ZETAからストリート用のハンドル周辺パーツが発売された。
オフロードパーツブランドであるため、あまりストリートの印象はなかったが、最近は精力的に展開しており、要チェックだ。

アジャスタブル マウントバー


【タイプ】ハンドルブレースタイプ
【カラー】ブラック
【全長】258mm/244mm/230mm/216mm/202mm
【直径】22.2mm
【マウント可能範囲】212mm/198mm/184mm/170mm/156mm
【重量】295g(全長258mm測定)
【素材】クランプ:鍛造アルミ合金 / ブレースシャフト:アルミ合金
【表面処理】ブラックアルマイト仕上げ

アジャスタブル機構で様々なハンドルバーに対応。
フルフラットデザインによりマウントスペースを最大限に利用できる。
ブレースタイプのアジャスタブルマウントバー。
スマホマウントホルダーやUSB電源などのモバイル機器をハンドルバーに複数取付けたい!を実現。

専用スペーサーを利用することで5段階の長さ調整が可能。

コンバージョン アダプター

Φ13mm to Φ22.2mm
【カラー】ブラック
【サイズ】寸法図参照
【内径】13mm
【マウント可能範囲】27mm
【素材】高強度アルミ合金
【表面処理】ブラックアルマイト・サンドブラスト処理

マウントの位置をもっと自由にする最強お助けアイテムハンドルバーブレースに取付けるマウントバー。
ハンドルにマウントステーを取付けてスマートフォンホルダーを固定するのが一般的だが、もっと自由に、たくさん取り付けたい方の為に、ハンドルバーブレースに2つのパーツで挟み込むタイプのコンパクトコンバージョンアダプターが登場。
人気のオフロードハンドルのブレースに多い直径13mmを、簡単に一般的なハンドル径である22.2mmへ変換する。

アジャスタブル マウントバー バーマウントタイプ

【タイプ】バーマウントタイプ
【カラー】ブラック
【マウント可能範囲】約110mm
【素材】
マウントバー/胴体部:高強度アルミ合金
取付けステー/ボルト:ステンレス
【表面処理】
マウントバー/胴体部:ブラックアルマイト・サンドブラスト処理
取付けステー:ブラック粉体塗装

調節自在で理想のポジションに簡単設定。
バーマウントタイプのマウントバーハンドルバークランプに取付けるマウントバー。
各部が持つ細かな位置調節機能により、モバイル機器の種類に合わせた取付けが可能となった。
マウントバーを前後左右に調節できることにより、スマートフォンをライダーの理想の位置に固定可能。
ハンドルバー径22.2mmと28.6mmのハンドルバークランプに対応した取付けステーは、付属のスペーサーを使用することにより様々なクランプ形状に対応。

■位置調節機能
5段階の位置調節機能により前後/上下を好みに設定可能。
これにより様々な種類のスマートフォンホルダーに対応し、今までできなかった細かな位置調節を可能とする。

■左右問わない形状
直径22.2mm、幅約110mmのマウントバーは無段階で調節可能。
無段階調節にすることによってモバイル機器の取付けの自由度を増す。

■左右両用
左右どちらにも取付け可能。

アジャスタブル マウントバー ミラーホールタイプ

【タイプ】ミラーホールタイプ
【カラー】ブラック
【マウント可能範囲】約110mm
【素材】
マウントバー/胴体部:高強度アルミ合金
取付けステー/ボルト:ステンレス
【表面処理】
マウントバー/胴体部:ブラックアルマイト・サンドブラスト処理
取付けステー:ブラック粉体塗装

左右兼用デザイン。
調節自在で理想のポジションに簡単設定ネジ径10mmタイプのミラーホールに取付けるマウントバー。
各部に調節機能を持たせ左右問わず取付けを実現。
スマートフォンホルダー等の種類に合わせた取付け位置の細かな調節が可能。
マウントバーを前後左右に調節できることにより、スマートフォンをライダーの理想の位置に固定可能。
メインボディ、マウントバーは軽量な高強度アルミ合金製。
取付けステー、ボルトには錆びにくいステンレスを採用。

■位置調節機能
5段階の位置調節機能により前後/上下を好みに設定可能。
これにより様々な種類のスマートフォンホルダーに対応し、今までできなかった細かな位置調節を可能とする。

■左右問わない形状
直径22.2mm、幅約110mmのマウントバーは無段階で調節可能。
無段階調節にすることによってモバイル機器の取付けの自由度を増す。

■左右両用
左右どちらのミラーホールにも取付け可能。

情報提供元 [ ダートフリーク ]

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら