.8~95.8万円

諸費用

7.21万円

価格帯 6.6~7.51万円


乗り出し価格

価格帯 102.96~113.43万円

111.88万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

97.71万円

価格帯 92.4~103.31万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す