CB750/900Fで万全を期しつつ万一に備え頂点フラッグシップを捩じ込む戦略で誕生した1,000cc6気筒!

アメリカの排気ガス規制マスキー法をクリアするため、2輪の開発ピッチを減速せざるを得なかったのが、1977年から一気に挽回する戦略戦術の急先鋒はCB750Kだった。
ところがヨーロッパではスポーティでないとの拒否反応。急遽ロングタンクで前傾ポジションのCB750F、続いてCB900Fを投入しての快進撃がはじまった。

そんな折りにCB750/900Fでも疑心暗鬼だったホンダは、世界中を圧倒するスーパーパフォーマンスのフラッグシップ・スーパースポーツを開発して万全を期することとなった。
着手したのは何と直6!(インライン6とかストレート6とも呼ばれる)。
1960年代に世界GPを席巻したホンダの、圧倒的優位さを象徴していたのが250ccのRC166が搭載していたDOHC6気筒。これぞホンダの強さを最も象徴したエンジンということで白羽の矢が立ったのだ。

→全文を読む

情報提供元 [ RIDE HI ]

この記事にいいねする


コメントを残す

ホンダ CBX1000の価格情報

ホンダ CBX1000

ホンダ CBX1000

新車 0

価格種別

中古車 4

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

357.13万円

価格帯 352~363万円

諸費用

20.33万円

価格帯 15~25万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

377.47万円

価格帯 377~378万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す