買ってみた!使ってみた!といったライダー達の“生の声”を集めるWebike「インプレッション」。
Webikeで取り扱うバイク用品・カスタムパーツならなんでも投稿が可能で、投稿してくれた人にはWebikeのお買い物で使えるポイントを最大で500ポイントプレゼントしています。

今回はそんな毎日増え続けているインプレッションから、2021年6月4日~2021年6月10日の期間で“良かった"インプレッションを勝手にピックアップしてきたのでご紹介したいと思います!

今週のピックアップインプレッション


全体的に大満足です!

評価:★★★★★

工具は地面に置かずにトレイに入れるのが整備の基本。
トレイは整備の必需品なのです。
トレイがあれば工具だけでなく、放っておくと気まぐれにどっかに消えていってしまうネジを入れておけたりと、いろいろ便利に使えます。

幅390×縦450(mm)で結構大きめなので、使いやすそうなこのサイズ感がまず素晴らしい!やわらかい素材なのでステンレスのトレーの様に気になるガチャ音も吸収しやすくなっているし、工具をとっ散らかすことなく整理できます。
小物は2つある小ポケットに入れることで、紛失するリスクを回避できるでしょう。
気づいたら一本足りなくなっているネジや、謎に余ってしまったワッシャなどに気を揉む必要もなくなります。
持ち手ホールが2つ付いているので移動時にも便利。
この穴を使えば壁にかけての収納も出来ますね。
ただ、カバーや蓋などはないので物を入れたまま持ち上げてしまう、なんてギャグなことはしないようにしましょう。

誤ってヘリを踏んづけてもトレイがひっくり返ることはありません。
これは厚さ30mmで柔らかい素材ならではの利点の一つ。
ひっくり返して全てのネジをブチまけた時の、あの誰にもぶつけようのない怒りと失望の念が湧くことも無いので精神的にも安定性が高いです!ライトやメーターなどの、コンクリ床に置くと傷がついてしまうようなデリケートな部品を一時的に置く場合にも、メンテナンススポンジトレイはその実力を発揮するでしょう!

ただし、機械いじりの時に使用する上で注意しておきたい点があります。
メンテナンストレイについた汚れはパーツクリーナーを付けたウエスで拭き取れますが、ガソリンや有溶剤への耐性は強くありません。
素材的には熱にも弱いのでその点は注意して使いたいですね。

汚れた部品を入れるには適していないので、メンテナンススポンジトレイは工具を入れるために使用し、プラスチックトレイには外した部品やケミカルなどを入れる。
そしてステンレストレイは汚れ物専用と使い分ければ、作業がより捗ることでしょう!
今後、メンテナンススポンジトレイはスマートな整備の必需品となること間違いないです!

幅390×縦450(mm)で結構大きめなので、使いやすいです

小物は2つある小ポケットに入れることで、紛失するリスクを回避できるでしょう

誤ってヘリを踏んづけてもトレイがひっくり返ることはありません

コンクリ床に置くと傷がついてしまうようなデリケートな部品を一時的に置く場合にも

整備の際に工具やパーツを床に置かない、外した部品はパーツトレイなどにまとめる、これは整備の基本です。
ただ、金属製のパーツトレイを使うと音がガチャガチャうるさいので家族からクレームが来るし、整備中にトレイの端でも踏もうものなら派手に部品をブチ撒けてしまいます。

いや、プロは良いんですよ。場所は広いし、整備に慣れてるし、音は出るのが当たり前なので。
でも我々のようなサンデーメカニックにはこの製品の方が良いのでは……そんな気がします。

単純な製品なのに豊富な写真と解説で便利さを説得してくれる良いインプレッションでした!
(Webikeスタッフ:門脇より)

おいおいおいさん素敵なインプレッションをありがとうございました!
Webikeでのお買い物で使える1000ポイントをプレゼントさせて頂きます!

Webikeではこのような先輩ライダー達の感想・意見を集めたコンテンツ“インプレッション"をご用意しています。
インプレッションを投稿するともれなく貰える最大500ポイントのプレゼントがありますので、みなさんの“生の声"をお待ちしています!

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら