• ducati_multistrada1200S
  • ducati_multistrada1200S
●REPORT:大屋雄一 ●PHOTO:飛澤 慎

YAMAHA MT-25、MT-03

YZF-R25/R3のネイキッド版、MT-25/03がついに日本でも10月から販売開始に!
エンジンや車体など基本コンポーネントを共有しつつ、MTシリーズにふさわしい躍動的なスタイリングへと変貌した。
今、250㏄ネイキ

ッド戦線が熱い!

MTシリーズの末弟はバランスのよさが光る

0907に続くMTシリーズの末弟として発売された25/03。今回は日本での主力商品である25をメインに試乗を実施した。ベースとなっているのはYZF-R25/R3
で、エンジンやプラットフォームを共有しつつ、〝大都会のチーター〟をコンセプトに躍動的なスタイリングが与えられている。
ライバルとなるのはカワサキZ250ホンダCB250F
KTM250デュークらで、車両価格もほぼ横並びだ。

まずはエンジンから
R25と同じ36psを発揮する水冷パラツインは低回転域から扱いやすく、スムーズにスタートできる。元気がよくなるのは7000rpmからで、それ以下の回転域は相対的におとなしく感じられるものの、市街地を移動するには十分なパワーと言える。スロットルのオンオフに対する反応が忠実なのが印象的で、クラッチレバーの操作やギヤチェンジも軽く、初心者にお勧めしやすいエンジンである。

続いてハンドリング
これもビギナーに優しい特性となっている。スタートしてすぐの微速域でも直立状態を保ちやすい、つまり歩くような速さでもフラつきにくいのだ。それでいて、曲がりたいと思うライダーの意志に対して車体が素直にバンクし、ステアリングがスイッと切れてくれる。
これは交差点を曲がるようなタイトターンから高速道路の大きなコーナーまでほぼ変わらず、「曲がり切れないかも」という不安を徹底的に排除している。
一方で、積極的に姿勢変化を使えばより旋回力が高まるなど、ベテランが操っても楽しめる要素が盛り込まれている。

ブレーキは、パワーや車重に対して十分な制動力を発揮し、コントロール性についても不満なし。
レバーにアジャスターがないのはコストダウンの影響だろうが、今回はそれほど調整の必要性を感じなかった。

ABSの未設定は残念来年以降に期待したい

さて、そのブレーキだが、ライバルのZ250250デューク
がABSを標準装備するのに対し、MT-25はタイプ設定すらない。この2台よりも車両価格は3万円ほど安いが、そこはあえて下げずともエントリーユーザーのために導入すべきでは?というのが正直な意見だ。それと、ハンドルに伝わる微振動について。メーターバイザーやタンク形状のおかげか、風圧が適度に軽減されるので高速巡航はさほど辛くないのだが、1時間も走ると手にジーンというしびれが残る。トップ6速100km/h巡航時の回転数は約7200rpmで、絶対量こそ大きくはないものの、ロングツーリング派で微振動が気になる人は、防振タイプのグローブを試してみては。

multistrada_1200S
multistrada_1200S

ブレーキはフロントがフローティングディスク+片押し2ピストンキャリパー、リヤがソリッドディスク+シングルピストンキャリパーのセットで、ABSの設定はなし。リヤショックは車載工具のフックレンチでプリロード調整可。

結論 ライバルが多いだけにフィーリングで選べ!

兄貴分の0907ほどの趣味性やスポーティさは薄いが、ゆえにバランスのよさに感心させられる。
このクラスはライバルがひしめき合っているだけに、1台に絞り込むのは難しいはず。最後は直感で選ぶべし!

●身長:174cm ●体重:61kg
YZF-R25に対して、ハンドルのグリップ位置が39mm高く、19mm手前にセットされたことで、上半身の前傾がより緩やかに。シート高780mmはYZF-R25と共通であり、両足が余裕で接地する。ニーグリップ時のフィット感も良好だ。

multistrada_1200S
クラッチをつないだ瞬間から力量差を感じる03。
25よりも低い回転域ですらキビキビ走れてしまう。
標準装備タイヤはミシュランで、安定性の高さはこの影響が大きいようだ。
multistrada_1200S
エンジンは水冷並列2気筒DOHC4バルブで、排気量はMT-25が249cc、数字が小さい方の03が320ccとなる。ストローク44.1mmは共通で、ボア径の違いがこの排気量差を生んでいる。
25、03とも1次/2次減速比は同じで、6速ミッションの変速比がそれぞれで異なる。これらはすべてYZF-R25/R3と共通であり、最高出力や最大トルク、オールブラックの塗色まで一緒とされる。
multistrada_1200S
ヘッドライトの上部にLEDのポジションランプを配置。メーターバイザーのデザインははMTシリーズのロゴマークをモチーフとしたものだ。
multistrada_1200S
YZF-R25のセパハンの名残だろうか、フロントフォークの突き出し量が多めだ。バーハンドルのクランプはラバーマウントとなっている。
multistrada_1200S
YZF-R25と同様、燃料タンクはインナータイプで、そこに樹脂カバーをかぶせている。ハンドル切れ角まで考慮した造型だ。
multistrada_1200S
三角断面のスタイリッシュなサイレンサーはYZF-R25と共通。3段膨張タイプであり、環境性能に配慮しつつ排気サウンドにもこだわる。
multistrada_1200S
テールカウルの造型はYZF-R25に酷似するが、MTシリーズには左右分割式のグラブレールが装備される。
multistrada_1200S
テールランプには日中でも被視認性の高いLEDを採用。
ウインカーは前後ともクリアレンズ+イエローバルブの組み合わせ。
multistrada_1200S
タンデムシートはキーロックで取り外し可能。
multistrada_1200S
車載工具はご覧のとおりで、ミラーステーのネジに対応したスパナがないのは残念。
multistrada_1200S
YZF-R25と共通のメーターパネル。レッドゾーンは1万4000rpmからで、ギヤ段数表示や燃料計、水温計なども盛り込む。
ウェビックユーザーが注目するバイクBEST5!!

今回は「中型車両限定の注目マシン」をテーマにアンケートを実施。どんなバイクが人気があるかをカウントダウン!!

1位 YAMAHA YZF-R25 4位 Kawasaki Ninja250
2位 HONDA CBR250RR 4位 YAMAHA セロー250
2位 Kawasaki Ninja250SL 5位 HONDA CBR250R
3位 KTM RC390 5位 YAMAHA MT-03
3位 YAMAHA YZF-R3 5位 YAMAHA SR400
3位 YAMAHA MT-25

この記事にいいねする

コメントを残す

ヤマハ MT-25の価格情報

ヤマハ MT-25

ヤマハ MT-25

新車 119

価格種別

中古車 87

本体

価格帯 53.9~63.25万円

60.94万円

諸費用

価格帯 6.9~8.58万円

6.25万円

本体価格

諸費用

本体

48.38万円

価格帯 32.8~69.8万円

諸費用

3.53万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 60.8~71.83万円

67.2万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

51.92万円

価格帯 36.83~67.59万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

ヤマハ MT-03の価格情報

ヤマハ MT-03

ヤマハ MT-03

新車 11

価格種別

中古車 34

本体

価格帯 59.5~65.45万円

64.9万円

諸費用

価格帯 5.06~7.51万円

3.85万円

本体価格

諸費用

本体

46.01万円

価格帯 27.3~66万円

諸費用

6.37万円

価格帯 5.38~8.29万円


乗り出し価格

価格帯 64.56~72.96万円

68.76万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

52.38万円

価格帯 35.59~71.38万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す