4-12.jpg

何故ヘルメットを被るのか、訳を考えればおのずとアライに

オートバイを走らせる際に、ヘルメットの装着が義務となっていることを今さら話すことはないと思うが、その理由を良く考えている人はもしかすると少ないのではないだろうか。ヘルメットは頭部を守るためのライディングギアである。もちろん見た目も大切なのだが、その性能こそ語るべきポイントだ。地球規模でファンを持つヘルメ ットブランド、アライは過去から現在まで、安全性を徹底的に追求するヘルメット開発を行ってきた。

まず第一に衝撃吸収性能だ。もっとも厳しいとされているスネル規格を、ほぼすべてのモデルでクリアしている。主材料に通常の素材と比べ30%強度の高い「スーパーファイバー」を使用。ヘリ強度を引き上げるスーパーファイバーベルト、数種類のクロスやマットなど、部位に応じた強度要求に対応している。

さらに形状へのこだわりも注目したい。実際の事故で受ける衝撃というものは、規格を通すための試験の状況だけに当てはまるものではない。そこでアライが提唱するのがR75シェイプだ。ヘルメットが丸く滑る形状をしているために障害物に当たった瞬間に、衝撃エネルギーを“かわし”、“いなす”ことで分散させるのである。

ヘルメットは飾りではない。自分の 身は自分で守る。だからこそ、選ぶべきものが絞られるのである。

webike.jpg

ASTRO-GX

"Arai"ロゴ部分にベンチレーション機能を持たせたアストロシリーズの最新モデル。グラフィックモデルも多数用意されている。
GLASS WHITE グラスホワイト
1-19.jpg

GREEN -スパイン・緑
3-15.jpg

ROCK MULTI -ロックマルチ-
2-18.jpg

●税込価格:ソリッドモデル 5万7200円
      グラフィックモデル 6万6000円

4-12.jpg
高い技術を用いて生み出されるアライのヘルメットは、快適な被り心地をもたらしてくれる。バイクに乗る際にはいつも一緒に、さらに高いセーフティライドを。アライのフィロソフィーだ。

5-14.jpg
高級ガラス繊維を使用したスーパーファイバーを主材料としている。部位によって異なるパーツを組み合わせており、強度を高めながらも重量を増さないような工夫がされている。

POINT1

6-13.jpg
通常流通しているガラス繊維の約6倍も高価な高級ガラス繊維を採用。強度は30%以上高く、引きさきや貫通などにも優れたパフォ ーマンスを誇るものとなっている。

POINT2

7-12.jpg
帽体成形時に増量と材料とをつなぎ合わせる特殊樹脂を独自に開発。従来の樹脂では剥離の恐れがあった特殊素材でも接着することができ、さらに強度も増した。

POINT3

8-12.jpg
アライ独自のスーパーファイバー製ベルトで剛性力を強化し、万が一の際のクラックの広がりを抑制する。強さ、軽さ、粘りを実現した最高峰の帽体技術である。

POINT4

9-11.jpg
部位ごとにもっとも適切な発泡倍率を組み合わせて一体成型される衝撃緩衛ライナは、数多くのヘルメットメーカーがあるなかでアライのみ採用している技術となっている。

POINT5

10-8.jpg
アライの製品は、機能はもちろん純粋に「ライダーの頭を護りたい」という想いを込めて職人たちがひとつずつ高い意識と技術をもってつくられている。

現役トップライダーやレジェンドライダーなど、アライを愛用するライダーたちが、「かわす性能」を紹介する動画。このほか「アライチャンネル」ではアライの様々な情報が確認できる。

情報提供元 [ アライヘルメット ]

この記事にいいねする

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
  
今回紹介したブランドはこちら