国内外のカスタムパーツを取り扱うアクティブから、選り抜きのパーツをご紹介します! 大注目なのはハヤブサの2022ショーモデル。ほかにも、ステップバーやブレーキレバーガードなど気になるパーツが目白押しです。

2022ショーモデル紹介「Hayabusa」


ビッグカスタムの王道Hayabusa用パーツがお披露目。ツアラーとしてのキャラクターに焦点を当てて全体的なバランスを重視。走るほどに楽しめる高品質なカスタムパッケージだ。


アルミ鍛造ホイールTYPE-E


スクリーン ダブルバブル(スモーク)

ステップバー


純正リプレイスのステップバー。ゲイルスピード・フットコントロールキットと同じ、マシニング加工のエッジが効いた切削溝は靴底が滑らずサーキットでも十分にライダーの走りをサポートしてくれる。

ライダー/タンデム側 各9900円(税込み)

ステアリングダンパーステー


ハイパープロのステアリングダンパーはガス圧入式の別体タンクを構えることで発熱によるオイルの体積変化の影響を受けにくく、常に安定してハンドルの振れを抑制。制度の高いクランプと、車種専用ステーで安定感のある操作を実現する。

価格:3万6080円(税込み)
対応:68㎜/正ピロボール
カラー:ゴールド、ブラック

ステアリングダンパー本体【対応ダンパー】正ピロボール68㎜
RSCタイプ価格:4万1800円
CSCタイプ価格:3万8500円

ブレーキレバーガード ボルトM6サイズ追加


他者との接触など、意図しないブレーキレバーの入力を防ぐレバーガード。MFJレースレギュレーションでも装着が義務づけられているセーフティパーツ


カラーラインナップ:ブラック、レッド、ガンメタリック、ブルー、ゴールド、グリーン


フルセット価格:1万10円(税込み)
マウントキット価格:3960円(税込み)

Ninja ZX-25R/SE 20-22サスペンションスプリング


サスペンションの動きを制限することなく、メーカー独自の不等ピッチスプリング。コンスタントライジングレートがスムーズな乗り心地を提供する。


ローダウンスプリング比較
スプリングの自由長を大きく変えずに、レート変更と油面調整で車高を下げるハイパープロならではのローダウンスプリング。

価格:2万2000円~

この記事にいいねする

コメント一覧
  1. 匿名 より:

    誤字だらけです。
    こんな短い文中に4つも。

    ふっとコントロールキット
    案提案のある操作
    他社との接触
    ぎうづけられている

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら