曲面構成から直線的なエッジを強調してボリューム感あるデザインに!

スズキの400ネイキッドで最もヒットしたのは3代目インパルス(Impulse)。
1981年にGSX400Fで4気筒戦線へ加わったスズキだったが、ハイメカニズムが前提の400cc4気筒では決め手に欠いた状態が続き、翌1982年にアップハンドル・ネイキッドでレーサーシートを装着してレースのイメージを重ね赤と黒にペイントしたインパルスをリリース、ようやく個性を感じさせるモデルの登場で人目をひくようになりはじめた。

しかしインパルスの車名は長続きせず、1986年にKATANAをデザインしたハンス・ムートによる新400ネイキッドがデビューしたときにこのインパルスが車名として再び使われることとなった。
しかし個性は強いというものの、さすがにマイノリティ過ぎてインパルスの車名は再び浮上しなくなった。

→全文を読む

情報提供元 [ RIDE HI ]

この記事にいいねする


コメントを残す

スズキ インパルス400の価格情報

スズキ インパルス400

スズキ インパルス400

新車 0

価格種別

中古車 10

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

90.91万円

価格帯 69.5~148.5万円

諸費用

9.07万円

価格帯 5.5~17.03万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

99.99万円

価格帯 75~165.53万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す