取材協力:レッドバロン

カワサキのスポーツバイクを表すペットネームとして定着している「Ninja」は、1984年に発売されたGPZ900Rから始まった。2024年はこの初代「Ninja」の誕生からちょうど40年に当たるのだが、そのアニバーサリーイヤーにもう一度「GPZ900R Ninja」というバイクを振り返ってみたい。

Ninja人気に火をつけた、映画「トップガン」

「Ninja」というペットネームは「将軍 SHŌGUN」というドラマの影響で、日本文化ブームが来ていたアメリカ向けに付けられたものだ。この「Ninja」というバイクを日本でも一躍有名にしたのが1986年に公開された映画「トップガン」であり、映画の中でトム・クルーズ演じるマーヴェリックが乗り回す赤黒のNinjaは、それまでバイクにまったく興味がなかった人たちに大型バイクの免許を取らせる程の影響力を持ちNinjaブームを巻き起こした。2022年に公開された続編「トップガン マーヴェリック」においても、冒頭でマーヴェリックが飛行場までいい感じにヤレたNinjaをかっ飛ばす姿に、また欲しくなったという人もいるはずだ。

カワサキの新たなフラッグシップは、新基軸満載だった

GPZ900R以前のカワサキのフラッグシップモデルは、1983年に登場した空冷2バルブ並列4気筒DOHCエンジンを搭載するGPz1100であった。1979年に登場した水冷2バルブ並列6気筒DOHCエンジンを搭載したZ1300もあったが、こちらはシャフトドライブを採用したツアラー的要素の強いモデルであり、Z1直系のGPz1100がカワサキのトップスポーツモデルであった。GPz1100は先進的なDFI(デジタルフューエルインジェクション)システムを搭載し、最高出力120PS/8500rpm、最大トルク10.2kg-m/8000rpmというスペックを誇っていた。

1972年にZ1が登場してから空冷2バルブ並列4気筒DOHCエンジンを熟成してきたカワサキだったが、10年を超えた頃新たなフラッグシップエンジンの開発が始まっていた。この新しいフラッグシップエンジンには様々なエンジン形式を検討したが、最初に試作されたのは空冷2バルブ並列6気筒DOHCエンジンだった。開発コード910としてカワサキファンには知られているこの試作車だったが、スムーズすぎるという理由でお蔵入りとなった。開発陣は原点とも言える並列4気筒での開発に舵を切り、排気量はカワサキのマジックナンバーである900ccと決定された。900ccの排気量で空冷1100ccのGPz1100を超える性能を実現するために選択されたのは、4バルブ化と水冷化であった。より高回転まで回すことになるため大きな振動の発生することとなったが、これを当時はまだ珍しかった2次バランサーを採用することでクリア。そのほかにもサイドカムチェーン方式を採用するなど意欲的な開発が行なわれ、その結果GPZ900Rのエンジンは908ccの排気量ながら最高出力115PS/9500rpm、最大トルク8.7kg-m/8500rpmというスペックで世に送り出された。

このエンジンが搭載されたのはダウンチューブの無いスチール製のダイヤモンドフレームで、サブフレームはアルミ製が採用された。ホイールサイズはフロント16インチ、リア18インチで、リアサスペンションはユニトラックサスペンションが採用されていた。フロントサスペンションにはこの頃各メーカーが力を入れて開発していたアンチノーズダイブシステムである、「AVDS(オートマチック バリアブル ダンピング システム)」が採用されていた。ボディデザインはGPz1100の延長線上にあったが、空力性能の開発に力を入れてカワサキ初のフルカウルが採用された。このフルカウルは効果絶大で、当時としては公道車世界最速となる250km/hという最高速度を実現している。

GPZ900Rとして、独自の進化を遂げていく

カワサキの新しいスポーツバイクのスタンダードを目指して開発されたGPZ900Rだが、2年後の1986年には新しいデザインのフレームに997ccまで排気量アップされたGPZ1000RXが登場する。このGPZ1000RXは1988年にZX-10に、そして1990年にはZZ-R1100へとフルモデルチェンジしていくのだが、GPZ900Rはそれらのモデルと併売が続けられた。つまりそのまま年次改良を重ねてGPZ900Rとして進化していくラインと、カワサキのフラッグシップとしてフルモデルチェンジするラインというふたつのラインに分かれたのである。ちなみに国内向けにリリースされたスケールダウン版のGPZ750Rは、1984年から1986年の間だけ販売されてラインナップから消えている。

ベーシックなスポーツモデルという立ち場で小変更を重ねていったGPZ900R。撮影車は1988年式のA5で、オリジナルデザインを残したフロント16インチモデルだ。19年という長い間生産が続けられたGPZ900R Ninjaは中古車の個体も多いが、カスタムのベースとしても高い人気を誇った。そのため完全なノーマルは意外とタマが少なく、特にアンダーカウルは取り外された個体が多い。

改良による装備の充実で、2000年代を走り続ける

1990年に発売されたA7で大きな変更が加えられている。フロントのホイールサイズが17インチとなり前後ともホイール幅がアップ、そらに伴ってタイヤ幅がアップしている。また、フロントフォークは38mmm径から41mm径へと太くなり、ブレーキもフロントに4ポットキャリパー、リアに片押し2ポットキャリパーを採用して強化された。翌1991年のA8からは国内での正式販売が始まり、国内でのGPZ900R=Ninjaの人気の高さを感じさせた。1999年のA12でフロントに6ポットキャリパーやラジアルタイヤ、ガス封入式リアショックなど再び大きく手が入れられたが、このA12が日本仕様としては最終型となった。その後マレーシア仕様として2003年のA16まで生産が続けられたが、A16に「Final Edition」が設定され、この年で完全に生産が終了した。

GPZ900R主要諸元(1988)

・全長×全幅×全高:2200×750×1215mm

・ホイールベース:1500mm

・シート高:780mm
・車重:228kg(乾燥)
・エンジン:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 908cc

・最高出力:110PS/9500rpm

・最大トルク:8.7kgf-m/8500rpm

・燃料タンク容量:22L
・変速機:6段リターン
・ブレーキ:F=Wディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=120/80V16、R=130/80V18

誕生から40周年! カワサキを象徴する「Ninja」の原点「GPZ900R Ninja」画像ギャラリー (22枚)

この記事にいいねする


コメント一覧
  1. 匿名 より:

    GPZ900Rの印象は、ツアラーですね。

コメントをもっと見る
コメントを残す

カワサキ GPZ900Rの価格情報

カワサキ GPZ900R

カワサキ GPZ900R

新車 0

価格種別

中古車 23

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

180.33万円

価格帯 94.6~316.5万円

諸費用

14.22万円

価格帯 7.02~11.08万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

194.55万円

価格帯 105.68~323.52万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す