スペシャルなカスタムバイクを製作し続ける「DEUS EX MACHINA(デウスエクスマキナ)」。オーストラリア発のカスタムバイク&アパレルブランドであり、現在は日本を含め世界中に店舗を展開している。世界中のカスタムビルダーとのコラボレーションも有名で、今回紹介するカスタムバイク「Nut Kwaka(ナッツ・クワカ)」もその一つ。Deusシドニーのチーフ・カスタムバイクビルダーのジェレミー・タガンによる、カワサキのW650のエンジンをベースとしたチョッパースタイルだ。

アメリカと日本のカスタム文化が融合したナッツ・クワカ

ナッツ・クワカと名付けられた同マシンは、60〜70年代のアメリカン・チョッパーと、日本のカスタムバイクシーンからインスピレーションを受けて製作されたという。昨年横浜で開催された「ホットロッド・カスタムショー」へ訪問したジェレミーいわく、日本のカスタムスタイルに大きく影響を受けたそう。

ホイールは元々フロント21インチ、リア17インチだったが、前後16インチのボバースタイルに変更。太くなったフロントタイヤをフロントフォークにセットするため、トップブリッジとアンダーブラケットは「DNA Customs」製のアルミ削り出しだ。

燃料タンクはハーレーダビッドソンのスポーツスター用を加工して装着。ユクークな形状のシーシーバーだが、サボテンをモチーフにしているらしい。ハンドルはフロントフォークのトップキャップにそのままセットするラビッドバーを採用。フロントフォークからハンドルへと繋がる美しいラインを造り上げた。

特徴的なネーム、“Nut Kwaka”の由来とは?

気になるバイク名である「ナッツ・クワカ」の由来をジェレミー本人が語る。

ジェレミー「Kwakaはオーストラリアでのカワサキのニックネーム。Nutは、そのー、あれだよ、男の子の股間にあるアレ。この車両はリアサスペンションが無いだろう。だからNutがクラッシュしないように気をつけてねってことで、クラッシュとKwakaを掛け合わせたわけ。まぁ、オヤジギャグ的な感じかな」

ビンテージなチョッパースタイルなだけあり、リジットフレームが採用される同車。路面の衝撃がそのまま搭乗者に響くため、そこから名前をとったというのは何ともユニークな理由。

実はジェレミーが手掛けたW650ベースのカスタム車は今回が初めてではなく、以前にもウェビックプラスで登場している。W650のエンジンを使ったカスタム車であり、「Goldy(ゴールディ)」と名付けられたトラッカースタイルだった。ちなみに、ゴールディにはしっかりとサスペンションが装着されている。

今後も国産車をベースとしたカスタム車の製作を続けてくれるのだろうか。是非次回作にも期待したい。

参考:W650(2008)主要諸元

・全長×全幅×全高:2180×780×1075mm
・ホイールベース:1465mm
・シート高:800mm
・車重:211kg
・エンジン:空冷4ストローク並列2気筒OHC 675cc
・最高出力:48.0PS/6500rpm
・最大トルク:5.5kg-m/5000rpm
・燃料タンク容量:14L
・変速機:6段リターン
・ブレーキ:F=ディスク、R=リーディングトレーディング
・タイヤ:F=100/90-19、R=130/80-18

W650ベースのチョッパースタイル爆誕! デウス・エクス・マキナが贈る「Nut Kwaka」  (11枚)

この記事にいいねする


コメントを残す

カワサキ W650の価格情報

カワサキ W650

カワサキ W650

新車 0

価格種別

中古車 48

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

76.93万円

価格帯 39.6~235万円

諸費用

7.6万円

価格帯 10万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

84.54万円

価格帯 49.6~245万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す