日を追うごとに朝晩の冷え込みが強くなっていますね。赤く色づいた紅葉が終わりを迎えるといよいよ冬の到来です。
特に最高気温が都心部でも15℃を下回ると、オールシーズンジャケット(3シーズンジャケット)では防寒が追いつかなくなってきます。そこで活躍するのがウィンタージャケットです。

今回は、ウィンタージャケットの中でも『最強』クラスの暖かさを誇るアイテムを一挙ご紹介致します!

目次

『オールシーズンジャケット』と『ウィンタージャケット』との違いとは?

20231201_gge24746234_photo-768x576_resulte

そもそも『オールシーズンジャケット』と『ウィンタージャケット』では、どのような違いがあるのでしょうか?

まず『オールシーズンジャケット』ですが、別名3シーズンジャケットとも呼ばれています。ここで言う3シーズンとは「春秋と、夏か冬かのどちらか」になり、同じオールシーズンジャケットでも”その性格をどちらに振っているか”で分かれ、例えばメッシュ生地+防風インナーの組み合わせの場合、夏向けのオールシーズンジャケットになります。
オールシーズンジャケットは大まかに以下3つの特徴があります。

  • 中綿(保温・断熱材)が含まれていない、もしくは薄い。
  • 暑く感じたときの対策としてベンチレーションが設けられている。
  • インナー(防風ライナー、もしくは中綿入りのインナー)が着脱式になっている。
  • オールシーズンジャケットは、秋から初冬にかけて対応できるように設計されており、真冬の寒い状況下ではジャケット自体の保温効果が低いためおすすめできません。

    一方『ウィンタージャケット』はその逆で、以下のような特徴を備えています。

  • 外側の生地に保温性の高いもの、もしくは防風効果の高いものを使用している。
  • 十分な量の中綿を備えている。
  • 首まわり、手首まわり、裾まわりがタイトめで外気が入りづらい形状を採用している。
  • チャック開閉部に止水ファスナー(防水効果より防風効果を狙ったもの)を採用している。
  • ウインタージャケットは、体温により暖められたジャケット内部の空気を外に逃がさず、更に外の冷たい空気を中に入らないような設計になっています。

    一言で言うなれば、『オールシーズンジャケット』と『ウインタージャケット』との違いはズバリ「保温力の差」にあります。
    この保温力を高めるために、各社ともダウンの質や量を調整したり、シンサレートやプリマロフトといった高機能素材を採用したりしています。

    『ウィンタージャケット』と『電熱ジャケット』はどちらが暖かいのか?

    20231201_gge20231122_witnerjacket_resulte

    もう一つ、「『ウィンタージャケット』と『電熱ジャケット』を比べるとどちらが暖かいのか?」というギモンに回答しておきます。
    これはもう、暖かいのは圧倒的に『電熱ジャケット』です。理由は簡単で「ジャケット自体が発熱するのは電熱アイテムだけ」だからです。

    ウィンタージャケットが優れているのは、あくまで「保温力」です。

    ”人間の体温で発熱した熱を如何に維持するか”というのがウィンタージャケットの考え方なので、体温以上に発熱する電熱ジャケットとはそもそも比較のしようがありません。しかし、電熱ジャケット自体の保温力はウィンタージャケットほど優れてはいないので、長時間走行していると走行風により熱が逃げて、電熱ジャケットを着ていても寒いと感じるようになってしまいます。

    また、電熱ジャケットにはもう一つ弱点があります。それは「バッテリーの持ち」です。そこそこ外気温が暖かい場合、省エネモードへ切り替えることで日帰りツーリング程度であれば十分持ちますが、高出力モードで使用し続けると、半日程度でバッテリー残量がなくなってしまいます。予備のバッテリーを持参するか(充電を忘れないように!)、車体に直接つなげる方法にするかで解決出来ますが、いずれにしても注意が必要なポイントです。

    結論としては、暖かいのは圧倒的に『電熱ジャケット』
    ただし、その暖かさを持続させるために、保温効果の高いウィンタージャケットと組み合わせた方が良い。ということになります!

    2023年最強のウィンタージャケット【カジュアルジャケット編】

    POWERAGE:パワーエイジ |N-3Bライダース

    カジュアルテイストのイメージが強い「パワーエイジ」ですが、この『N-3B ライダース』の暖かさは別格です。

    冷えやすい腰回りをしっかりとカバーするロング丈が特徴で、3重のフロントフラップ構造とウエストゲーターが、正面からの冷気の侵入を徹底的にシャットアウトします。更に、急な雨にも対応する防水生地が採用されています。
    また、中綿となめらかな肌触りのボアの極暖インナーとの相性が抜群で、寒冷地でも快適に乗り切れます。

    実用性もばっちり。逆開ファスナーで裾部分を開ければ、乗車時のウェアのずり上がりを軽減し、ボトムスへのアクセスもスムーズです。フロントボタン下2つにはタンク傷つき防止カバーが付いており安心して使えます。防風性の高い3重のフラップや、バイク専用の立体構造で運動性も抜群。肘プロテクター固定ベルトや袖ファスナーなどもしっかり考慮されています。

    そして、季節や天候に合わせて脱着可能なフードも特徴の一つ。さらに、肩・肘・背中プロテクターが標準装備され、安全面でも頼りになります。

    男性モデルと女性モデルのサイズ展開もあり、自分にぴったりのサイズを見つけられるはずです。見た目のカジュアルな雰囲気からシティユースと思われがちですが、高速を使用した長距離ツーリングまでこなす最強の防寒ジャケットです。

    2023年最強のウィンタージャケット【スポーツジャケット編】

    KUSHITANI:クシタニ|アキュートジャケット

    前傾姿勢の強いスポーツバイクに乗った場合、腰回りのフィット感が気になるところですが、そこでおすすめしたいのが「クシタニ」の『アキュートジャケット』です。

    半面に施されたスプレット柄エンボスとアシンメトリーな配色デザインが目を引く一着。防水仕様でツーリングにも対応し、高速走行時のばたつきを最小限に抑える機能が袖や身頃に備わっています。脱着式防寒インナーにはダウンライク素材を使用しており、他社品と比較してもはっきり分かるくらいダウンがパンパンに詰まっていることと、ダウンが入っている部屋が細かく分かれていることで暖かさも抜群です。

    機能面では、ネオレーシングブレストパッドの装着が可能で、首後ろの独自のパターンが運動性を確保。フィット感の調整が細かく行え、ストレッチニットが運動性を向上させています。風の侵入を防ぐストームガードや夜間の視認性を助けるパイピングも搭載。デザインの一部にもリフレクト機能も組み込まれています。

    また、KUSHITANI PROTECTORはライダーの用途に合わせてカスタム可能。軽さを重視したソフトベンチレーションパッドは手軽に着用し、着ぶくれを軽減し通気性を向上させます。CEプロテクターは高い衝撃性とフィット感を兼ね備え、スポーツツーリングからロングツーリングまで幅広い用途に対応。冬のライディングをより快適で安全なものにするKUSHITANI PROTECTORのコンビネーションがおすすめです。

    冬でもスポーツバイクでツーリングを楽しみたい方には、是非とも検討候補に入れて欲しい一着です。

    2023年最強のウィンタージャケット【ミリタリージャケット編】

    VANSON:バンソン|MA-1ジャケット

    『MA-1ジャケット』と言えば、まず「バンソン」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。フライトジャケットの特徴でもありますが、ゆとりのあるサイズ感で内側に暖かい空気を保持する機構のため、保温力が高くバイク用のウィンタージャケットとしても適しています。

    このモデルでは専用着脱式ネックウォーマーが装備され、保温効果が抜群。冷たい風をシャットアウトするために、各所のリブ部分にはネオプレーンが内蔵されています。
    さらに、PU加工+透湿防水フィルム内蔵の二重構造が採用され、防風・撥水機能が向上。デザインにもこだわりがあり、文字やワッペンは刺繍仕上げで仕上げられています。

    安全性も充実しており、肩・肘・脊髄には標準仕様でプロテクターが装備され、事故時にダメージを受けやすい胸部にも同様に標準でプロテクターが備わっています。これにより、ライディング中の安全性が一層確保されます。

    装備のポイントをまとめると、専用着脱ネックウォーマー、ネオプレーン内蔵のリブ部分、肩・肘・背中・胸部に標準装備されたソフトプロテクター。これらの特長が組み合わさり、MA-1ジャケットは機能性とデザイン性、そして安全性を兼ね備えた優れたコストパフォーマンスを誇るアイテムとなっています。

    この冬にMA-1ジャケットを検討する方も多いと思いますが、特にVANSONのMA-1ジャケットはバイク用としても最強の部類に入るウィンタージャケットの1つです。

    2023年最強のウィンタージャケット【レザージャケット編】

    KADOYA:カドヤ|MAVERICK [K’S LEATHER]

    「革ジャンで冬にバイクに乗るのは無理だよ?」といった意見をたまに耳にしますが、そんな方へこのジャケットをおすすめしたいです。革ジャンメーカーの老舗「カドヤ」がリリースするレザージャケット『MAVERICK』です。

    軽量かつ柔軟なゴート革を使用したレザーフライトジャケットは、デザインと機能性の融合を体現しています。重厚過ぎず、着膨れを抑えたシャープなシルエットは、バイクライドだけでなく普段使いにも適しています。

    フラップ付きのファスナーポケットが腹部に配置され、裾には風の巻き込みを防ぐためにストレッチファブリックを用いたシャーリングが採用されています。肘部分にはバイクの乗車姿勢やパッドの装着に合わせた立体的なカッティングが施されています。
    また、ユーティリティポケットや襟ボアの着脱可能なデザイン、ジグザグステッチを施した襟裏など、細部にわたり質感にこだわりが感じられます。肩・肘・脊椎には標準でプロテクターが装備され、安全性も確保されています。

    革の質感やライダースジャケットの落ち着いた雰囲気を壊すことなく、Comformax高機能中綿とアルミ熱反射フィルムを纏ったこの一着こそ、革ジャン最強の防寒ジャケットと言えます。

    2023年最強のウィンタージャケット【トレンチ編】

    POWERAGE:パワーエイジ|トレンチライダース

    デザイン性・安全性・快適性を追求したブランド「パワーエイジ」より、洗練されたトレンチコートのスタイルを取り入れた『トレンチライダース』が登場。

    ヘリンボーン素材の繊細な織りが特徴で、トレンチコートのエレガントなスタイルを巧みに取り入れています。3重のフロントフラップ構造と腰回りのウエストゲーターが、正面からの冷気の侵入を徹底的にシャットアウト。冬の寒さに対応しながらも、通勤や街歩きにも違和感なく溶け込むデザインを追求しています。

    驚きのあたたかさを実現する脱着可能な極暖インナーは、中綿と滑らかな肌触りのボアが絶妙に組み合わさり、真冬の寒冷地での快適なバイクライドを実現。バイク用の立体構造とストレッチ素材の採用により、運動性も抜群。胸部プロテクターはポケットイン、ボタン、ベルクロの全てのタイプに対応し、使い勝手も考慮されています。

    防水生地で急な雨にも対応し、3重のフラップやウエストゲーターで防風性を強化。調節可能なウエストベルトや肘プロテクター固定ベルト、袖と裾のずり上がり軽減設計など、細部までこだわりが光る一着です。さらに、肩・肘・背中プロテクターが標準装備され、安全性もしっかりと考慮されています。

    洗練されたデザインでカジュアルに普段着にも使いたい方には、最適の一着ではないでしょうか。

    2023年最強のウィンタージャケット【パーカージャケット編】

    BATES:ベイツ |【ストリートアベンジャー】中綿入りナイロンパーカジャケット

    バイカーテイスト溢れるブランドとして「ベイツ」が人気で、中でも最強の防寒ウィンタージャケットといえば『ストリートアベンジャージャケット』です。

    バイク以外でもおしゃれに楽しめるシンプルな中綿入りフルジップジャケット。ファスナーの引手には高級感あふれる牛革を使用しており、デザインと機能性の両方にこだわりが詰まった一着です。

    このジャケットの中綿には、新素材のポリエステルが採用されています。その特長は、ダウンのような軽さと保温性を兼ね備えており、寒冷な季節でも暖かさをキープ。昨年大ヒットで完売したSA-N2155の後継モデルとして、さらなる進化を遂げています。

    さらに、安全性にも配慮し、CE規格のプロテクターも装着可能。肩と肘を守るBOP-CE9、胸部を守るBOP-CE10、そして脊髄を保護するBOP-CE11がラインナップ。これにより、ライディング中も最適な安全対策が施され、快適かつ安心してバイクを楽しむことができます。

    おしゃれなデザインと高機能な素材・プロテクションが見事に融合したジャケットと言えるでしょう。バイクライダーだけでなく、日常のスタイリングにもフィットするアイテムとなっています。

    2023年最強のウィンタージャケット【ベンチコート編】

    YOSHIMURA|【ヨシムラ×クシタニ】ベンチコート

    20231201_gge1660610088_c527b5cfffc545706831081d96899d92-1-1_resulte
    20231201_gge1660610088_438cccd4c666938aa4dbb270f1366d57-1-1_resulte

    ここでちょっと変わり種のご紹介です。
    膝下まで裾がある『ベンチコート』がなんと「ヨシムラ」からリリースされています。ベンチコートは乗車姿勢が取りづらいこともありバイクとの相性が良くないように感じますが、スクーターユーザーでは支持されています。実際ベスパで有名なイタリアの市街地では、このベンチコートを着て街中を颯爽と走る方を目にします。

    製造はクシタニで、素材にはポリエステル100%を使用し、中綿にはシンサレート™フェザーレスを採用。この組み合わせにより軽さと高い保温性を実現しています。また、撥水素材を採用することで急な雨にも対応。防風性も備え、寒冷地での使用にも適しています。

    特筆すべきは、気室の仕切りを生地の織で形成する仕様。これにより防寒性が一層高まり、冬の寒さからしっかりと守られます。袖口にはストームガードが装備され、風の侵入を効果的に防ぐことができます。さらに、リフレクト素材が配され、夜間の視認性も向上。安全性も考慮されたデザインです。

    機能性も充実しており、透湿性や消臭効果も備え、快適な着用が期待できます。上下オープン仕様や内ポケットも備えられ、実用性にも配慮されています。
    冬場のサーキットでの待ち時間はもちろん、毎日の通勤でも活躍すること間違いなし。ベンチコート自体の暖かさは折り紙付きなので、一度試してもらいたい一着です。

    2023年『最強』のウィンタージャケットは!?

    ROUGH&ROAD:ラフ&ロード|WSプリマロフト(R)ポーラージャケットFP

    20231201_ggerr7693_00-1-1_resulte
    20231201_ggerr7693_01-1_resulte
    20231201_ggerr7693_05-1_resulte
    20231201_ggerr7693_06-1_resulte

    さて、2023年 栄えある『最強』ウィンタージャケットの称号を手にするのは昨年に引き続き、
    「ラフアンドロード」の『プリマロフト(R)ポーラージャケット』です。(もう正直これしか思い浮かびません)
    同社がサポートするライダーが、「年末の北海道に宗谷岬へ行っても大丈夫」というレベルの防寒性を追求し、とことん防寒性能を極めることにフォーカスしたスペシャルウォームジャケット。

    このジャケットは寒風から徹底的に守る設計になって、脱着可能なファー付きフードとアウターネックウォーマーが襟首周りをしっかり覆い、裾からの風侵入をストームガードでブロック。寒空の下でも体温を逃がしません。

    インナージャケットの中綿には、超軽量でメンテナンスが容易なプリマロフトを使用し、さらに裏地には効果的な体熱反射を実現するチタンスパッタリング加工を施すことで高い保温性を実現。究極の防寒性を実現しています。
    プリマロフトとは画期的な超微細マイクロファイバー素材で、羽毛のような軽さと暖かさを持ちながら撥水性を備えています。これにより、悪天候下でも優れた機能性を発揮し、高い実用性を実現しています。

    このポーラージャケットは防寒・防水・防風・保温の高次元な両立を実現し、「とにかく暖かい一着が欲しい!」という要望にはコストパフォーマンス含めきっちりと応え、冬季のバイクライディングをサポートする最高のパートナーと言えるでしょう。

    2023年最強のウィンタージャケット 番外編 【電熱インナージャケット編】

    RS TAICHI:アールエスタイチ|e-HEATシリーズ

    20231201_ggersu637bk11-1_resulte
    20231201_ggersu638bk71-1_resulte

    ウィンタージャケットとは異なりますが、番外編として電熱ウェアを一緒にご紹介しておきます。冒頭で記載したとおり、ジャケットはあくまで保温力ですので、長時間暖かい状態を維持するには発熱するものがあるに越したことはありません。そこで、電熱ウェアの出番です。

    電熱ウェアと言えば「RSタイチ」の『e-HEATシリーズ』でしょう。
    保温性に優れ、着心地の柔らかさが特徴で、ライディング時にフィットする背中と両肩に発熱ユニットを配置しており、体や動きを妨げることなく効率よく身体を暖めることができます。休憩時には、ライディングジャケットを脱いでも、普段着のような感覚でカジュアルに着こなせます。

    また、e-HEAT専用モバイルバッテリーの容量が約1.7倍に強化され、従来品よりも長時間の利用が可能になりました。強化された専用モバイルバッテリーは、通勤・通学やライトツーリングに最適!バイクとの配線が不要で手軽に利用でき、冬でも手間なくライディングが楽しめます。注意点としては、こちらのインナーと電源は別売りとなっていますので、初めて購入される方は一緒に購入するようにしてください。

    KOMINE:コミネ|電熱ジャケット

    20231201_gge1_000000000400_resulte
    20231201_gge1_000000009111-1_resulte
    20231201_gge1_000000009043_resulte
    20231201_gge1_000000008125_resulte

    続いて「コミネ」の『電熱インナーウェア』です。こちらは車体と接続するタイプのみですが、RSタイチと異なり接続する配線が全て込みの値段となっているので、大変お買い得です。
    暖かさ自体はほぼ大差がないので、バイクに乗っていないときには電熱ウェアを使用しない方であればこちらもおすすめです。コミネは購入後1年以内であれば、通常の使用状況による破損に関しては無償で修理・交換対応を行ってもらえるので安心感があります。

    2023年最強のウィンタージャケット 番外編 【インナーウェア編】

    ROUGH&ROAD:ラフ&ロード |もちジョイ<超極厚地>

    20231201_ggeMJM-003BK2_01_resulte
    20231201_ggeMJM-004BK2_01_resulte

    最後に電熱ウェアではないのですが、これは!と感じたインナーウェアをご紹介致します。
    ご存じの方もいらっしゃると思いますが、最強のインナーウェア『もちジョイ』です。生地のブ厚さにも驚きますが、その袖に手を通した瞬間から腕周辺の空気が密閉された感覚が伝わってきます。さながらサウナスーツを着ているかのようで、通常の真冬であれば電熱ウェアがなくても、このもちジョイとウィンタージャケットの組み合わせで十分なのではと思うほどです。電熱ウェアと比較してコストも大幅に抑えられますし、毎回バッテリー残量を気にしたり、車体との接続を確認する手間もないので、煩わしい作業が苦手な方にはこちらもおすすめします。

    まとめ

    最強のウィンタージャケットを選ぶ上でもその定義づけにより、結果は様々です。デザインを重視したい方、使用用途を限定したい方、とにかく暖かさを求める方など・・・ただどのジャケットにも各メーカーの熱を逃がさない工夫が施されているので、その部分に注目して選んで頂けると嬉しいです。
    と、ここまでウィンタージャケットについて言及してきましたが、最後に個人としての本音を記載しておきます。

    これまで様々なメーカーのウィンタージャケットを使ってきた自分が昨年の冬に思ったことは、
    「もっと早くに電熱ウェアに手を出しておけば良かった」でした。

    いままで一度も使ったことがない方、今年こそ電熱ウェアにトライしてみてください!

    最新2023年秋冬モデルが続々登場!

    最新の秋冬ジャケット特集!
    定番のライディングジャケットから、普段着でも使えそうなカジュアルなジャケットまで勢揃い!
    まずは一度覗いてみてください。あなたに合う一着が見つかるかもしれません。

    特集ページ

    『最強』のバイク用ウィンタージャケットはどれだ!?画像ギャラリー (40枚)

    この記事にいいねする

     
    今回紹介した製品はこちら
     
           
    コメントを残す

     
    今回紹介したブランドはこちら