ベースコンディションも見極めて手を入れていく

ブライトロジックが仕立てた’90GSX-R1100L。油冷の後期型となる1127ccエンジンを前後17インチと組み合わせた’89年のGSX-R1100Kから、新たに倒立フォークを採用しリヤホイールを1インチ幅広の5.50-17サイズとしたモデルだ。もう35年近く前の個体だが、どう対していくか。これも同店が仕立てる販売車両なのだが、作りは他のオーナーオーダーモデル、販売車両と同じ思想に基づいている。そこに注目しよう。

製作にあたってまず確認されたのはエンジンの状態で、ここは良好だったので、そのまま使う。キャブレターはオーバーホールされ、同様に各パートは外していき、確認する。と同時に、「いい感じでツーリングに行けるようなちょうど良さを、あえて油冷ノーマル+マフラー変更程度の仕様で作ろう」と車両製作の方針を決める。

【ブライトロジック(SUZUKI GSX-R1100)】ツーリング仕様へリフレッシュ&ライトカスタムする

ブレーキはキャリパーを清掃、ブレーキホースまわりは新作し、アルミ製が装着されていたバンジョーも時間が経過していたことから交換。耐久性のことも考慮してステンレス製に改める。クラッチもオーバーホールしてピストンシールを交換、作動性を良好に、かつ軽くする。

ヘッドライトも内部洗浄、スクリーンも視界がクリアなスクリーンクラフト製の新品(ブライトロジックでオーダー可能)にして、外装もガンメタリックで再塗装。サイドには現代GSX-R1000Rのように大きなSUZUKIロゴを入れてアクセントとした。

前後のアクスルやチェーンプラーも新たにされ、各部ボルトも交換。つい見逃してしまいそうだが、こうした小さなパーツのリフレッシュが、完成車にも効いてくる。撮影後にも作業は進み、シートは内部フォームを詰めて表皮も変更、ホイールはつやありブラックでのダイヤモンドコート仕上げがされた。こうして見るとなるほど、現役当時のフラッグシップ路線の中で軽量&好トルクのスポーツツアラー要素を持っていた当時の油冷GSX-R1100の良さが楽しめそうに思える。

状態を見極め、良くしていく。時代やメーカーを問わずにどの車両でも変わらず施す作業は何度も言うが、参考にしたい。そしてもうひとつ、ブライトロジックで手を入れた車両は長く乗る人も多い。定期整備をしながら20年、25年。’94年の開店直後に作業した遠方のオーナーの車両が今も車検等で再びやってきたり、アップデートしたりする。それは、確かな作り込みがベースにあるから。油冷GSX-Rにも、もちろん現代のGSX-R1000にも、それは適用されるということだ。


Detailed Description 詳細説明


主なカスタム内容(SUZUKI GSX-R1100)

エキゾーストシステム YOSHIMURA チタン サイクロン(GV73A) カーボンカバー
ハンドル周りステアリング
*ステダン、ミラー含む
NHK ステアリングダンパー ODM-3160
外装 SCREEN CRAFT スクリーン GSX-R1100(型式89K,90L,91M,92N)



ブライトロジック(SUZUKI GSX-R1100)
取材協力:ブライトロジック TEL046-246-4488 〒243-0803神奈川県厚木市山際780-1
URL:https://www.bright-logic.com/
2024年 6月 05日

【画像】ブライトロジック(SUZUKI GSX-R1100) (10枚)

情報提供元 [ ヘリテイジ&レジェンズ ]

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

スズキ GSX-R1100の価格情報

スズキ GSX-R1100

スズキ GSX-R1100

新車 0

価格種別

中古車 9

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

183.13万円

価格帯 149.9~224.9万円

諸費用

14.27万円

価格帯 10.15~12.58万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

197.4万円

価格帯 160.05~237.48万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す