暫く4気筒のいない400ccクラスに初のDOHCを投入!

カワサキは'60年代終盤から狙っていた大型クラス進出で、先行したホンダCB750フォア(量産で初の4気筒)の爆発的な成功を前に、ナナハン計画をストップして排気量を900ccまで拡大、ホンダが見送ったより高度なDOHCを採用するなど開発期間を経て1972年にZ1をリリース、念願だった世界の頂点に君臨した。

こうした勢いと開発を重ねた実績から、Z1(Z2)系の4気筒ノウハウを中型クラスへ展開したのが、1979年にデビューした国内市場でもトップの座まで昇り詰めたZ400FX。

それ以前に中型クラスでも4気筒を唯一ラインナップしていたのはホンダ。1972年にCB350フォア、1974年にCB400フォアへ拡大して、排気量が400ccをオーバーしていたので当時施行された中型免許で乗れるモデルを追加した1976年以来、中型には4気筒がないままに過ぎていた。

→全文を読む

情報提供元 [ RIDE HI ]

この記事にいいねする


コメントを残す

カワサキ Z400FX/Z400Jの価格情報

カワサキ Z400FX/Z400J

カワサキ Z400FX/Z400J

新車 0

価格種別

中古車 11

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

353.1万円

価格帯 314.05~398.05万円

諸費用

13.61万円

価格帯 11.39~21.89万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

366.71万円

価格帯 325.44~419.94万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す