XJ1100のショーモデルをリリース後に、フルカウルXJ650 Turbo登場!

1981年の東京モーターショーは、各メーカーからターボ過給のバイクがこぞって展示され、時代はターボ化の波に包まれるといった気運に満ちていた。
ヤマハはXJ1100 TURBOを展示、低回転域ではターボ・ブーストのない状態でY.I.C.S.がレスポンスと燃費の向上に貢献し、過給圧のバランスをエアクリーナーBOXの仕切りでリードバルブが作動する仕組みを介在させ、ターボとフューエルインジェクションとでシステムを組んだ状態を披露した。

この真っ黒なアメリカン・スポーツのデザインで展示されたXJ1100 TURBOは、XS1100のノンターボ4気筒が95PSだったので、130PSを予想され世界中のファンが注目していたが、何と翌1982年にXJ650 Turboと、排気量が653ccでいかにも空力特性を追求したフルカウルのモデルをデリバリーしたのだ。

→全文を読む

情報提供元 [ RIDE HI ]

この記事にいいねする


コメントを残す