昨年フルモデルチェンジした250ccスクーター「XMAX」。その新型XMAX用純正アクセサリーを「ワイズギア」が多数ラインナップしている。その中からおすすめのアイテムをピックアップして紹介しよう。


モデルチェンジで実用機能と快適性を充実

マジェスティ以来およそ10年ぶりのニューモデルとして、2018年に国内販売されたXMAX。走りの楽しさと燃費・環境性能を高次元で両立した「BLUE CORE」エンジンを搭載し、排ガス規制に対応したスポーツスクーターとして幅広いライダー層から支持を得た。

2023年に「Condensed 7days Mobility」をコンセプトに初のモデルチェンジ。エンジンは非常にスムーズで、前後サスペンションは路面からの衝撃をしなやかに吸収してフラットな乗り心地を実現。コミューターとしての快適さと、スポーツスクーターとしての軽快さをさらに洗練しているのが特徴だ。

そして、新型XMAX用純正アクセサリーもすでに多数ラインナップされている。その中から街乗りやツーリングでの利便性と快適性をさらに高めてくれるアイテムをセレクトして紹介!


防風性をさらに高めるハイスクリーン

ノーマルのスクリーンは取付ボルト位置を変更することで、「高・低」2パターンに調節できる。「低」で走行しても胸に走行風が当たらない。


冷却性能を高めたクールメッシュシートカバー

シートは新設計で、太もも内側が触れるエリアの曲面を深めてスリム化し、フィット感を高めている。


靴キズから車体を保護するプロテクションパッド

XMAXの足下にはフレームがあり、高い車体剛性を確保している。センタートンネルはそのフレームをカバーしていて、フラットフロアに比べて乗降しにくくなっている。


積載性と居住性の向上に必要なリアキャリアベース

標準装備のグラブバーをリアキャリアベースに変更することで、別売のユーロボックスもしくはバックレストの装着が可能となり、積載性アップ、タンデマーの快適性向上と自分のスタイルに合わせた利便性改善が可能となる。


上質な乗り心地を提供するパフォーマンスダンパー

走行中の車体は路面からの衝撃などにより、絶えず振動や変形している。そうした車体のたわみをライダーは不快に感じ、疲労の原因にもなっている。


【画像】XMAXをさらに快適に、便利にするアイテムが、旅心を加速させる! (14枚)

この記事にいいねする

 
今回紹介した製品はこちら
         
コメントを残す

 
今回紹介したブランドはこちら
 

ヤマハ XMAX 250の価格情報

ヤマハ XMAX 250

ヤマハ XMAX 250

新車 175

価格種別

中古車 38

本体

価格帯 58.19~71.5万円

67.21万円

諸費用

価格帯 5.66~7.91万円

5.39万円

本体価格

諸費用

本体

51.14万円

価格帯 39.8~67.8万円

諸費用

6.61万円

価格帯 7万円


乗り出し価格

価格帯 63.85~79.41万円

72.6万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

57.75万円

価格帯 46.8~74.8万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す