ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、ホンダ「CRF250 RALLY」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけホンダ「CRF250 RALLY」ってこういうバイク!!

honda CRF250rally

 

CRF250 RALLYが登場したのは2017年のこと。フロント21インチサイズのオフロードバイクであるCRF250Lをベースに、“ダカールラリーのレーサーレプリカ”的なコンセプトで生み出されました。

どれだけ“ダカールラリーのレーサーレプリカ”に拘っていたかというと、特徴的なクリアスクリーンは、ダカールラリーのレーサーCRF450 RALLYと同形状のものが採用するほどの拘りよう。車体に関しても、腰高なラリーレーサーのスタイリングを取り入れるべく、ベースであるCRF250Lよりも30㎜も全長が長いフロントフォークを備えていました。

この初代のCRF250 RALLYの乗り味は、全長が30㎜伸ばされたフロントフォークのおかげでCRF250Lよりもかなりおっとりしたハンドリングであることがその特徴。オフロードセクションではちょっとこの長めの足による剛性不足が目立つ場面もありましたが、高速道路ではこのしなる足がコンフォートなキャラクターを創出。フロント21インチホイールの車体構成でありながら、高速走行が楽しいというアドベンチャーバイクらしい特性を作り出していました。

ところが2020年のモデルチェンジで、CRF250 RALLYはそんな高速巡航が楽しいキャラクターから一気に方向転換。ベースモデルであるCRF250Lがオフロード性能を底上げすべくフレーム刷新やエンジンのギヤ比見直しといった大々的な改変伴うフルモデルチェンジを敢行したのです。おかげでCRF250 RALLYもこのモデルチェンジで一気にオフロード性能が引き上げられることになりました。

ちなみに先代からの大きな変更点を挙げれば、タンク容量は10ℓから12ℓへと引き上げられ、サスペンションはCRF250Lとベースを共用化。スタンダードに加えフロントフォークのストロークが25㎜大きい〈s〉もCRF250L同様に用意されることになりました。

ということで、中古車でCRF250 RALLYを選ぶ際は、2017〜2019年モデルの初代(2BK-MD44)と、2020年以降の現行型(8BK-MD47)。また現行型にはシート高830㎜のスタンダードと、シート高885㎜の〈s〉があることに留意しておきましょう。なお、開発陣によれば〈s〉の方で基本的な車体設計を行なっているとのことなので、足着き性が許すならば〈s〉を選んだ方がCRF250 RALLY本来の性能を楽しめることでしょう。

 

WebikeユーザーはCRF250 RALLYをどう感じている?

honda CRF250rally

 

詳細はコチラをクリック

CRF250 RALLY

新車平均本体価格:72.75万円
中古車本体価格:58.03万円
口コミ件数:58件
※データは2024年7月4日現在

オーナー平均満足度は5点満点中で3.79(評価人数:522人)

特筆すべきはルックスの評価が4.6点と高く、それだけCRF250 RALLYのスタイリングに惚れ込んでいるライダーが多いということでしょう。またとりまわしや走り、燃費の評価が軒並み4近く、高い水準をキープしているのも特徴的です。

一方、積載性とメンテナンス性の評価は3点程度。アドベンチャーバイクとしてこの辺りの旅性能をどう評価するかがポイントになりそうです。

CRF250 RALLYのざっくりまとめ

CRF250 RALLY

CRF250 RALLY(STD/シート高:830㎜)

CRF250 RALLY〈s〉

CRF250 RALLY〈s〉(シート高:885㎜)

 

よいところ

・ラリーレーサースタイルのデザインがかっこいい
フロント21インチ系のオフロードスタイルにしては高速走行が楽
・燃費がいい(街乗りで35km/ℓ程度)
・ウインドプロテクション性能がいい

悪いところ

サイドスタンドの立ちが強く、荷物を積載すると駐輪時に右側へ倒れやすい
・車格のわりに積載性が悪い。荷物を積むならキャリアは必須
・STDは〈s〉と比較すると最低地上高が低いので、結構お腹擦ります
・本格的なオフロード走行はちょっと難しい

CRF250 RALLYオーナーの声

ここでは数ある口コミの中でも、現行モデルのCRF250 RALLY(8BK-MD47)について特に印象的だった声を紹介します。

CRF250 RALLY

購入動機・用途・比較車種 2018年式のCRF250RALLYにも乗ってました。18’RALLY→セロー250→Vストローム650XT→23’CRF250RALLY。再び林道ツーリングに行きたくなり、CRF250Lと悩んだ結果、タンク容量と高速走行時の疲れにくさからCRF250RALLYになりました。比較車両は、CRF250L、Vストローム250SX、ヒマラヤ、KTM390ADVです。
長所・満足な点 ・標準車高の方なので、足つきが良く、タンク容量も大きいので航続距離も長いです
・しっかりしたカウルがついているので、空力性がオフ車にしては高いので、高速道路も楽です。セロー250などと乗り比べたら雲泥の差です
・MD44と比較して、マフラーの内部構造が変わったのか、フン詰まりな感じがなくなりましたね。また、クラッチが軽く、エンブレがマイルドになりました
短所・不満な点 ・相変わらず安っぽいカウルの材質。裏から透けて見えます
・せめてリアキャリアーぐらいは標準で欲しかったかな……
・〈s〉と比較すると最低地上高が低いので、結構お腹擦ります。アンダーカウルは消耗品と覚悟しましょう
これから買う人へのアドバイス 試乗できればいいんですが、最低でも跨った方が良いです。足が届くなら<S>をオススメします。僕は足が届かなかったので、諦めて標準にしましたが……。本格的な林道は車重があるので厳しいです(剣山、氷ノ山ぐらいなら行けます)。アドベンチャーごっこがしたいなら最適なバイクかと。
購入動機・用途・比較車種 CT125ハンターカブで林道含めてツーリングしていましたが、やはり高速に乗れないことで行動半径が小さいため、高速も走れるオフ車が欲しくなり購入しました。タイミング的にギリギリSERROW250も買えたのですが、自分の体サイズと合わないためパスしました。KLX230はデザインが好みではなかったためパスしました。
長所・満足な点 ・高速100Km/h巡行可能。林道もアタック系以外なら普通のオフ車と変わらない走破性です
・見た目もラリーマシンをオマージュしたデザインで恰好いいです
短所・不満な点 ・ヘッドライトが明るいとは言い難い。フォグランプを追加して対応
・サスストロークが長いから仕方ないが車体の傾きに対しサイドスタンドが一定長なので荷物を多く積んでいると右側へ転倒する危険があり、リアサスプリロードを変える必要がある。しかもプリロード調整が簡単にできない。右サイドスタンドが欲しくなる。
これから買う人へのアドバイス 足の長さ違いで無印と〈s〉付きがありますが、170cm以上の方でしたら迷わずをお勧めします。値段も変わらないし、なんやかんやで足が長い方がダート走行向きです。またダートなんて入らない方は無印でもいいでしょう。そしてロード目のタイヤを入れてください。ブロックタイヤはすぐ減ります。まぁどちらにしてもCRF250 RALLYは良いバイクですよ!

CRF250rally

購入動機・用途・比較車種 250ぐらいまででオフ車でお尻が痛くなりにくくて、航続距離も良くて、そんなバイクを探していた。
長所・満足な点 ・自分の用途にも適合していて、近場の走行でも軽く走りだせるところが良い
・今どき、近場で林道が無いから林道までの距離の方が長くなるのでオフ車にしては重い150kg……ですがうちにあるバイクの中では最軽量のバイク……そして燃費が良い!
・燃費は40km/ℓ近く走る時が有る! 大体38km/ℓですが
短所・不満な点 ・それ程本格的な悪路を走る訳では無いのでセローのリアタイヤはチューブレス……しかしラリーはチューブなのでパンクが厄介になるかも?
・車体の色は一色。赤と黒の派手な色が還暦過ぎのおいらには派手に思えるけど?
これから買う人へのアドバイス とにかく新車が無い……見つけたら興味があれば買った方が良い……考えているうちの買われて無くなるから

 

 

CRF250 RALLYのライバルをチェックする

世界的なアドベンチャーバイクブームが巻き起こってますが、日本国内のミドルクラス、いわゆる普通自動二輪免許で乗ることが400cc以下のクラスでは、アドベンチャーバイクがなかなか面白く進化を遂げています。

というのも、200kg超えが当たり前で重量級のイメージがあるアドベンチャーバイクですが、排気量が低めで比較的軽量なミドルクラスでは、その重さからくる制約が低め。そのため、ミドルクラスのアドベンチャーバイクではキャラクターの多様化が顕著なんです。

CRF250 RALLYのようなオフロードよりのフロント21インチホイールのトレールモデルをベースにしたアドベンチャーバイクがあれば、オールマイティキャラクターでフロント19インチサイズのVストローム250SXも存在します。また400ccクラスには同じくフロント19インチホイールながらも、積載性などの長距離性能の高い400Xのような車両も存在。スズキにいたっては前出のVストローム250SXに加え、積載時の安定感が高くとにかくロングディスタンスな旅やロードセクションが得意な得意な前後17インチホイールのVストローム250の2枚看板で磐石な体制をしいています。

それでは、ライバルの口コミが気になる方は、コチラもチェックしてみましょう!
※オーナー平均満足度や口コミ数は2024年7月4日現在です。

SUZUKI Vストローム250SX

https://moto.webike.net/bike-review/SUZUKI/126_250/VSTROM250SX/

オーナー平均満足度:4.31(評価人数:921人)
新車平均本体価格:48.66万円
中古車平均本体価格:53.06万円
口コミ件数:21件

詳細はコチラ

HONDA 400X

https://moto.webike.net/bike-review/HONDA/251_400/400X/

オーナー平均満足度:4.09(評価人数:62人)
新車平均本体価格:85.8万円
中古車平均本体価格:56.9万円
口コミ件数:62件

詳細はコチラ

ギャラリーへ (9枚)

この記事にいいねする


コメントを残す

ホンダ CRF250 RALLYの価格情報

ホンダ CRF250 RALLY

ホンダ CRF250 RALLY

新車 143

価格種別

中古車 29

本体

価格帯 62.15~76.45万円

72.66万円

諸費用

価格帯 5.6~7.89万円

4.63万円

本体価格

諸費用

本体

57.51万円

価格帯 45.1~73.59万円

諸費用

5.88万円

価格帯 5.27~6.13万円


乗り出し価格

価格帯 67.75~84.34万円

77.29万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

63.39万円

価格帯 50.37~79.72万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す