ヤマハ発動機は大型ストリートファイター「MT-09」の上級グレード「MT-09 SP」を発売する。今年フルモデルチェンジを果たした新型MT-09に、KYB製フォークやオーリンズ製リアショック、ブレンボ「Stylema」キャリパーを搭載し、走行モードにTRACKモードを追加するなど走行性能を追求した仕様だ。さらにSPはスマートキーを新採用。性能、機能ともに洗練度を強める。

発売は2024年7月24日(水)、価格は144万1000円で、スタンダードから18万7000円のプラス。従来のSPからは10万円のアップとなった。

さらなる高速域と高負荷に耐える「SP」ようやく登場!

2014年発売のMT-09は、クロスプレーンの846cc水冷並列3気筒エンジンを搭載するネイキッドモデル。生誕10周年を迎えた今年はフルモデルチェンジを受け、ヘッドライトやタンクのデザインを大幅変更。クルーズコントロール、バックスリップレギュレータ、5インチTFT液晶メーターといった装備を新たに獲得。スタンダードモデルは2024年4月から国内発売を開始している。海外で先行発表されていた「SP」仕様についても導入が待たれていた。

そこでいよいよ発表されたMT-09 SPは、スタンダードモデルの仕様はそのまま、足回りと中心とした装備を強化した上位グレード。MT-09の「SP」ラインナップは2018年モデルから続いており、専用のフォークやリアショックを採用。街乗りを主戦場とするストリートファイターながら、スーパースポーツモデルさながらの足まわりで、更なる高速域と高負荷でのコントロールに耐える仕上げだ。2024年モデルもその仕様は踏襲し、KYB製フルアジャスタブルフロントフォーク、オーリンズ製フルアジャスタブルリアショックを搭載。さらにフロントブレーキには軽量かつ高剛性、大径ピストンのブレンボ製モノブロックキャリパー「Stylema」を新採用した。

さらにソフト面でも機能が追加。シーンによるライディングモードセレクト「YRCモード」には、新たにサーキット走行に特化した4段階のTRACKモードが選択可能に。さらにEBM(エンジンブレーキマネジメント)、ABSカット(リアのみ)の設定も調整できる。またメインキーにはMTシリーズ初となるスマートキーシステムを新採用した点も見逃せない。

そんな新柄MT-09 SP、カラーラインナップはYZF-R1Mのイメージを持つ「ブルーイッシュホワイトメタリック2」1色のみ。価格は価格は144万1000円で、スタンダードの125万4000円からは18万7000円のプラス。従来のSPからは10万円のアップとなるが、充実の新装備には注目度大だ。

MT-09 SP ABS[2024]

発売日:2024年7月24日(水)
メーカー希望小売価格:¥1,441,000

ブルーイッシュホワイトメタリック2【新色】

AP002169086_2024_MTN890D_BWM2_EUR_YAM_MT09DX_STU_004_03_2024-06-14 9-26-21
AP002169084_2024_MTN890D_BWM2_EUR_YAM_MT09DX_STU_002_03_2024-06-14 9-26-05

MT-09 SP ABS[2024]主要諸元

・全長×全幅×全高:2,090×820×1,145mm
・ホイールベース:1,430mm
・シート高:825mm
・車重:194kg
・エンジン:水冷4ストローク並列3気筒DOHC4バルブ888cc
・最高出力:120PS/10,000rpm
・最大トルク:9.5kg-m/7,000rpm
・燃料タンク容量:14L
・変速機:6段リターン
・ブレーキ:F=Wディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=120/70ZR17、R=180/55ZR17
・価格:144万1000円

【新車】スマートキー新採用!上級グレード「MT-09 SP」144万1000円で7/24発売 ギャラリーへ (10枚)

この記事にいいねする


コメントを残す

ヤマハ MT-09の価格情報

ヤマハ MT-09

ヤマハ MT-09

新車 133

価格種別

中古車 80

本体

価格帯 108.4~144.1万円

124.11万円

諸費用

価格帯 5.51~9.7万円

8.3万円

本体価格

諸費用

本体

92.84万円

価格帯 54.8~133.1万円

諸費用

8.12万円

価格帯 5.15~7.6万円


乗り出し価格

価格帯 113.91~153.8万円

132.41万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

100.97万円

価格帯 62.4~138.25万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す