ym2203-068-01-sygnhouse-vibration-guard.jpg
●まとめ: ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真: 真弓悟史 ●外部リンク:サインハウス

バイクにマウントしていたことが原因で、スマホの光学式手振れ補正やオートフォーカスなどが損傷したという話をよく聞くようになった昨今。その原因とされるエンジンの高周波振動を低周波に変換することでダメージを軽減するというアイテムが、サインハウスから登場した。果たしてその効果はいかに。

[◯] 特許出願中の防振構造がスマホのダメージを軽減

iPhoneを製造販売しているアップル社は、’21年9月に「高出力または大排気量のエンジンは特定の周波数範囲で振幅の大きい振動を生じるため、iPhoneをそうしたバイクへの装着を推奨しない」と発表した。また、それ以前からスマホのカメラ機能への悪影響が指摘されており、そうした背景もあって誕生したのがサインハウスの「バイブレーションガード」だ。同社製マウントシステム「Aスマートフォンホルダー」に装着するというシンプルな設計なので、すでに使用しているユーザーなら導入は容易だ。

→全文を読む

情報提供元 [ WEBヤングマシン ]

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
  
今回紹介したブランドはこちら