各オーナーの使い方も見込んでセットアップする

’23年夏に国内限定販売された25周年記念モデルによって、歴史の積み重ねを改めて思い起こさせてくれたハヤブサ。’99年の初登場以来、一貫してスズキのフラッグシップ、またアルティメットスポーツとしての存在感を示し続けてきた。

キャンディダーリングレッド×グラススパークルブラックに塗り分けられたこの車両も、ハヤブサがベース。国内仕様も登場する一方、モトマップ扱いの正規逆輸入モデルも展開していた’14年型L4のうち、後者、AMSC(アメリカンスズキ)の創立50周年を記念した当地のリミテッドエディションカラーだ。

世に出ておよそ10年が経つはずなのにその外観含めてきれいで、上質な感じがするのは、全体の仕立ても関わっているのだろう。

【テクニカルガレージRUN(SUZUKI HAYABUSA)】フラッグシップの性能をより引き出せるようにサポート

「当社のヴァージョンアップ・コンプリートとして作っています。よくご紹介いただいている通りに、各部の上質化や軽量化を行い、オーナーさんにフィットした使い勝手や操作感を作り込んでいます。

この車両では足まわりとライディングポジションの構築という部分をターゲットに望むパートに手を入れ、セットアップを施しています」と、テクニカルガレージRUN・杉本さん。

上質化とは見た目だけでなく、触れた時のなじみの良さや機械としての作動の正確さ、組み付け精度などといった部分の質を高めることと取っていい。ホイールなら回転の正確さ、ブレーキなら効くことに加えてコントロール性の良さ。サスペンションなら次々変化していく速度、そして路面状況に追従しながらライダーに正しい情報を伝え、不要な衝撃は緩和するということだ。

その上で軽さや的確なコントロール性も加わる。ハヤブサはベースポテンシャルもかなり高いレベルにあるのだが、それをさらに引き上げてくれることになる。現代バイクではカスタムは難しいと言われることもあるが、オーナーフィッティングというカスタムとその先の基本は変わらない。車両、そして個々のパーツの性能をしっかり引き出すトータルパッケージングが出来れば、このように魅力ある車両が作れるのだ。

Detailed Description 詳細説明


主なカスタム内容(SUZUKI HAYABUSA)

エキゾーストシステム K-FACTORY FRC チタン フルエキゾーストマフラー1本出し
ブレーキ周り
*マスター含む
フロント
BREMBO レーシングラジアル ブレーキマスターシリンダー
K-FACTORY ビレットブレーキレバーB13/タイプR
BREMBO レーシングラジアルCNC 4Pキャリパー
BREMBO スーパースポーツディスク
ホイール周り
フロント
MARCHESINI M10S Kompe Evo 3.50-17
ホイール周り
リア
MARCHESINI M10S Kompe Evo 6.00-17
サスペンション
リアショック
OHLINS TTX GP
ステップ K-FACTORY ライディングステップ
ドライブシステム駆動系
*スプロケット、カバー含む
RK 50XXWドライブチェーン
ハンドル周りステアリング
*ステダン、ミラー含む
K-FACTORY ハンドルアップキット
MAGICAL RACING レーサーレプリカミラー タイプ1ヘッド
BREMBO レーシングラジアル クラッチマスターシリンダー
K-FACTORY ビレットブレーキレバーB13/タイプR
シート TECHNICAL GARAGE RUN スポーツ&コンフォートシート(ツートンカラー)
外装 MAGICAL RACING カーボントリムスクリーン 綾織りカーボン製 スモーク
MAGICAL RACING カウルインナーパネル 綾織りカーボン製
MAGICAL RACING タンクエンド 綾織りカーボン製
MAGICAL RACING フロントフェンダー/フォークガード一体型 綾織りカーボン製
MAGICAL RACING リアフェンダー 綾織りカーボン製
MAGICAL RACING フェンダーレスキット 綾織りカーボン製
MAGICAL RACING 汎用リフレクターキット



テクニカルガレージRUN (SUZUKI HAYABUSA)
取材協力:テクニカルガレージRUN 〒260-0001千葉県千葉市中央区都町2-2-7 TEL043-309-5189
URL:https://www.tg-run.com/
2024年 3月 25日
【画像】テクニカルガレージRUN(SUZUKI HAYABUSA) (10枚)

情報提供元 [ ヘリテイジ&レジェンズ ]

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

スズキ HAYABUSAの価格情報

スズキ HAYABUSA

スズキ HAYABUSA

新車 144

価格種別

中古車 68

本体

価格帯 190.41~222.2万円

214.23万円

諸費用

価格帯 8.5~10万円

5.05万円

本体価格

諸費用

本体

115.04万円

価格帯 52.84~208.45万円

諸費用

14.15万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 198.91~232.2万円

219.28万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

129.2万円

価格帯 65.78~199.35万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す