ER-6nリリースで欧米600クラス主導権を握ったKawasaki!

1990年代にヨーロッパからアメリカまで、600ccから700cc超えまでのミドルクラスの需要が高まってきたのと、排気ガス規制や免許や保険などで出力規制への対応を兼ね、カワサキはそれまでのGPz500やER-5の500ccツイン系の後継として全く新しいER-6系統を開発、2006年モデルとしてリリースした。
このエンジンから車体、そしてデザインに至るすべてを、ツーリングからタウンユースまでニーズが変わりつつあった気運をカワサキはこのER-6系でうまく掌握、一大ヒットとなったのだ。

DOHC8バルブのパラレルツインは、ミッションのクラッチに繋がるカウンター軸と駆動に繋がるドライブ軸とをクランクから一直線に並べず、三角形に構成して前後長を詰め新時代のコンパクトな構成としていた。
83×60mmのボア×ストロークで649cc、最大出力を72.1PS と最大トルク6.7kgmの勢いと扱いやすい力強さを感じさせるチューンで、4気筒にヒケをとらないグレード感から評価も高かった。

→全文を読む

情報提供元 [ RIDE HI ]

この記事にいいねする


コメントを残す

カワサキ ER-6nの価格情報

カワサキ ER-6n

カワサキ ER-6n

新車 0

価格種別

中古車 3

本体

価格帯 ―万円

万円

諸費用

価格帯 ―万円

万円

本体価格

諸費用

本体

45.2万円

価格帯 40~49.8万円

諸費用

10.76万円

価格帯 8.21~12.21万円


乗り出し価格

価格帯 ―万円

万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

55.96万円

価格帯 52.21~58.01万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す