やっていますかバイクのメンテ!
バイクのメンテナンスでは実に様々なアイテムを使います。そんな数あるアイテムのなかで使用率TOP3圏内には絶対入ってくるであろう「ペーパーウエス」にスポットを当てました!

ペーパーウエスがあるとかなり便利に

バイクのメンテナンスの中で「拭き取る」という動作はかなり多いです。
バイクはオイルやグリース、鉄粉などありとあらゆる汚れを溜め込んでいます。これらをキレイにするためには汚れを浮かすクリーナー(溶剤)と、それを拭き取るウエスが必要不可欠です。

使い古しのタオルや布の切れ端などを使う人も多いですが、バイクの汚れはかなりしつこく、元のキレイな状態に戻すことはまず不可能です。洗濯するのも他の洗濯物に汚れが移ってしまいそうで気が引けますし、毎度手洗いでゴシゴシするのも骨が折れます。(肌が弱いとめちゃくちゃ荒れます。)

その点、ペーパーウエスは使い捨てが前提で常にキレイな状態で使用できてかなり便利です!

手拭き紙とかじゃダメなの?

どうせ使い捨てるなら台所やトイレにある手拭き紙なんかでもいいじゃないかと思ってしまいます。

が、実際にやってみるとわかります。ダメです。後悔します。
試しにホイールを手で回しながらチェーンの汚れを取ってみます。

ご覧の通り、ものの数秒でボロボロになってしまいました。

ティッシュやキッチンペーパーも同様にすぐにボロボロになり、カスが飛散してかえって汚れてしまいます。

大きな違いは素材の強度。しつこい汚れを拭き取るには相応の強度が必要です。

ペーパーウエスの定番といえば?

筆者基準ですが、ペーパーウエスの定番といえばこのスコット「ショップタオル」。
Webikeスタッフにも愛用者が多く、DIYユーザーからプロまで幅広く使われている印象です。素材は不織布で手触りもよく、耐久性にも優れています。

その他、とにかく素材がソフトで塗装前のカウル表面の脱脂などで重宝するデイトナ「キムタオル」。



ちょっと高級ですが、紙ホコリがたたずよりデリケートなキャブやエンジン周りのメンテンナンスに適したワコーズの「MET メカタオル」もバイク屋さんなどでは良く見かけます。


「破れにくい」といま密かに話題のペーパーウエスがあるらしい

最近、Wbikeスタッフの中で密かに話題のペーパーウエスがあります。
それがこちら。

EMC | 破れにくいペーパータオル


新進気鋭のこちらのペーパーウエスは「破れにくい」と銘打たれています。ペーパーウエスにとって強度、すなわち破れにくさはかなり重要です。

本当に破れにくいのか?汚れの吸収性はどうか?定番のスコット「ショップタオル」と比較しながら検証していきたいと思います!

定番のペーパーウエスと比較してみた

まずはサイズと枚数の比較です。

サイズ、枚数の比較

EMC:破れにくいペーパータオル スコット:ショップタオル
サイズ 275mm×240mm 279mm×239mm
枚数 60枚 55枚
ロール総面積 39,600平方センチメートル 36,675平方センチメートル

1枚あたりのサイズはわずかにですがEMCの方が大きく、枚数も5枚多いため、単純に面積でみてもEMCのほうが大きいです。

正確には測れませんでしたが、手触りの感じからも1枚あたりの生地の厚みはスコットのほうが厚く感じました。

素材、肌触りの比較

いずれも素材はペーパーウエスとしては一般的なパルプとポリプロピレンの不織布。
EMCの表面にはエンボス加工が施されていて、スルスルとした手触り。スコットには凹凸などの加工はありませんが、柔らかくいかにも吸収性が良さそうな感じです。

吸収性、耐久性の比較

ここからは肝心の耐久性の比較に入ります。ほどよく汚れたチェーンを清掃していきます。

まずはチェーンディグリーザーを吹いて汚れを浮かせます。

本当はチェーンブラシなどでゴシゴシしたほうが良いのですが、今回はこのまま汚れを拭き取っていきます。
まずはスコットのペーパーウエスを押し当て、スプロケットとチェーンの間に手を挟まないよう回転に注意しながらゆっくり回転させていきます。

いやぁ、汚れてますね……。汚れがよく拭き取れています。が、チェーンを3周ほどしたあたりからウエスが破れてしまいました。

お次はEMCのペーパーウエス。ミシン目で切り取ろうとした際に、スコットのペーパーウエスと同じ力加減で切り取ろうとすると全く切れなくて「え?」となりました。

このようにパァーンとエキスパンダーの如く勢いよく張ってもなかなか破れない……。これは期待大。

先程と同様にチェーンに押し当ててゴリゴリ拭き上げていきます。3周、4周、5周……と負荷を重ねても一向に破れる気配がありません。

「え、こんなに違うの……!?」
結果、破れることなくチェーン清掃が終了してしまいました。この結果には素直に驚きました。
この汚れ具合から汚れの吸収性と、全く手加減していないことはわかっていただけるかと思います。

そして個人的に良かったのが、このように先端をキュッと締めて尖らせて……、

スプロケットのフチなどの狭い箇所や頑固な汚れを一点集中のパワープレイで攻略できるところです。
同じことを従来のペーパーウエスでやろうとするとすぐにボロボロになってできませんでした。

検証終了!
汚れをたくさん吸収してくれたペーパーウエスさん、ありがとう!

「破れにくい」は本当だった

結論として、EMCのペーパータオルの「破れにくい」は本当でした。
これまでずっと他のペーパーウエスをなんとなく使ってきましたが、もっと早く知りたかったですね。
値段も安いのですごくおすすめできます!みなさんも是非「破れにくい」を体験して驚いてください!

あわせて読みたい

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら