みなさんこんにちは、ウェビックモトレポート編集部です。
「ツインリンクもてぎ」にて、2016年モデルの250ccクラス試乗会が開催されました。
当日はあいにくの空模様でしたが、長時間にわたって全てのカテゴリーの2016年モデルに乗ることができました。

2016年250ccモデル試乗レポート第六弾となる今回は、人気再燃中の「スーパーモタード」についてまとめました。
モタード車両はベースがオフロードバイクなので、軽い・スリム・頑丈、だから街乗りがしやすいなど、ロードバイクを上回る魅力も見つけることができます。
市街地をもっと楽に、もっと気楽に走りたい。ワインディングを恐怖感無くスムーズに走り抜けたい。本格的なオフロードには興味がないけど、フラットな林道くらいなら挑戦したい。そんな方は是非ご覧になってください。
CRF250MWR250XXT250Xの3台です!

HONDA CRF250M
ロードバイクのような安定感!

CRF250M

街乗りからツーリングまで満遍なく楽しめ、尚且つ速く走らせることも可能な万能マシン

スペック

排気量 249cc
燃費 44.3km/L(60km/h走行時)
タンク容量 7.7L
最高出力 23ps(17kw)/8500rpm
シート高 850mm
装備重量 145kg

YAMAHA WR250X
本気でモタードを楽しむなら!

WR250X

メリハリを持ってしっかり走らせると、新しい楽しさが見えてくる。ワインディングやミニサーキットでは速さが光りそうだ。

スペック

排気量 249cc
燃費 34.0km/L(60km/h走行時)
タンク容量 7.6L
最高出力 31ps(23kw)/10000rpm
シート高 870mm
装備重量 134kg

YAMAHA XT250X
来るものを拒まぬ懐の深さ!

XT250X

しっとりとした足回り+足付きの良さで、初心者からベテランまで楽しませてくれる。悪天候にも強いところが非常に魅力。

スペック

排気量 249cc
燃費 39.0km/L (60km/h走行時)
タンク容量 9.6L
最高出力 18ps(14kw)/7500rpm
シート高 790mm
装備重量 133kg

ポジション

CRF250M

モデル 身長:176cm 体重:69kg

CRF250M

シートとハンドルのバランスがとれているうえにタンクの厚みがほどよく、まるでネイキッドバイクのような安心感がある。WR250Xよりもリヤシートが平らで、タンデムもしやすそうだ。

WR250X

モデル 身長:176cm 体重:69kg

WR250X

CRF250Mと同様に、シートとハンドル位置のバランスが良い。視界も良好で大きな問題は感じられない。着座位置を前にズラすと、大きなシュラウドがしっかりと膝にフィットする。

XT250X

モデル 身長:176cm 体重:69kg

XT250X

タンクの位置よりシートがだいぶ低いので、椅子に座っているよう感覚。安心感があり、自然と視野が広がった。

乗り味

CRF250M

CRF250M

発進からトルク感があり、シフトアップ→アクセルオン→加速の流れがとてもスムーズ。雨天ということもあり早めのシフトアップを行ったが、どのギヤでも不安感はなく、でもしっかりと前に進む感覚が得られた。高回転まで引っ張ってもストレスなく伸びてくれる。

WR250X

WR250X

3車の中では「もっとも軽快」と言ってしまって良いだろう。スロットル開度に対してリニアに反応し、ガンガン加速するので気持ちが良い。オフロードのWR250Rよりもギア比がショートにふってあるようだ。ノーマル状態ですぐにスポーツ走行を楽しめそうだ。

XT250X

XT250X

加減速やトルク感、シフトフィーリング、どれもスムーズでバランスがとれている。良い意味でもっとも予想を裏切ったのがXT250Xだった。5速ミッションは懐が深く、街を楽しく気軽に走るなら断然これを選ぶ。

ハンドリング

CRF250M

CRF250M

リヤサスペンションがしっとりしいて、シートに体重を預けながらコーナリングしていける感覚がロードバイクのようだ。リヤサスに対してフロントサスが柔らかいので、濡れた路面でのブレーキングも安心できた。

WR250X

WR250X

メリハリのあるブレーキングをしないとフロントは沈みこませることが難しい。リヤに関しても、タイヤを押し付けるようにしっかり荷重をかけていきたい。エンジンのレスポンスが良いので、体重の軽い人や雨天時の走行では無理のないようにしたい。減衰圧の調整も可能なので、スプリングレートと併せて好みのセッティングを探してみるのもよいだろう。

XT250X

XT250X

サスは前後とも柔らかく足付きも良いということもあり、今回の試乗(雨天)では一番安心してコーナーの進入から立ち上がりまで楽しむことができた。間違いなく初心者にも乗りやすいバイクだ。
ドライ路面で攻め込むような走行をした場合には、この足回りがややプアに感じることはあるかもしれない。

取り回し・足つき

CRF250M

モデル 身長:176cm 体重:69kg

CRF250M

車重は145kgで、3車の中では最も重い。しかし車体がオフロードバイクということで、ネイキッドやスーパースポーツに比べてハンドル位置が高いので押しやすい。
シート高は855mmで3車の中では中間になるが、足付き性に大きな問題はない。

WR250X

モデル 身長:176cm 体重:69kg

WR250X

とりまわしの重さはCRF250Mと大差なく、重すぎも軽すぎもしない。オフロードのWR250Rと比べるとホイールが小径な為、スタンドを立てた状態から車体を起こすのはWR250Xの方が軽い。
足付き性はもっとも悪いが、前後17インチホイールなのでなんとかなる。

XT250X

モデル 身長:176cm 体重:69kg

XT250X

3車の中ではもっとも軽く、ハンドルも切れ、シート高も低い(790mm)ので両足がベタっとつくので、手軽な林道ならチャレンジしたくなるほどだ。
小柄な方や女性でも問題なく取り回しが可能だろう。

メーター機器

CRF250M

CRF250M

メーターは、広い面積でしっかり視界に入る。各インジケーターランプやスピード表示も大きめで、とても見やすかった。ツイントリップでガソリンメーターも完備。左のハンドルスイッチの位置がヤマハ車とは異なっていた。

WR250X

WR250X

スタイリッシュで細いメーターパネル。デジタルのスピードメーターは問題なく見ることができたが、時計は秒まで表示されているので慣れないと読みにくいかもしれない。ツイントリップ。ガソリン残量の表示はないが、少なくなると警告ランプが点灯する。

XT250X

XT250X

メーターは、左にインジケーターランプ、右側にメーターパネルという構成。メーターパネルは他の2台に比べてコンパクトにまとまっているが、スピードは大きく表示されて問題なく読めた。

ハンドルスイッチまわり

CRF250M(左)

CRF250M

CRF250M(右)

CRF250M

WR250X(左)

WR250X

WR250X(右)

WR250X

XT250X(左)

XT250X

XT250X(右)

XT250X

この記事にいいねする

コメントを残す

ホンダ CRF250Mの価格情報

ホンダ CRF250M

ホンダ CRF250M

新車 0

価格種別

中古車 11

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

50.45万円

価格帯 35.75~60.47万円

諸費用

5.52万円

価格帯 2.43~8.34万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

55.98万円

価格帯 38.18~68.82万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ヤマハ WR250Xの価格情報

ヤマハ WR250X

ヤマハ WR250X

新車 0

価格種別

中古車 42

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

80.46万円

価格帯 61.64~92.3万円

諸費用

6.72万円

価格帯 4.19~5.55万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

87.18万円

価格帯 65.83~97.85万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ヤマハ XT250Xの価格情報

ヤマハ XT250X

ヤマハ XT250X

新車 0

価格種別

中古車 9

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

38.65万円

価格帯 27.9~45.8万円

諸費用

0.61万円

価格帯 4.62~6.1万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

39.26万円

価格帯 34~50.42万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す