• ktm_1190
  • ktm_1190r

KTM 2015アドベンチャーファミリー最新モデル 試乗インプレッション#1

KTMアドベンチャーファミリーの国内プレス向け試乗会が開催されました。最近、国内外の各メーカーから多くのモデルが投入され注目を集める『トラベルエンデューロ』のカテゴリー。ダカールラリー14連覇を達成するなど、このジャンルで常に世界をリードしてきたKTM が放つ最新モデル4機種の試乗インプレッションを2回に分けてご紹介します。
今回は「1190アドベンチャー」「1190アドベンチャーR」 をリアルな動画解説付きでモーターサイクルジャーナリストのケニー佐川がお伝えします。

【1190 ADVENTURE】

標準モデルにして最もスポーティかつベストバランスな1台

KTMアドベンチャーファミリーの中核となるSTDモデルが1190アドベンチャーである。2003年に初登場した950アドベンチャー以来、12年をかけて進化熟成を重ねてきた水冷Vツインエンジン、通称「LC8」はピーク150psものスペックを掲げながらも、実際に乗ってみると拍子抜けするほどスムーズで穏やか。出力特性とトラコン介入度を選べる4つの走行モードや3つのABSモードを備えるコンバインドブレーキ、そして3種類の減衰力とプリロード設定が可能なサスペンションシステムなど、高度な電子制御に支えられながら安心して存分にスポーツライディングを楽しめる。
軽快なハンドリングと正確なコーナリングライン、俊敏に吹け上がるエンジンなど、走りの質はまさにアドベンチャーの形をしたスーパースポーツ と言ってもいい。KTMと聞くとアグレッシブでとかく手強いイメージがあるが、そんな先入観を見事に払拭してくれるベストバランスな一台だ。

ktm 1190 adventure

タンク容量は23Lで、半乾燥重量は212kg。1190 ADVENTURE Rより5kg軽く、ディメンションや特性もオンロード指向が高い。トラクションコントロールとして、4モード選択式のMTCが装備される。ストリート、スポーツ、レイン、オフロードを選択可。

ktm 1190 adventure

ブレーキは前後ともにBREMBO製ディスクブレーキで、BOSCH製の9ME ABSを装備する。FサスはWP製の倒立フォークを採用。ストロークは200mm。3つのモードを選択でき、ダンピング特性を変える電子制御サスペンションを装備。

ktm 1190 adventure

前後ホイールはチューブレススポークホイールを採用し、フロント19インチ、リア17インチとなる。

ktm 1190 adventure

水冷4ストロークDOHC4バルブ75°V型2気筒、1,195ccのエンジンは110KW (150HP) 、125NMを発生。KEIHIN製電子制御フューエルインジェクションが装備される。フレームはクロームモリブデン鋼トレリスフレーム。

ktm 1190 adventure

大型のナックルガードとウインドスクリーンを備え、快適なツーリングを実現。

ktm 1190 adventure

リアサスペンションはプリロードアジャスター付きのWP製モノショック。ストロークは200mm。

ktm 1190 adventure

シートはセパレートタイプで、高さを変えることができ、860 / 875mmとなる。1190 ADVENTURE Rよりも足つき性は良い。

【1190 ADVENTURE R】

ダートロードを本気で楽しめるオフロードエクスプレス

1190アドベンチャーRは同ファミリーの中で最もオフロード性能の高いモデルである。エンジンと車体はSTDモデルの1190と共通だが、大きく異なるのは足回り。前後ホイールは悪路での走破性を高めるためフロント21インチ、リヤ18インチに大径化し、サスペンションストロークも前後とも220㎜とSTDより30㎜長く設定されている。ワイドハンドルバーや前後一体型シート、クラッシュバーを標準装備するなどオフロードを走るための"ホンキな作り"が特徴である。
オンロードでの走りは大径ホイールとブロックタイヤの影響もあってか、1190に比べるとゆったりとしているが、実力を発揮するのはダートセクション。拳大の石が転がる林道に踏み込んでみたが、走行モードをオフロードにセットして走れば出力特性も穏やかでトラコンの介入も絶妙なため、コーナーではこの巨体にして気持ちよくリヤを流すこともできてしまうほど。このクラスのベンチマークと呼ぶに相応しい硬派なモデルである。

ktm 1190 adventure

KTMのアドベンチャー4モデルでは最もオフロード指向の高いのがこの1190 ADVENTURE R。ホイールサイズなどの足回りが異なっている。1190 ADVENTUREよりもやや小ぶりのウインドスクリーン。カラーも1190 ADVENTUREのクリアに対し、スモークとなる。

ktm 1190 adventure

WP製倒立フォークでストロークは220mmと1190 ADVENTUREよりも20mm多い。ブレーキはBREMBO製ディスクブレーキでBOSCH製の9ME ABSを備える。

ktm 1190 adventure

水冷4ストロークDOHC4バルブ75°V型2気筒、1,195ccのエンジンは110KW (150HP) 、125NMを発生。フレームはクロームモリブデン鋼トレリスフレームと全て1190 ADVENTUREと共通だが、エンジン前方にサブフレームが追加されている。

ktm 1190 adventure

1190 ADVENTUREとは異なり、シート高を変えることができない一体型シートで高さは890mm。

ktm 1190 adventure

Fホイールは21インチ、Rホイールは18インチとなっており、オフロードの走破性を高めている。前後ともにチューブレススポークホイールを採用。

ktm 1190 adventure

プリロードアジャスター付きWP製モノショックでトラベルは220mm。1190 ADVENTUREの電子サスではなく、マニュアルタイプとなっているのが違い。

ktm 1190 adventure

1190 ADVENTUREのセパレートタイプに対して、前後一体型となっているシートは高さもあり、オフロード指向を示している。

コメントを残す

KTM 1190 ADVENTURE Rの価格情報

KTM 1190 ADVENTURE R

KTM 1190 ADVENTURE R

新車 0

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

119万円

価格帯 119万円

諸費用

6万円

価格帯 6万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

125万円

価格帯 125万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

KTM 1190 ADVENTUREの価格情報

KTM 1190 ADVENTURE

KTM 1190 ADVENTURE

新車 0

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

119万円

価格帯 119万円

諸費用

12.7万円

価格帯 12.7万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

131.7万円

価格帯 131.7万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す