1972年の東京モーターショーに市販間近を予感させる詳細展示!

1972年の第19回東京モーターショーで、ヤマハ・ブースの目玉は新型ロータリーエンジンを搭載したRZ201だった。
当時は日本4メーカーとも、ロータリーエンジンの開発が噂されていて、ホンダとスズキが1ローター、ヤマハとカワサキが2ローターと囁かれていたほど情報も錯綜し、市販化間近な空気に包まれていた。

そんな折りの東京モーターショー出展は、ヤマハが独自に開発したロータリーエンジンの詳細な技術解説、そしてすぐにでも市販化がスタートしてもおかしくない完成度の高さで、詰めかけたファンから食い入るような視線を浴びていた。

ロータリーエンジンは、同じドイツのヴァンケル社の特許を取得した、農業機械や船舶エンジンのヤンマー・ディーゼル(現ヤンマーホールディングス)との共同開発と謳われていた。
おむすび形のピストンの役目をするローターが、長円の真ん中がくびれたハウジングの中を、吸気・圧縮・燃焼・排気を回転しながら行程する仕組みで、ローターがふたつ横に並んだ通常のエンジンだと2気筒と呼ぶロータリーハウジング構造。
ひとつのロータリーハウジングが330ccでふたつ合わせて660cc。

→全文を読む

情報提供元 [ RIDE HI ]

この記事にいいねする


コメントを残す