125cc〜1000ccまで幅広いラインアップを誇り、今や世界的に人気のストリートファイター。国内販売が期待されるホンダのCB1000ホーネットなど、新型モデルも登場することで、さらに注目度が高まっていますが、そもそも、どんなバイクのことなのでしょうか? 定義や特徴、歴史などについて紹介します。

CB1000ホーネットの登場で国産モデルはさらに充実

ホンダが、2024年3〜4月のモーターサイクルショー(大阪、東京、名古屋)で国内初公開をしたのが、新型CB1000ホーネットです。

国内販売が期待されるこのモデルは、2017年型CBR1000RR用の高性能なエンジンをシャープなスタイルの軽量な車体に搭載。バーハンドルなどが生むアップライトなポジションなどで、街中からワインディングまで、幅広いシーンで軽快に走れることが期待できるネイキッドバイクです。

このモデルは、いわゆるストリートファイターというジャンルに属するバイク。現在、国内でも、各メーカーが同様のスタイルを持つバイクを数多くラインアップしています。国産車を例に、主なモデルを紹介してみましょう。

【国産ストリートファイターの主なラインアップ】
*2024年5月現在で発売中のモデル

●1000ccクラス
ヤマハ・MT-10/SP
スズキ・GSX-S1000
カワサキ・Z H2/SE

●600cc〜900ccクラス
ヤマハ・MT-09/SP
カワサキ・Z900
スズキ・GSX-8S
ヤマハ・MT-07
カワサキ・Z650

●300cc〜400ccクラス
カワサキ・Z400
ヤマハ・MT-03

●126cc〜250ccクラス
ヤマハ・MT-25
スズキ・ジクサー250
カワサキ・Z250
スズキ・ジクサー150

●125cc以下クラス
ヤマハ・MT-125
スズキ・GSX-S125
ホンダ・グロム
カワサキ・Z125プロ

このように、ストリートファイターは、小排気量から大排気量まで、さまざまなモデルが存在します。

しかも、これらは、日本だけでなく、例えば、600cc〜1000ccの大型モデルなどは、欧米などでも大人気。また、250cc以下の小排気量モデルでは、アジアやインド、アフリカなど新興国でも数多く走っていることで、いわばグローバルモデルという位置付けとなっています。

ちなみに、カワサキも、ストリートファイターの新型を発表。2024年6月20日に、Z7ハイブリッドを発売することを明かにしています。

スーパーネイキッドZシリーズのスタイルを踏襲したこのモデルは、600ccクラスの車体に、世界初のストロングハイブリッド機構を搭載。フルカウルモデルのニンジャ7ハイブリッドと共に、国産初の電動化スポーツモデルとして大きな注目を集めています。

さらに、ホンダでは、CB1000ホーネットのほかに、すでに欧州などで発売中の兄弟車CB750ホーネットも国内導入するのでは? といった噂もあります。こちらは、アドベンチャーモデルのXL750トランザルプと同系の755cc・並列2気筒エンジンを搭載。もし実現すれば、1980年代中盤〜2000年代前半などに一斉を風靡、英語で「スズメバチ」を意味する伝統のホーネットが、一気に2モデルも復活することになります。

1988年登場のスズキ・ウルフが元祖?

ストリートファイターの起源は諸説あります。例えば、1980年代から1990年代には、当時人気だったフルカウルのレーサーレプリカをベースに、カウルを取り外したカスタムが流行。元々のセパレートハンドルをバーハンドルに交換するなどで、街乗りでも乗りやすいようにしたカスタムバイクが人気となりましたが、それを源流という説もあります。

ちなみに、その説がもし当たっているとすれば、1988年にスズキが出した「ウルフ」という2ストローク・250ccモデルは、ストリートファイターの元祖的な存在といえるかもしれません。

レーサーレプリカマシン「RGV250Γ」をベースに、カウリングのないネイキッドタイプとし、街乗りで乗りやすい味付けを施したのがこのモデルです。エンジンには、RGV250Γと同じ249cc・水冷2スト90°V型2気筒を搭載。45PSという最高出力はそのままに、低・中速域を重視したセッティングに変更。当時の2スト250cc・レーサーレプリカには、ピーキーな高回転型エンジンを搭載することで、街乗りで扱いにくいマシンも多かったなか、シティユースでの扱いやすさも考慮していたことが特徴です。

まさに、メーカーが手掛けたレプリカ・ベースのカスタム・ネイキッドといえるのがウルフ。当時は、ストリートファイターという言葉はありませんでしたが、サーキットにも対応する高性能なマシンを、カウルレス化などでストリート向けにモディファイしたバイクという方程式は同じ。その意味では、ストリートファイターの「先駆け」と呼べるモデルであることは確かでしょう。

スタント競技用カスタムバイクが源流という説も

ストリートファイターという名称の源流でいえば、2000年初頭頃から欧米で人気となったエクストリームバイクなど、アクションスタント競技用バイクを発祥とする説もあります。

こうした競技では、前輪を浮かすウィーリーや後輪を浮かすジャックナイフ、後輪を滑らせて走るドリフトなど、まるで曲芸のような動きを披露するのが特徴。また、競技用バイクには、主に、1000ccなど高性能なスーパースポーツをベースとしたカスタマイズ仕様車を使っていました。

競技用バイクの主なカスタムは、例えば、ハンドル。ベース車がグリップ位置の低いセパレートハンドルを装備しているのに対し、高い位置で小まわりなどもしやすいバーハンドルに交換。また、転倒しても割れないようにカウルを取りはずしたモデルも多かったようです。

そして、これらバイクたちは、元来の高い動力性能をライダーが制御しながら、派手なアクションを披露し、とくに海外では大きな人気となりました。その後、ストリートでも、同様のスタイルを採用したカスタムバイクが人気となり、ストリートファイターという名称で大きなブームとなったのです。

そうした市場動向もあり、2輪車メーカーでも同様のスタイルを採用した市販車を数多くリリース。前述の通り、現在では、125ccなどの小排気量クラスから1000ccの大排気量クラスまで、さまざまなモデルを販売。現在のような、世界的な人気ジャンルのひとつとなったといわれています。

ストリートファイターの魅力とは?

ストリートファイターの魅力といえば、まず、スーパースポーツ譲りの高い動力性能を持ちつつも、低・中回転域でのパワー特性を重視するなどで、速さと扱いやすさを両立していることでしょう。

また、バーハンドルやステップ位置などを、楽なライディングポジションとなるようセッティングしているモデルがほとんど。セパレートハンドルなどにより、前傾姿勢がきつめのスーパースポーツなどと比べると、街乗りはもちろん、長距離ツーリングでも快適で、疲労度が比較的少ないといったメリットがあります。

もちろん、ベース車の動力性能は非常に高いため、ワインディングやサーキットなどでのスポーツ走行でも、かなり楽しめることも魅力。つまり、街乗りからツーリング、クローズドのコースまで、幅広いシーンで走りを堪能できるバイクだといえます。

そして、デザイン。フルカウルのスーパースポーツがベースですから、エッジが効いたフォルムを継承していることがポイントです。例えば、フロントのミニカウルなどで、まるで野獣のようなアグレッシブな顔付きを持たせているモデルも数多くあります。また、ほとんどのモデルが、燃料タンクやリヤカウルなどにも、シャープなデザインを採用していることも特徴といえます。

もちろん、デザインの好みは、人によってさまざま。でも、一般的なネイキッドよりも、攻撃的でスポーティなスタイルが好きなライダーには、最適なバイクだといえるでしょう。

いずれにしろ、ラインアップが拡大中のストリートファイターは、今後も注目ジャンルのひとつであることは、間違いないといえるでしょう。

ストリートファイターってどんなバイク? ギャラリーへ (19枚)

この記事にいいねする


コメントを残す

ヤマハ MT-10の価格情報

ヤマハ MT-10

ヤマハ MT-10

新車 60

価格種別

中古車 15

本体

価格帯 191.25~204.45万円

197.29万円

諸費用

価格帯 10.36~12.71万円

12.11万円

本体価格

諸費用

本体

145.23万円

価格帯 113.8~169.8万円

諸費用

8.77万円

価格帯 12.21万円


乗り出し価格

価格帯 201.61~217.16万円

209.4万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

154万円

価格帯 126.01~182.01万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

スズキ GSX-S1000の価格情報

スズキ GSX-S1000

スズキ GSX-S1000

新車 152

価格種別

中古車 26

本体

価格帯 118.8~143万円

137.34万円

諸費用

価格帯 6~9.48万円

5.68万円

本体価格

諸費用

本体

98.35万円

価格帯 77~129.8万円

諸費用

8.6万円

価格帯 5.46~7.87万円


乗り出し価格

価格帯 124.8~152.48万円

143.02万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

106.96万円

価格帯 82.46~137.67万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

【PR】スズキ GSX-S1000 関連のおすすめ車両 関連のおすすめ車両

カワサキ Z H2の価格情報

カワサキ Z H2

カワサキ Z H2

新車 62

価格種別

中古車 9

本体

価格帯 201.3~229.9万円

215.1万円

諸費用

価格帯 6.35~7.08万円

6.4万円

本体価格

諸費用

本体

189.21万円

価格帯 163.9~224.86万円

諸費用

1.28万円

価格帯 ―万円


乗り出し価格

価格帯 207.65~236.98万円

221.5万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

190.5万円

価格帯 173.7~218万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す