現行ラインナップでも大人気のCBR250シリーズ。その初代は1986年発売の「CBR250Four」だった。ホンダ初の250cc直列四気筒、かつクラスで初めてカムギアトレーン採用の超高回転型エンジンを備え、CBRの名にふさわしい存在感を放ちつつも、現在は希少車となっている。

スズキ、ヤマハに負けないハイメカを引っ提げて参戦したスーパースポーツ

市販車初の直列四気筒エンジン機「CB750four」を1969年に送り出したホンダだが、250ccクラスでその戦端を切ったのはスズキだった。1983年に登場したGS250FWは、世界初の250cc水冷直四エンジン、認可されたばかりのスクリーンも備える先進スポーツネイキッドだ。36ps/11,000rpmの最高出力はそれまでのシングル、ツインとは別種のハイパワー&高回転だったが、バイクブームの当時、他社も当然ライバル機を参戦させる。2番手は1985年のヤマハ「FZ250 PHAZER(フェーザー)」で、当時250cc最高出力となる45PSを発揮した。

そんな中、ホンダがGS250FWに遅れること3年にして、ホンダ初の250cc直四機として投入したのが「CBR250Four」だ。後発とはいえ、だからこそスペック、装備はそれまでのスポーツモデルとは一線を画すもの。僅か1年で後継機にバトンタッチし、市場からは姿を消してしまったという悲運に見舞われたが、その仕様は現代でも注目せずにはいられないもの。今回は実機の写真で紹介したい。

250cc初のカムギアトレインは45PS/14,500rpmを叩き出した

CBR250Four最大の特徴は、その名の示す通りの水冷直列四気筒エンジンだ。249cc、16バルブのこのエンジンは出力45ps/14,500rpm、最大トルクは2.6kg-m/10,500rpmを発揮。レッドゾーンは17,000rpmからという圧倒的な高回転を放ったが、この性能は250cc初採用となるカムギアトレーンによるもの。通常チェーンによって駆動するシリンダーヘッドのカムシャフトを、ギアによってダイレクトに回転させるこの機構は、チェーンならば避けられないフリクションロスや慣性質量を大きく低減、ならではの高回転を実現する。このエンジンはCBR250fourの後も、CBR250R、CBR250RR、JADE、ホーネットなどに改良されつつ採用され、ホンダ250スポーツを代表するパワーユニットとなった。そのメカノイズやエキゾーストノートも非常に特徴的な高音で、ファンは今なお数多い。

フレームもレプリカさながらのアルミツインスパーを採用!

もちろん注目すべきはエンジンのみならず、ホンダが大活躍していたレースシーンからフィードバックを受けたフレームも見逃せない。パイプフレームが当たり前の時代にアルミツインスパー(ツインチューブ)フレームを採用し、断面は補強が施された「目」の字型に押し出し成型、軽量かつ高い剛性を確保している。さらに足回りにはS字断面に成形された軽量な17インチアルミキャストホイール、フロントにはダブルディスクブレーキを備え、当時のレーサーレプリカさながらの装備でライバル機を圧倒した。

CBR250シリーズの始祖らしい存在感の名機

このほかにも、空力性能向上を狙った独特の大型「エアロ・リアフェンダー」や、17,000rpmでレッドに突入するレーシーな3眼メーターなど、現代の視点からみても独創的な装備を備えたCBR250Four。長く愛されて欲しいものだったが、アンダーカウルと専用色を備えたスペシャルエディションが追加された他には、カラーチェンジすらなく販売を終了。1987年にはフルカウルを装備した後継機「CBR250R」に席を譲った。ホンダの販売計画では28,000台が予定されていたものの、CBR250Rが大きな人気を呼んだ影で、なかなか見かける機会のない機体となってしまった。ちなみにCBR250Rとの見分け方は、カラーとカウルの他にもう一つポイントがある。CBR250Fourはリアブレーキがドラム式なのだ。当時はまだまだドラムブレーキも一般的だったとはいえ、これでもかというほどレーシーなエンジン&シルエットの中にぽつんと置かれたドラムブレーキは、かなり不評だったよう。しかし、ホンダ250cc四気筒の始まり、そして現代まで名を継ぐCBR250シリーズの始祖として、存在感は色あせない名機だった。

CBR250four[1986]主要諸元

・全長×全幅×全高:2,000×685×1,120mm

・ホイールベース:1,370mm

・シート高:750mm

・車重:153kg

・エンジン:水冷4ストローク並列4筒DOHC4バルブ 249cc

・最高出力:45PS/14,500rpm

・最大トルク:2.5㎏f・m/10,500rpm

・燃料タンク容量:14.0L

・変速機:6段リターン

・ブレーキ:F=ダブルディスク、R=リーディングトレーディング

・タイヤ:F=100/80-17、R=130/70-17

・価格:54万9000円(税抜当時価格)

カムギヤトレーンを250に初搭載!時計のような精密エンジンのCBR250フォア ギャラリーへ (19枚)

この記事にいいねする


コメント一覧
  1. 昔話は得意なオヤジ より:

    おいら1年でこのモデルが変わったりゆうをしっています、それはずばり売れなかったから。別冊MCでH社の方がそのような発言をされてたと記憶しています。そのテコ入れでフルカウルRがでました。
    自分はこっちに試乗してエンジンのスムーズさ、ホンダらしいまとまりのよさに関心しましたっけ。

コメントをもっと見る
コメントを残す

ホンダ CBR250Fの価格情報

ホンダ CBR250F

ホンダ CBR250F

新車 0

価格種別

中古車 1

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

37.8万円

価格帯 37.8万円

諸費用

5.02万円

価格帯 5.02万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

42.82万円

価格帯 42.82万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す