不安を減らし楽しく走るパッケージも提案する

2024年の今、登場から40年経ったモデルだからかつてを知っている、あるいはデビュー当時に憧れたなどという人が乗っていると思いがちなニンジャ=GPZ900R。実際にはどうなのか。

「ニンジャは若い人も乗っているようです。ただ、車両のことは分からない。それで調子がいまひとつで、でも買ったところからは“古いのでこんなもの”など言われることも多い。それか、調子がいいのかどうかも分からない。そんな方が来店されることも多いですね」。開店から26年、「専門というわけではないんですけど、ニンジャはよく来ますし、扱います」と言うブルドッカータゴス・田子さんの話だ。来店する車両の仕様も調子もさまざま。ただ、今手に入れてどんな風に仕立てるといいのか、不安を減らせるのかという点には、ちょうど車検で入庫していたこの車両がいい見本になりそうだ。

【ブルドッカータゴス(KAWASAKI GPZ900R)】流行に先駆けて手がけられたフルカウルニンジャの好例

「元々ニンジャに乗っているお客さんがカスタムの相談をされていたのですが、転勤でしばらく遠方に行かれることになったんです。でしたらと、当時乗っていた車両を当店のカスタム済みデモ車と入れ替えという形で少し前に販売したものです。デモ車としては“走るニンジャ”をテーマに、製作当時にあまりなかったノーマルフルカウルの外観を持たせて、東京モーターサイクルショーにも展示しました。内容はノーマルから一歩進んだ仕様という感じです。

ホイールはアルミ鍛造のラヴォランテ・レジェンダで前後17インチにして、後期型純正フロントフォークにYSSのPDバルブ(適度な減衰力を加えるインナーバルブ)と、その仕様に合わせたハイパープロスプリングを組んで。リヤには17インチに合わせたハイパープロショックを使っています」

純正フルカウル仕様に合わせた純正フロントフォーク仕様でいながら、きっちり内容のレベルをアップ。タゴスはハイパープロサービスショップで、ショックやスプリングの選定、仕様変更等にもノウハウが豊富だし、長年TOT=テイスト・オブ・ツクバでニンジャを走らせている。田子さんも自身のニンジャでじつにさまざまなステージを走り回ってきたから、そのノウハウも反映できる。それが生かされている。

「ポジションも重視していて、ハンドルまわりはタゴス・クルーズステムキットTYPE-1とタゴス・ニンジャバーZ、シートはタゴス・ライディングシート、ステップはケイファクトリーのライディングステップという構成です。エンジンはヴォスナーφ74mm鍛造ピストンを組んだ945cc。大がかりでこそないですけどしっかりパワー感もトルクも高まる仕様になっています。納車した後もオーナーさんはだいぶ走られて、途中1度エンジンオーバーホールを受けています」

それだけ距離を重ねるほどに走れる、走りたくなる仕様として仕上がっていたことの証明と言える。今ニンジャが現役で用意されるのなら、こんな感じがいい──。そう多くの人が思うような要素が取り込まれたような仕上がりを、今多くの人がニンジャらしいと捉える純正ライクルックすで実現。これは確かに、見本にしたくなる。


Detailed Description 詳細説明


主なカスタム内容(KAWASAKI GPZ900R)

エンジン
*エンジンカバー類含む
BULL DOCKER TAGOS ヴォスナー×TAGOS オーバーサイズピストンKIT φ74
BULL DOCKER TAGOS TAGOS ラジエターガード
BULL DOCKER TAGOS TAGOS ラジエターガード
K-FACTORY クラッチレリーズ Kタイプ
キャブ/インテーク KEIHIN FCRφ39mmキャブレター
DNA ケーヒン FCRキャブレター用 フィルターアダプター 樹脂製
DNA カスタムフィルター レーシングキャブレター用 オーバルテーパード(ラバートップ) φ54 [4個入]
エキゾーストシステム K-FACTORY チタンフルエキゾーストマフラー SD (GPZ900R)
ブレーキ周り
*マスター含む
フロント
GALE SPEED VRC ブレーキマスターシリンダー
SUNSTAR プレミアムレーシングディスク
ブレーキ周り
*マスター含む
リア
BREMBO 2P リアキャリパー
BULL DOCKER TAGOS TAGOS 84キャリパーサポート
GALFER ウェーブディスク ワンピースタイプ
ホイール周り
フロント
LAVORANTE LEGGENDA 3.50-17
ホイール周り
リア
LAVORANTE LEGGENDA 6.00-17
サスペンション
フロントフォーク
BULL DOCKER TAGOS PDバルブ用 HYPERPRO フロントスプリング GPZ900R A7-A11
BULL DOCKER TAGOS GPZ900R用 YSS PDフォークバルブ(A7-A11)
サスペンション
リアショック
HYPERPRO タゴスSP GPZ900R リアサスペンション [エマルジョン] アルミシリンダー
ステップ K-FACTORY ライディングステップ ステイゴールド
ドライブシステム駆動系
*スプロケット、カバー含む
GALE SPEED VRC クラッチマスターシリンダー
K-FACTORY クラッチレリーズ Kタイプ
RK 50XXW ドライブチェーン
ハンドル周りステアリング
*ステダン、ミラー含む
BULL DOCKER TAGOS TAGOSニンジャ・クルーズステムキット TYPE-1
BULL DOCKER TAGOS タゴス・ニンジャバーZ (A7-A16)
BULL DOCKER TAGOS TAGOS FunKeyプロテクトシール レッド
MAGICAL RACING レーサーレプリカミラー タイプ5ヘッド
シート BULL DOCKER TAGOS タゴス・ライディングシート(メッシュ)Type1 張り替え
外装 ZERO GRAVITY スクリーン ダブルバブル スモーク
BULL DOCKER TAGOS TAGOSヒールプレート(左右セット)
MAGICAL RACING メーターカバー 綾織りカーボン製



ブルドッカータゴス(KAWASAKI GPZ900R)
取材協力:ブルドッカータゴス TEL0270-75-4772 〒372-0825群馬県伊勢崎市戸谷塚町42-1
URL:https://www.bd-tagos.net/
2024年 5月 06日


【画像】ブルドッカータゴス(KAWASAKI GPZ900R) (10枚)

情報提供元 [ ヘリテイジ&レジェンズ ]

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
 
       
コメント一覧
  1. あま より:

    NINJA乗ってる人は矛盾したことをしてるよな。エンジン冷やすために大きなラジエター付けるわりにセンターカウル外して。

    センターカウル付けてた方が冷却に有利なのに。見た目とか、脚に当たる熱気で外した方がいいと思うんだろうな。

    ちなみに俺もNINJA乗りだがセンターカウルもアンダーカウルも外していない。

コメントをもっと見る
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

カワサキ GPZ900Rの価格情報

カワサキ GPZ900R

カワサキ GPZ900R

新車 0

価格種別

中古車 27

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

177.18万円

価格帯 94~316.5万円

諸費用

14.09万円

価格帯 7.02~8.97万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

191.27万円

価格帯 102.97~323.52万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す