【カワサキ Ninja250SL】
ディテール&試乗インプレッション

Ninja250に比べて30kg弱も減量をし、軽さとコンパクトさを追求されたNinja250SL。
その軽さを武器に、街乗りからスポーツ走行まで活躍の場が多いこの車両の「楽しさ」を体感してみました。
また、以前お伝えしたZ250SLとの比較にも注目してお伝えします!

Ninja250SL:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Ninja250SLのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Ninja250SLの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのNinja250SL中古車一覧

シャープなカウリングがとってもレーシー

Ninja250と並べると特にわかりやすいですが、とにかくコンパクトに造られています。車体も一回りくらい小さいのでは?と思ってしまうほど。
細部までとにかく軽量化を意識していることが伝わってくるので、SLの方がレーシーな雰囲気を感じます。

また、Z250と比較しても車格に大きな違いはなく、ほぼ同じくらいだと思います。
その軽さは取り回しにも影響が大きく、前後への押し引きはもちろん方向転換やUターン時にも楽々動かすことができるのが嬉しいですね!

 class=
 class=

フロントマスクもテール周りも引き締まっていて格好良い!

Ninja250は2灯ヘッドライトでしたが、SLは1灯になっています。こちらもZ250SLに似て「昆虫」のような雰囲気がありますが、引き締まったルックスが格好良いです。
カウル付きのNinjaか、カウル無しのZかで好みが分かれそうですね。
夜間も明るいヘッドライトで存在感をアピールです。なかなか「イカツイ」ですね。

 class=
 class=

テールカウルはNinja250に比べてかなり小さくなっています。この辺りもスリム&コンパクトの恩恵を受けていることがわかりますね。
やや上がり気味でレーシーさを醸し出しています。

 class=
 class=
Ninja250SL:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Ninja250SLのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Ninja250SLの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのNinja250SL中古車一覧

走りのスイッチをONにさせてくれるセパレートハンドル

Ninja250との大きな違いはこのセパレートハンドルでしょうか。
最近の250ccスポーツ車は比較的高めのポジションになっていますが、Ninja250SLはトップブリッジ下のセパハンになっており、他車よりも前傾姿勢がキツくなります。
慣れるまでは少しツライかもしれませんが、スポーツバイクらしい前傾姿勢に自然とライダーとしてのスイッチは入ってしまうでしょう。

 class=
 class=

シートの座り心地はZ250SLに軍配

マシンの作りがZ250SLとほぼ共通な中で、シートの質は違いました。
Z250SLは非常に座りやすかったのに比べると、Ninja250SLのシートは少し滑りやすいですね。
サイズやクッション性は同じでしたが、材質が違うだけでも座り心地が大きく違ってくるので、そこだけ少し惜しいですね。

 class=
 class=

軽い+足つき良好=停車時安心!

身長:180cm

足つきは良好です。
Z250SLの時にも感じましたが、軽くて足つきが良いと安心感が違いますね。いつでも踏ん張れますし、仮に両足が着かなくても車両を片足で支えるのも非常に楽です。基本的に身長を選ばない車両だと思います。

Ninja250SL:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
Ninja250SLのスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
Ninja250SLの新車一覧を見る
ウェビックバイク選びおすすめのNinja250SL中古車一覧

やっぱり楽しいライトウェイトスポーツ!

さて、実際に試乗して来ました。

走行中の姿勢に関してはタンク形状が良いのでニーグリップし易いです。
膝をしっかりホールドできるので、しっかり腰をズラして体重移動させても確実にホールドできるので安心です。

基本的なエンジンフィーリング等はZ250SLと同じでしたが、コーナリング性能など細かな場面で違いを感じることができました。
Ninja250SLは良く言えば「簡単に深く倒せる」、悪く言えば「思った以上に倒れすぎる」でした。
Z250SLに比べるとセパレートハンドルになっている分、コーナリング時の加重や倒し込み性能は良かったですが、慎重に行かないと結構ヒヤッとするような場面がありました。
その分サーキットなどでは大胆に攻める事ができると思いますが、感覚を掴むまではなかなか大変そうです。思いがけない切れ込みに注意です。

また、Z250SL同様に回るエンジンでは無いので、こまめにシフトアップしながら加速していくバイクです。
もう少し回せると気持ちよさ倍増で走れそうな気がします。

Ninja250が誰にでも乗りやすいバイクなのに対して、Ninja250SLは少し玄人志向に感じました。
ですが、軽量な車体によって生み出されるクイックなハンドリングやコーナリング性能など、全ての特性を引き出して走れたときには、他のマシンには無い楽しさがあると思います。
「初めてのバイクはとにかく軽くて格好いいバイクが良い!」という方にももちろんオススメです。
Ninja250SLでスーパーライトな世界を楽しみましょう!

コメントを残す

カワサキ ニンジャ 250SLの価格情報

カワサキ ニンジャ 250SL

カワサキ ニンジャ 250SL

新車 8

価格種別

中古車 21

本体

価格帯 39.5~41.65万円

40.65万円

諸費用

価格帯 6.72~7.3万円

6.93万円

本体価格

諸費用

本体

34.58万円

価格帯 30~41.15万円

諸費用

20.46万円

価格帯 20.68~21.53万円


乗り出し価格

価格帯 46.8~48.37万円

47.59万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

55.05万円

価格帯 50.68~62.68万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す