全方向型エアロダイナミクスを採用した最高峰ヘルメット

過酷なレーシングシーンで鍛え上げられた流麗なエアロフォルムを持つフルフェイスヘルメット「F 17 」がオージーケーカブトから登場した。
ヘルメットの浮き上がり抑制に高い効果を発揮するウェイクスタビライザーや、整流効果を高めつつ積極的にヘルメット内部の熱を放出するトップエアロベンチレーション、 コーナーリング中の姿勢でも効率よくエアーを取り込むサイドベンチレーションなど、空力を味方にする機能が数多く盛り込まれている。

そのポテンシャルは超高速域のみならず常用域でも効果を発揮。
軽さも相まってツーリング時には快適かつ疲れにくいという特性を持つ。
インカムを装備しやすい内装など、多くのライダーにメリットがあるヘルメットだ。

F17

●税込価格:5万1700円
●カラー:ホワイト、ブラック、フラットブラック
●サイズ:S、M、L、XL、XXL

空気がスムーズに流れることが想像できるエアロフォルムには、レースなどの実戦で蓄積してきた膨大なノウハウが注ぎ込まれている。
カラーバリエーションはシンプルでバイクに合わせやすい3色。
今後、カラフルなグラフィックモデルの追加を期待しよう。



ホワイト


ブラック


フラットブラック


厳しい耐貫通性を要求されるMFJの安全基準を余裕でクリアする、5層の新帽体構造「A.C.T.-2」を採用している。


さまざまなシーンでヘルメットが受ける風をシミュレート。最先端のエアロフォルムは集中力の維持に貢献する。



口元や額に配されたベンチレーションは、従来モデルよりエア導入面積を大幅に拡大。
直線だけじゃなくコーナーリング中に首が傾いてもエアーを導入しやすい。
口元のベンチレーションは3段階に調整可能。
シールドはグローブをしたままでも操作しやすいセンターロック式。


サイドに装備されたウェイクスタビライザー(黒いパーツ)は、気流をコントロールし揚力や空気抵抗を低減。安定性を向上させる。


ヘルメット上部のクレストスポイラーは、上を流れる気流をあえて乱すことで浮き上がりを抑制。高い効果が確認できた新機能だ。


耳元にはインカムのスピーカーや配線が収まるスペースを確保。
口元はマイクの設置がゆとりを持ってできる構造になっている。


シールド基部にある2軸構成の「DAF-Rラチェット」は高い密閉性と静粛性を誇る。
またワンタッチで脱着できる構造にもなっている。

コメントを残す

 
今回紹介した製品はこちら
   
今回紹介したブランドはこちら