秋から冬はライダーにとって厳しい季節になります。
実際に、寒い走行風で体の芯まで冷え切って、運転に集中できなくなることも多々あります。
そんな厳しい季節、少しでも快適にバイクライフを送るための防寒着はジャケットだけでなく、パンツも強くおすすめします。
ということで、今回は秋から冬に最適な防寒パンツを種類別に紹介していきます。

バイク用防寒パンツの種類

バイク用防寒パンツは大きく分けて、「オーバーパンツ」「直履き」の2つの種類があります。
また、オーバーパンツの履き方には「巻きつけなどのタイプ」と「履くタイプ」があって、それぞれメリット・デメリットがあり特徴も違います。

オーバーパンツ

メリット
・防寒性に優れている
・気温によって脱ぎ履きができる
・耐久性があるので長年使用可能
デメリット
・着ぶくれする
・透湿性の高い商品でないと蒸れてしまうことがある
・シート上で多少滑りやすくなる

オーバーパンツとは、ズボンの上から重ね履きできるものです。

温かい室内で厚手のパンツを履いたままだと暑くて汗をかいてしまい、またバイクに乗り始めた時に汗が冷えの原因となってしまいます。
しかし、オーバーパンツなら手軽に脱ぎ履きができて、体温調節が可能になるでしょう。
サイズについては、普通のパンツより大きめに作られていますが、余裕を持たせるためにもいつもより大きめサイズを選ぶことをおすすめします。

オーバーパンツの履き方

オーバーパンツの履き方には、以下の2つのタイプがあります。
それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合ったタイプを選んでみてください!

巻きつけなどのタイプ
メリット

・脱ぎ履き時に靴を脱がなくていい
・巻き付けによって自由自在にサイズ調整が可能
・価格が比較的安い

デメリット

・履くタイプよりも防寒性が劣る
・シルエットが大きく見えてしまう

履くタイプ
メリット

・圧倒的な暖かさ
・スリムなシルエットデザイン

デメリット

・脱ぎ履きのしにくさ
・価格が比較的高い

脱ぎ履きのしやすさなのか、圧倒的な暖かさを取るのか。最大の違いはこれだと考えられます。
巻きつけなどのタイプは、通勤・通学のときだけ防寒対策したいという方などにおすすめです。履くタイプは、オーバーパンツでもスリムなシルエットでコーデしたい方などにおすすめです。

直履き

メリット
・重ね履きによる着ぶくれがないため、動きやすい
・バイク乗車時のスタイルが崩れない
デメリット
・オーバーパンツよりも防寒性は劣る
・価格が高い

直履きとは、普通のパンツのように履くことができるものです。

ウインターパンツやライディングパンツなどがこれにあたります。オーバーパンツは着ぶくれしてしまい、動きにくさを感じることが多少あります。しかし、直履きは防寒性が劣るものの着ぶくれすることなく動きやすいです。
一見、普通のパンツのように見えますが、ライディングパンツの基本機能である立体裁断やプロテクター内蔵などを備えつつ、防風性や保温性も兼ね備えています。

おすすめバイク用防寒パンツ8選

オーバーパンツ編

ROUGH&ROAD:ラフ&ロード|イージーラップオーバーパンツ

コスパ最強!ラフ&ロードの大人気オーバーパンツ

おすすめポイント
・ベルクロで巻きつける簡単脱ぎ履き方法
・コンパクトに収納可能
・ズリ上がり防止フラップ

装着はとっても簡単!「履く」のではなく、ベルクロで「巻きつける」タイプ。
靴を脱がずに履くことができるので、忙しい朝や急に寒くなった時は気軽に脱ぎ履きができます。
また、コンパクトに収納可能なので、持ち運びしやすいです。

ROUGH&ROAD:ラフ&ロード|WSプリマロフト(R)ポーラーカーゴパンツLF

ラフ&ロードNo.1の極寒仕様のポーラーカーゴパンツ

おすすめポイント
・チタンスパッタリング(裏地)とプリマロフト®中綿で極寒仕様
・裾にはストームガード、腰は着脱可能なウエストゲーター
・ウエストアジャスト機能付き
・9つのポケット付き

プリマロフト(R)とは、あの米軍も採用しており、ダウンの8倍も暖かいと言われています。また、羽毛のように軽くて保温性と柔軟性をもち、羽毛にはない撥水性も発揮します。そのため、洗濯も可能になっています。

直履きでもオーバーパンツとしてもOKなので、幅広い期間使用することができる使い勝手のよい一品です。
ウエストアジャスト機能で腰周りを調整できるので、食後のお腹の変化にも対応できます。さらに、裾にはストームガード、腰は着脱可能なウエストゲーターがあるので体熱を逃さず、外からの冷気の侵入を防ぎます。

KOMINE:コミネ|PK-908 ウインターオーバーパンツII

迷ったらこれ!リーズナブルで使い勝手の良いオーバーパンツ

おすすめポイント
・サイドジッパー方式の簡単脱ぎ履き方法
・ウエストアジャスト機能
・滑り止めパッチ装備
・保温性を高める中綿入り

保温性については、商品インプレッションでも暖かいという意見が多く上がっている大人気商品です。
装着方法は、右側面がジッパーでフルオープンになるサイドジッパー方式を採用しています。
また、おしりの部分に滑り止めパッチがついているので、オーバーパンツでありがちなシートの上で滑ってしまうこともありません。

直履き編

RS TAICHI:アールエスタイチ|RSY555 ウインドストップ ソフトシェル パンツ

スリムなシルエットがかっこいい!ソフトシェルパンツ

おすすめポイント
・ストレッチ素材を使用
・両サイドのベルトで、ウエストサイズの調節が可能
・股下サイズは通常丈のほかにショート丈もラインナップ
・膝はCEレベル2のプロテクターを標準装備

表地に防風性と伸縮性に優れたソフトシェル生地を、裏地には肌触りと保温性の良いフリース生地を採用しています。
膝にはCEレベル2のプロテクターを標準装備し、転倒時のダメージを軽減させてくれます。
ウインターパンツの中でもスリムなデザインなので、防寒性と見た目のかっこよさを求めている方にはおすすめです。また、裾にかけてテーパードなのでブーツイン、アウト両方のコーデが可能です。

ROUGH&ROAD:ラフ&ロード|デュアルテックスウインターカーゴパンツLF

スマートなデザインと高性能生地のウインターカーゴパンツ

おすすめポイント
・ルーズフィット仕様で幅広いウエスト調整が可能
・股下サイズは通常丈のほかにショート丈もラインナップ
・防風・防水・透湿仕様
・直履き・オーバーパンツでもOK

カーゴパンツならではの多数のポケットをもち、耐久性と履き心地の良さが目立つ一品となります。
ウエストルーズフィット仕様で幅広い調整が可能なため、直履きでもオーバーパンツでも使用できます。
表地には天気に左右されることのない防風・防水・透湿素材のデュアルテックスファブリクスを、裏地には中綿ウォームマックスを採用しているため暖かさは抜群です。
ベーシックな装いが、着用場面を選ばないデザインなので利便性がよいでしょう。

POWERAGE:パワーエイジ|PP-20231 ソフトフィットパンツ

ストレッチ性とやわらかさで履き心地抜群! ソフトフィットパンツ

おすすめポイント
・シームテープ加工、フロントフラップ構造
・ウエスト調節ベルト、安心の尻部二重構造
・ニーグリップパッチ付き
・ヒートガード(耐熱補強)付き
・直履き・オーバーパンツでもOK

直履きでもオーバーパンツでもOKなサイズ感で仕上がっており、パワーエイジ独自のバイク用立体裁断で、運動性能も抜群です。
体にフィットするしなやかな素材が心地よい履き心地を与えてくれます。
また、透湿・超撥水性はもちろん、フロントファスナー部分にフロントフラップ構造に加え、縫い目からの浸水を防ぐシームテープ加工を施した防水仕様で急な雨も安心です。
さらに、冷えを感じやすい太ももの脇にボアをいれているため寒さ対策もバッチリです。

番外編(デニムパンツ)

56design:56デザイン|【56design×EDWIN】3D FIT WILD FIRE DENIM CORDURA(R)

56design×EDWINのコラボジーンズ!寒くてもおしゃれにコーデしたいあなたに!

おすすめポイント
・車体を傷つけにくい低頭リベットを採用
・コーデュラデニムファブリックを使用
・膝部分のトリプルニー構造
・56designオリジナルでカッティングされた立体裁断 3D systemで動きやすさが向上

元motoGPライダー中野真矢氏がプロデュースする『56design』と、国内随一のジーンズブランド『EDWIN』のコラボによって作られているライダースジーンズ。
履いたときのスマートなシルエットに加え、乗車時の履き心地も考えられています。
生地素材はEDWINが開発した防風性、透湿性、ストレッチ性に優れたコーデュラデニムファブリックが使われています。さらに、防風フィルムで風を通さず起毛裏地で保温、さらに伸縮性に優れ強度のあるジーンズ生地を使用しています。
オプションのニーパッドが入る部分は高さ調整可能で、プロテクション性と自然なフィット感を両立しています。

まとめ

これからの季節、ジャケットだけでなく、パンツの防寒性は非常に重要となります。
着用するシチュエーションによって、重視したい機能やデザインは異なってきます。自分にぴったりのバイク用防寒パンツを選んで、もっと楽しく快適なバイクライフを送りましょう。
webikeでは、これまで紹介してきた商品以外の物も数多くラインナップしているので、ぜひチェックしてみてください。

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら