スズキのフラッグシップスーパースポーツモデル。
GSX-R1000Rは、「The Top Performer」であり続けるために、情熱を余すところなく注ぎ込み、「The King of Sportbikes」の称号を目標に開発されました。
2017年にフルモデルチェンジを果たしてからGSX-R1000Rとなり、大幅なパワーアップと共に6軸センサーによる各種電子制御と、足回りにはショーワ製BFF/BFRC-liteを装備しています。
豪華な装備となっている車両ですが、それでも現行リッターSSモデルでは最安値となるコストパフォーマンスの高さが魅力です。
今回はそんなGSX-R1000Rのおすすめカスタムパーツをご紹介します!

目次

カスタムの定番!マフラー!

ヨシムラ:スリップオン R-11SqサイクロンEXPORT SPEC 政府認証

GSX-R1000では鈴鹿8時間耐久などでも使用されているマフラーと同形状のモデルです。
過酷なレースで培った技術を公道走行用にフィードバック。
王道スズキ×ヨシムラの組み合わせで最高の性能を手に入れましょう!

【YOSHIMURA】のロゴが入ったサイレンサーブラケットセットもオプションでラインナップされています!

AKRAPOVIC:スリップオンラインマフラー (GPタイプサイレンサー)

世界最高峰のレースMotoGPに参戦しているTeam SUZUKI ECSTARで採用しているアクラポヴィッチマフラー。
今、若い世代から大人気のブランドです。
重量は1.5kgと純正から約60%も軽量化。
小ぶりなサイレンサーが車体にマッチしたデザインとなっています!

SCプロジェクト:GP70-R スリップオンサイレンサー&フルチタンリンクパイプ

イタリアのマフラーメーカー【SCプロジェクト】
MotoGPやWSBKなど世界最高峰レースのトップチームにも採用されているマフラーメーカーです。
レーシングバイク特有の深みのあるサウンドを堪能できます。
こちらは重量990gと非常に軽量です!純正と3270gと比較すると約70%も軽量となっています。

ポジションや乗りやすさを追求するステップ系パーツ!

BABYFACE:バックステップキット

ゴールドステップが定番となったBABYFACEのバックステップ!
ステップ位置は街乗りからクローズドコースライディングまで用途に合わせて、5ポジションから選択可能。
ペダルの先端バーは位置可変タイプですのでステップポジションに合わせて使いやすい位置に設定できます。
仕上げのカラーはブラック、ゴールドの2色からお選びいただけます。

STRIKER:スペシャルステップキット

純正がレーシーなポジションとなっているGSX-R1000R。
純正ポジションを残しつつ、サーキット走行から街乗りでも楽に走行できるよう6ポジションから調整可能。
クイックシフターにも対応し、正逆チェンジも選べる万能仕様となっています!

K-FACTORY:チェンジシャフトホルダー

より一層確実なギヤチェンジのためのパーツです。
チェンジシャフトをこのパーツで支えることにより、シフトチェンジの際に起こるシャフトのしなりやガタツキを低減させ、スムーズで確実なギヤチェンジを可能にします。
サーキット走行やスポーツ走行がメインの方にはおすすめのパーツです!

車体を守るガード系パーツ!

ヨシムラ:ラジエター&オイルクーラーコアプロテクター

フロントタイヤから巻き上げられた小石やゴミ、ライトめがけて飛んでくる昆虫などなど、ラジエターコアへダメージを与えます。
場合によってはウォーターラインを破損しクーラント漏れを起こす危険もあります。
もしラジエーターの交換となった場合はGSX-R1000Rのラジエーターは部品代だけで33,000円(税込)の出費となります。(商品番号:16600-47H20)
そんな出費を防ぐためにもラジエーターコアガードを取り付けておくと安心ですね。

アグラス:レーシングスライダー

立ちごけやスリップダウンなど不意な転倒から車体を守るスライダー。
ベースプレートを取り付ける事によりカウルへの加工無しで取付が可能です!

K-FACTORY:フロントアクスルスライダー

転倒時にアクスルシャフト部分のダメージを軽減します。
べースプレートがゴールドになっているのでの足元のドレスアップにも最適です!

SPEEDRA:リアアクスルスライダー

万が一の転倒時にアクスルシャフト部分を保護します。
カラーはゴールド、ブルー、レッド、チタンの4色からお選びいただけます!

ヨシムラ:ブレーキレバーガード

接触等によるブレーキの誤作動を効果的に防ぐためのパーツです。
今ではレースレギュレーションでも装着が義務付けられています。
ヨシムラレーサーに装着しているレバーガードのデザインを踏襲。
レーシーな見た目と共にカラーも4色から選べるのでドレスアップパーツとしても大人気です。

より格好良く!好みのスタイルへとカスタムできる外装系パーツ!

SUZUKI:シングルシートカウル

純正アクセサリーとなっているスズキのシングルシートカウル。
見た目をよりレーサースタイルへと近づけるカスタムパーツです!

才谷屋:タンクカバー

高い精度のカウル系パーツを製作している才谷屋からラインナップしているタンクカバー。
タンクの保護と合わせてニーグリップ性の向上!
カーボンにすることでドレスアップにも繋がります。

STOMPGRIP:トラクションパッド ストリートバイクキット【ICON】

STOMP GRIPは世界各国のトップレーサー、トップスタントライダーに愛用されているタンクパッドブランドです。
ワインディングやサーキットでのライディングなどに車両とのホールド性を高め、疲労を軽減などの効果があります!

WRS:ウインドスクリーン

MotoGPやWSBKなどのトップチームにも採用されているスクリーンブランドです。
WRSのスクリーンでは、柔らかく変形することでダメージを逃がし安全に使用することができます。

シンプルなデザインのスクリーンはGSX-R1000Rの見た目にもマッチしたスタイルとなっています!

ACTIVE:フェンダーレスキット

カスタムの定番で多くの方が最初に行うカスタムではないでしょうか!?
車体に加工が必要なく、ノーマルウィンカーの取り付けはもちろん、装着位置やステーの形状にまでこだわったフェンダーレスキット。
リアのテール周りをスッキリさせ、GSX-R1000のスタイルをよりレーシーなデザインへと近づけます。

こんなパーツを待っていた!便利系カスタムパーツ!

Puig:サイドダウンフォーススポイラー

Puigがサポートする、WSBKにおいて5年連続チャンピオンを獲得した絶対王者「KAWASAKI Racing Team」との共同開発により誕生した最新基準のエアロデバイス、サイドスポイラー。
サイドスポイラーの装着により空力特性を改善するだけでなく、車両のスタイルをよりアグレッシブに演出します!

Eazi-Grip:メータープロテクションフィルム

スマホの画面にも傷防止シートを貼るように、今ではメーターにも傷防止シートを貼る時代です。
新車の購入に合わせて貼り付けるのがおすすめ!
停車時にも、走行時にも付く砂ぼこりなどの擦り傷からメーターパネルを守ってくれます。

BABYFACE:レーシングフック

トランポ利用する際のタイダウンフックとしても利用でき、またタンデムステップを取り外した時のドレスアップとして、あると便利なレーシングフックです!

シュプリームテクノロジー:オーバーサスペンション(オンロードバイク用)

スイングアームの後ろに取付け、車両の振動と逆方向に揺れることで、効果を発揮するカスタムパーツです。
接地が安定することでタイヤのグリップ力を最大限活かせるようになり、接地感やトラクション性が増した感覚が得られます!

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
 
 
今回紹介したブランドはこちら
 

スズキ GSX-R1000Rの価格情報

スズキ GSX-R1000R

スズキ GSX-R1000R

新車 105

価格種別

中古車 10

本体

価格帯 194.04~215.6万円

211.11万円

諸費用

価格帯 4.71~10.1万円

5.03万円

本体価格

諸費用

本体

179.98万円

価格帯 159~248万円

諸費用

17.5万円

価格帯 7.23~11.15万円


乗り出し価格

価格帯 198.75~225.7万円

216.14万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

197.48万円

価格帯 170.15~255.23万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スズキ GSX-R1000の価格情報

スズキ GSX-R1000

スズキ GSX-R1000

新車 2

価格種別

中古車 23

本体

価格帯 158.4~167.2万円

162.8万円

諸費用

価格帯 14.63~16.88万円

15.75万円

本体価格

諸費用

本体

106.13万円

価格帯 74.03~139.9万円

諸費用

6.66万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 175.28~181.83万円

178.55万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

112.8万円

価格帯 86.97~138.46万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す