YZF-R7は幅広いライダーからスポーツモデルとして支持を得ている「MT-07」をベースに、最新スーパースポーツのスタイルとスポーティーなハンドリングを調和させ、幅広い技量のライダーがサーキットにおいて“扱いきれて楽しめるスーパースポーツ”を実現した話題の車種です。
車両価格も999,900円(消費税込)と100万を切る価格設定で登場。老若男女問わず多くのライダーに選ばれる車両となっています。
今回はそんな話題のYZF-R7のおすすめカスタムパーツをご紹介します!

走りを追求する方におすすめのマフラー!

AKRAPOVIC:政府認証 レーシングライン(2-1) フルエキゾーストマフラー

MotoGPなど数々の世界最高峰レースでも使用されているアクラポビッチ。
フルカウルのYZF-R7にピッタリのレーシングラインフルエキゾーストマフラーです。
商品名はレーシングとなっていますが、こちらはJMCA認証を取得し、車検にも対応した公道走行可能マフラーとなっています!

また、オプションとしてサイレンサープラケットもラインナップ。
アルミで製作されたブラケットはマフラーによりレーシングイメージをより強くさせ、且つ高級感を与えます!

SCプロジェクト:フルエキゾーストシステム 2-1&S1 サイレンサー

SCプロジェクトもMotoGPやWSBKなど世界トップクラスのレースチームで活躍しているイタリアのマフラーメーカーです。
S1サイレンサーは先端部のスラッシュカット形状が特徴的なSCプロジェクトを代表するサイレンサーです。
純正のショートサイレンサーに近い形状の社外製マフラー。
見た目を大きく変えたくない方やさりげないカスタムがお好きな方におすすめのマフラーです!

オーヴァー:TT-Formula RS 2-1 フルエキゾーストマフラー

OVERのマフラーはとにかく軽い!
YZF-R7の純正マフラーは8.07kgに対してOVERのマフラー重量は3.82kgと約52%も軽量化!半分以下の重量です。
軽いといっても消音性能もばっちりでJMCAを取得した政府認証マフラーです。
焼き色の入ったチタンのエキゾーストパイプやサイレンサーは所有感をくすぐり、YZF-R7のスポーティなスタイリングを際立たせます。

納車したらまず付けたいガード系パーツ!

ストライカー:ガードスライダー

立ちごけやスリップダウンなど不意な転倒から車体を守るスライダー。
STRIKER製品ではガード性能はもちろんのこと見た目にもこだわっており、スライダーのベースはアルミ削り出しで高級感のあるデザインに仕上がっています。
スタイリッシュなスタイルの車体なので見た目にこだわったアイテムがベストマッチ!
カウルへの加工無しで取り付けができます。

ワイズギア(ヤマハ):プロテクションパッド

ワイズギアからラインナップしているプロテクションパッド。
「YAMAHA」と「R7」のロゴが入った車種専用品。
日常のライディングでついてしまう傷からタンクを保護してくれます。
デザイン性の機能性を両立したアイテムです!

エッチングファクトリー:ラジエターガード

フロントタイヤから巻き上げられた小石やゴミ、ライトめがけて飛んでくる昆虫などなど、ラジエターコアへダメージを与えます。
場合によってはウォーターラインを破損しクーラント漏れを起こす危険もあります。
もしラジエーターの交換となった場合はYZF-R7のラジエーターは部品代だけで23,210円(税込)の出費となります。(商品番号:BEB-12461-00)
そんな出費を防ぐためにもラジエーターコアガードを取り付けておくと安心ですね。

より格好良く!好みのスタイルへとカスタムできる外装系パーツ!

ワイズギア(ヤマハ):シングルシートカウル

純正アクセサリーとなっているワイズギアのシングルシートカウル。
見た目をよりレーサースタイルへと近づけるカスタムパーツです!

アクティブ:フェンダーレスキット

カスタムの定番で多くの方が最初に行うカスタムではないでしょうか!?
車体に加工が必要なく、ノーマルウィンカーの取り付けはもちろん、装着位置やステーの形状にまでこだわったフェンダーレスキット。
リアのテール周りをスッキリさせ、YZF-R7のスタイルをよりスタイリッシュに仕上げます。

WRS:ウインドスクリーン

MotoGPやWSBKなどのトップチームにも採用されているスクリーンブランドです。
WRSのスクリーンでは、柔らかく変形することでダメージを逃がし安全に使用することができます。

シンプルなデザインのスクリーンはYZF-R7の見た目にもマッチしたスタイルとなっています!

ポジションや乗りやすさを追求するステップ系パーツ!

ワイズギア(ヤマハ):クイックシフトキット

YZF-R7で素早いシフトアップを実現するクイックシフトキット。
アクセルを戻さず、クラッチ切ることもなく、シフトアップが可能となります。
公道走行などでも疲労軽減に繋がります!

BABYFACE:パフォーマンスステップキット

ゴールドステップが定番となったBABYFACEのバックステップ!
ステップ位置は街乗りからクローズドコースライディングまで用途に合わせて、4ポジションから選択可能。
仕上げのカラーはブラック、ゴールドの2色からお選びいただけます。
また上でご紹介したクイックシフトキットにも対応している品番もラインナップしております!

こんなパーツを待っていた!便利系カスタムパーツ!

P&Aインターナショナル:メーターパネルプロテクションフィルム&作業用ツールセット

スマホの画面にも傷防止シートを貼るように、今ではメーターにも傷防止シートを貼る時代です。
新車の購入に合わせて貼り付けるのがおすすめ!
停車時にも、走行時にも付く砂ぼこりなどの擦り傷からメーターパネルを守ってくれます。

BABYFACE:レーシングフック

トランポ利用する際のタイダウンフックとしても利用でき、またタンデムステップを取り外した時のドレスアップとして、あると便利なレーシングフックです!

ワイズギア(ヤマハ):パフォーマンスダンパー

ワイズギアからラインナップされているパフォーマンスダンパーはセローやSR400など様々な車種で人気のアイテムとなっています。
振動軽減の効果があるためロングツーリングでも疲労軽減の効果を見込めるなど、バイクの操縦安定性を向上させたいという方にオススメです!
詳細はこちらに記載していますので合わせてチェックしてみてください。

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら
 

ヤマハ YZF-R7の価格情報

ヤマハ YZF-R7

ヤマハ YZF-R7

新車 25

価格種別

中古車 5

本体

価格帯 99.99万円

99.99万円

諸費用

価格帯 ―万円

7.42万円

本体価格

諸費用

本体

129.78万円

価格帯 119.3~146.8万円

諸費用

5.51万円

価格帯 5.43~7.81万円


乗り出し価格

価格帯 99.99~110.09万円

107.41万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

135.29万円

価格帯 124.73~154.61万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す