ウェビックコミュニティのMyバイクより、実際に乗っている・乗っていたオーナーの声を基に様々なバイクを紹介する「オーナーレビューまとめ」。
今回は、ヤマハ「トレーサー9 GT/+ ABS」についてオーナーの生の声をお届けします!

ぶっちゃけヤマハ「トレーサー9 GT/+ ABS」ってこういうバイク!!

ownerreview_yamaha_tracer9GT

近年、クロスオーバーというジャンルのモデルが増えてきています。アドベンチャーバイクのようなアップライトなポジションとストロークが長めの足回りを備えていますが、ホイール径は前後17インチのロードスポーツキャラクター。エンジンに関しても、未舗装路を走るためトルク特性重視のアドベンチャーバイクとは対照的に、吹け上がりのいいロードスポーツ系の元気な高回転型エンジンを搭載しています。

ヤマハのトレーサー9 GT/+ ABSは、近年におけるクロスオーバーモデルの草分け的存在として2015年に登場しましたが、当時は“トレーサー9 GT”ではなく“MT-09トレーサー”という名前でした。名前の通りネイキッドモデルのMT-09のバリエーションモデルとしての位置付けで、エンジンはもちろん、メインフレームも共通。これは現在のMT-09とトレーサー9 GTの関係性と一緒です。ただ当時はスイングアーム長までも一緒で現在のようにMT-09に比べて60㎜長いなんてことはありませんでした。

2018年に“MT-09トレーサー”から“トレーサー900”へと改名したタイミングで、このスイングアームの延長を行いコンパクトでクイックなハンドリングから、大柄でツアラーらしい“やや”おっとりしたキャラクターへと路線変更。2021年にはベースのMT-09が大幅な車体&エンジン刷新を行なったのと同時に“トレーサー900”もモデルチェンジを行い、さらに“トレーサー9 GT ABS”へと再度車名変更を実施。この直近のモデルチェンジでは6軸IMUや、ヤマハ初のソレノイドバルブ(即応)式電子制御サスペンションを得るなど大幅なブラッシュアップが行われることになりました。

つまりトレーサー9 GTの中古車を選ぶ際には大まかに分けて、2015からの“MT-09トレーサー”、2018年からの“トレーサー900”、2021年以降の“トレーサー9 GT(2024年6月現在の現行モデル)”の3種類があることを覚えておきましょう。

さらに2023年には、これまたヤマハ初となる追従型のアダプティブクルーズコントロール(以下:ACC)を搭載した“トレーサー9 GT+(プラス)”が登場。現状、ヤマハ以外にもACCを積んだモデルはいくつかありますが、それらとトレーサー9 GT+が搭載するACCとの絶対的な違いは、ヤマハのACCは、電子制御サスペンションと連動し姿勢制御を行うことで、急ブレーキレベルのブレーキ制御を行えるようになったということです。また、このレーダー連動UBS以外のACC基本装備も他の機種と比べるとより緻密で違和感のない制御となっているのがトレーサー9 GT+の特徴です。

というのも、ドゥカティやBMW、KTM、カワサキが採用するACCは全てボッシュ製で、その制御内容は程度の差はあれどほぼ一緒。一方、ヤマハではミリ波レーダーユニットこそボッシュ製なものの、ACCの味付けを行う制御システムや6軸IMUを自社開発したことで、よりヤマハらしさを強調した精度の高いACC制御が可能となったというわけです。

 

Webikeユーザーはトレーサー9 GTをどう感じている?

ownerreview_yamaha_tracer9GT

詳細はコチラをクリック

TRACER9 GT/+

新車平均本体価格:163.58万円
中古車本体価格:126.5万円
口コミ件数:20件(MT-09 トレーサー:63件トレーサー900:41件トレーサー9 GT:20件
※データは2024年6月16日現在

トレーサー9 GTのオーナー平均満足度は5点満点中で4.15(評価人数:216人)

特筆すべきは、積載性の評価が4.6点以上といい一方で、走りの評価も4.5点以上で“スポーツ”ツアラーであるトレーサー9 GTのキャラクターを非常によく表していると言えるでしょう。

その一方でとりまわしに関しては評価が3.5点とやや低めのようです。

トレーサー9 GTざっくりまとめ

ownerreview_yamaha_tracer9GT

よいところ

・クルーズコントロールやトラクションコントロール、グリップヒーターなど約150万円(ACC付きの+は約180万円)とは思えないくらい標準装備が豪華
・旅先で積載したまま峠をスポーティに走れる
・長距離ツーリングが苦にならない機能が盛りだくさん
・思ってた以上に足回りが良くて十分楽しめる

悪いところ

・シート幅が広く、カタログスペック以上に足つきが悪い
・左足に当たるエンジンの排熱が熱い
・ライダー用シートの座面は広くて良いがクッションが固すぎる
・ハンドル切れ角が少なく小回りは不得意

トレーサー9 GTオーナーの声

ここでは2021年モデル以降のトレーサー9 GTの口コミに関して特に印象的だった声を紹介します。

ownerreview_yamaha_tracer9GT

購入動機・用途・比較車種 このバイクは「旅先でスポーツ走行を諦めない」これに尽きる。トライアンフTiger900GTproから乗り換え。
長所・満足な点 追従クルコン(ACC)
・コレ系にしてはコンパクト軽量な車体、クイックなコーナリング
サイレンサーが腹下に収まってるのでパニアの収納量が多い
・旅先で積載したまま峠をスポーティに走れる
短所・不満な点 ・半クラがやたら遠い、冬グローブじゃ届かないのでは?というくらい
・標準シートはなかなかのケツ痛シートなのでコンフォートに交換した
これから買う人へのアドバイス 積載やスタイルでアドベンチャーがいいけど19インチじゃ退屈すぎる、みたいな人にいいのかもしれない。
購入動機・用途・比較車種 初めての大型バイク。比較車種はスズキのVストローム1050DEとカワサキのニンジャ1000SXです。
長所・満足な点 ・走行中の乗り心地がとても軽く、ロングツーリングでもあまり疲れを感じません
約150万円とは思えないくらい標準装備が豪華で、オプションにはなりますがフルパニア状態での安定性と積載性も抜群です
・コーナーでのハンドリングが軽いのも最高です
燃費は平均27km/Lほどで一回の給油で400kmぐらいは走ってくれます
短所・不満な点 ・シート幅が広いので、どちらかといえば足つきは悪いバイクになります
・体重量もそこそこ重いので、駐輪場等から乗りながらバックする時はかなり慎重になってしまいます。
これから買う人へのアドバイス 足つきが気になると思った人は、バイクショップ(展示車があればベスト)で実際跨ってみることをおすすめします。

ownerreview_yamaha_tracer9GT

購入動機・用途・比較車種 始めは'21MT-09SPの新車を買うつもりだったがそれまで乗っていたバイクの下取り価格が良かったので、思い切って購入しました。
長所・満足な点 まずは疲れない!それまではずっとSSばかり乗っていたので本当に楽ちん
・クルーズコントロールにクイックシフターも本当に最高
・見た感じ完全なツアラーなんですが、峠を軽快に走る事も可能な出来の良さ
・思ってた以上に足回りが良くて十分楽しめます
短所・不満な点 ・当然だけど重い
・シート高がカタログスペック以上に悪いです
これから買う人へのアドバイス 約8ヶ月待ちました。途中何度もくじけそうになりましたが、本当に待って良かったです。それほどバイクの完成度は高いです。じっと待てる、もしくは現車があるなら即買いしましょう。

 

 

トレーサー9 GTのライバルをチェックする

“前後17インチホイール”、“アップライトなアドベンチャーバイク風のポジション”、“ロードスポーツモデル由来のスポーティなエンジン”といった要素で構成されるクロスオーバーモデル。実名を出せば、BMWのXRシリーズ、トライアンフのタイガースポーツ660、カワサキのヴェルシス1000SE、スズキのGSX-S1000GXですが、現状これらのクロスオーバーモデルにACC機能を備えたモデルはありません

セミアクティブタイプの電子制御サスペンションを備え、スポーツ走行やツーリングなどでキャラクターが切り替えられるモデルとしてはヴェルシス1000SEやGSX-S1000GXあたりがライバルの候補にあがってきます。ただ価格を見てしまうとトレーサー9 GTにしても、ACC付きのトレーサー9 GT+にしても装備面の豪華さが際立ちます。

それでは、ライバルの口コミが気になる方は、コチラもチェックしてみましょう!
※オーナー平均満足度や口コミ数は2024年6月16日現在です。

SUZUKI GSX-S1000GX

ownerreview_yamaha_tracer9GT_9_gsx-s1000gx

オーナー平均満足度:3.77(評価人数:18人)
新車平均本体価格:196.05万円
中古車平均本体価格:176.07万円
口コミ件数:4件

詳細はコチラ

KAWASAKI VERSYS 1000 SE

ownerreview_yamaha_tracer9GT_8_versys1000se

オーナー平均満足度:4.02(評価人数:41人)
新車平均本体価格:204.25万円
中古車平均本体価格:160.4万円
口コミ件数:6件

詳細はコチラ

ギャラリーへ (8枚)

この記事にいいねする


コメントを残す

ヤマハ トレーサー9 GTの価格情報

ヤマハ トレーサー9 GT

ヤマハ トレーサー9 GT

新車 150

価格種別

中古車 8

本体

価格帯 134.2~182.6万円

162.83万円

諸費用

価格帯 6.26~9.7万円

6.41万円

本体価格

諸費用

本体

126.17万円

価格帯 99.8~139.6万円

諸費用

6.7万円

価格帯 7.15~7.8万円


乗り出し価格

価格帯 140.46~192.3万円

169.25万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

132.87万円

価格帯 106.95~147.4万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す